サイト小説の記事一覧

2021/10/24

【第二章 スライム街へ】第四話 キメラ

 キメラに意識を移しても、本体はスライムのままだ。  複数になった意識をうまく使い分けるのには訓練が必要だ。そして、キメラの核となっていた魔石を、ライが吸収したことで、新たなスキルが芽生えた。  もしかして、スキルは”魔物の命”か”命の形”ではないのだろうか?検証ができる物ではない。概念なのかもしれない。ただ、スキルが芽生えるのが”命”を奪った時か、”魔石を吸収した”時なのが気になっている。ギルドで調べても、概念の話は書かれていない。専門家を名乗る人たちが書いている物を読んでも、ピンとこない。文章だけで、”…

続きを読む

2021/10/24

【第二章 ギルドと魔王】第四話 城塞村?

「メイ。おはよう」  狐人の姉妹は、引っ越しを終えて、魔王城の地下での生活をスタートさせた。  姉であるメアは、ルブランの配下になっているが、他の者たちと同じで、モミジや四天王から、いろいろなことを教わりながら生活をしている。  妹のメイは、カプレカ島にある学校で午前中を過ごして、午後は、学校の仲間と、魔王が定めた領域の外側に出来た城塞村で、ギルド員としてお手伝いをしている。子どもたちなりに、自分たちで出来ることを探しているのだ。過保護な魔王が、護衛役を付けているのは知られている。  護衛役が居なくても、子…

続きを読む

2021/10/24

【第十章 エルフの里】第十四話 長老

 紅茶を飲み込んでから、ヤスは長老を睨みつける。  諦めたのか、ヤスの前まで歩いてくる。  ヤスは、また指を鳴らす。  今度は、ヤスの対面に椅子が出現する。 「座れよ」  ヤスが自分のカップに注いだポットから、長老の前に置いたカップに紅茶を注ぐ。  ハイエルフだけあって、魔法の素養は人族に劣らない自信があった。  しかし、ヤスが使っている技(魔法)が見抜けない。他の長老との会話も不可能で、一人にされてしまった。  ヤスは、懐からボイスレコーダーを取り出す。  これも、長老には何をするものかわからない。 「警…

続きを読む
広告

2021/10/23

【第二章 スライム街へ】第三話 タカとフクロウとキメラ?

 私の生活が一変してから、1ヶ月が経過した。  世間は、とある感染病で自粛が続いている。学校も、8月の末から始まる予定だったが、緊急事態宣言が発布されて、延期になったと教えられた。  久しぶりにスマホの電源を入れたら、同級生からメールが来ていた。  私が休学になったのを聞いて、連絡をしてきてくれたらしい。当たり障りのない返事を出したら、それからメールが来なくなった。皆が、自分のことで忙しいのだろう。元々、学校では一人だった。家族が居なくなって、独りになった。学校でも、独りになることが多かった。  でも、今は…

続きを読む

2021/10/23

【第二章 ギルドと魔王】第三話 【連合国】【ギルド】

”帝国は、新しく産まれた魔王と密約を結んだ”  こんな噂が、各国の首脳部に流れたが、帝国は噂だと取り合わなかった。  事実、帝国は魔王と密約を結んでいない。全面降伏だ。”攻めてこないで欲しい”・”魔王城に手を出す輩がいたら、遠慮しないで殲滅しても問題にはしない”。これらが、帝国から魔王に伝えられたことだ。  噂を信じている者たちが居る。正確には、”真実でないと困る”と思っているのだ。 「ギルドは、どういうつもりだ?」 「え?」  ギルド本部がある連合国の首都にある。連合国に属する国の大使館は、朝から新たに産…

続きを読む

2021/10/22

【第二章 スライム街へ】第二話 検証

 学校が始まった。  スライムになってしまった。私には、無縁な世界だ。でも、なんとなく寂しいので、学校を覗きに行った。もちろん、私が行こうとしたら、皆から反対された。危ないというのが、家族たちの考えだ。強固に反対をしたのが、ラスカルだ。  ラスカルは、やはり山に捨てられた一族の生き残りだった。飼えなくなった人が、ラスカルたちを山に捨てた。そして、オークに襲われた。辛うじて生き残ったラスカルが私の家族に加わった。そのために、他の者たちよりも、人に対する警戒と嫌悪が強い。私が”元”人だと言っても、私は私だから、…

続きを読む
広告

2021/10/22

【第二章 ギルドと魔王】第二話 元奴隷の日常

「お姉ちゃん。おはよう」 「メイ。おはよう」  ルブラン様。違った、魔王様から、呼び名を貰った、本当の名前は、”家族から貰ったものだから大事にしなさい”と言われて、普段は魔王様から貰った名前で呼び合うことに決まった。  家族も大事だけど、私は魔王様から貰った、”メア”という名前がすごく、すごく、すごく、大事だ。 「うん!」  妹も、貰った名前を気に入っている。 「メイ。今日は、学校だね?」 「うん!ヒカと一緒に行ってくる!」  ヒカは、人族の子供だ。メイが、よく一緒に遊んでいる。  村に居た時には、人族と”…

続きを読む

2021/10/22

【第五章 共和国】第七話 共和国

 共和国に入った。  俺たちは、共和国側で注意を受けた。  どうやら、共和国に初めて来る者たちに、注意として共和国の説明をしてくれているようだ。  小さな国が集まって、作った合議制の集まりだったのだが、今では合議制は形だけになってしまっている。野心を持つ3つの国が理由を付けて、周りの国を併呑していった。共和国という形が残ったのは、王国や帝国に対抗するためだ。  現状の説明は、既にカルラ経由で受けている。注意を聞き流すわけにはいかない。拝聴していたが、どうでもいいことまでクドクドと説明をしてくる。一緒に、注意…

続きを読む

2021/10/03

【第二章 ギルドと魔王】第一話 カプレカ島

 セバスに、島に名前が欲しいと言われたので、安直だとは思ったが”カプレカ”と名前を付けた。  セバスが、ルブランとして、島に訪れて、名前を”カプレカ島”と宣言した。従って、セバスは”カプレカの魔王”と呼ばれるようになった。  魔王への感謝が限界突破している子どもたちは、契約を行ったあとで、子どもたちには呼び名を授けた。  子どもたちの話や、大人の奴隷の話を聞いて、”名前”を与える儀式が危険な行為だと解った。セバスとモミジが、名前を持つ者たちを調べた結果、弱い”呪”が埋め込まれていた。人族だけではなく、種族に…

続きを読む
広告

2021/10/03

【第二章 スライム街へ】第一話 後始末

 ギルドの日本支部は荒れていた。  本部からの発表で、”情報管理部”と”スキル管理部”と”登録者管理部”だけが残されて、他が解体されることになった。主な理由は、企業からの献金を着服していた事実と、魔石の横流しの事実と、情報漏えいの事実が見つかった。特に、スキル保持者の情報や魔物の情報をプロトコル(正規の手順)以外の方法で流出させたのが問題になった。  解体された部署を仕切っていた者たちは、多くの者が横領で当局に告発された。  それだけではなく、ギルド本部にて査問に掛けられた。日本での法律では、”白”に出来る…

続きを読む

2021/10/03

【第五章 マヤとミル】第二十話 王都へ

 神殿の拡張と、運営をマヤとロルフに任せて、俺とミルは、ギルドとの交渉を行うために、王都に向かうことにした。 「ロルフ。マヤ。神殿を頼むな」 「うん!」『かしこまりました』  マヤは、妖精の姿をしている。ブロッホの肩に乗って、元気に承諾をした。  マヤとミルは、二人で一人なのだ。ミルと一緒に王都に向かうと決めてから、いろいろと確認をしなければならなかった。  最初に確認したのは、”マヤとミルが離れても大丈夫なのか”だったが、距離は、問題にはならない。  マヤを乗せた、アウレイアとアイルが、王都を超える距離ま…

続きを読む

2021/10/01

【第一章 スライム生活】第二十九話 一匹のスライム

 どうやら、カーディナルたちは裏山の東側を、徹底的に調査を行うようだ。  ドーンやフリップやジャックだけではなく、ダークまで呼んでいる。  実際に、ゴブリンが2体と、色が違うゴブリンが1体と角が生え犬のような生き物が居た。  アドニスが誘導して、私が岩を落として仕留めた。  最初は、カーディナルたちが戦おうとしたけど、家族が傷つくのがイヤで私が安全に倒せると説明して、対応した。  どうやら、捜索部隊は、他の山にも分け入って魔物?を探してきている。確かに、裏山だけが安全でも意味がない。救える命が散らされるのは…

続きを読む
広告

2021/10/01

【第一章 ギミックハウス】第二十九話 帝国

 俺の討伐部隊が攻め込んできてから、3ヶ月が経過した。  魔王城(仮称)は、今日も平和だ。  帝国からは、奴隷と関係者が、200名ほど連れられてきた。同時に、違法奴隷を扱っていた商人や貴族も連れられてきた。”好きにしてよい”と言われた。元奴隷たちに聞いたら、殺したいほど憎んでいる。  父親を、母親を、家族を殺された。  妻を目の前で犯された。  恋人を殺された。  子供を殺された。  攻め込んできている者たちの中に、獣人や多種族を奴隷にするために、町や村を襲っていた者が居た。しかし、奴隷たちは、商人や貴族た…

続きを読む

2021/09/30

【第一章 スライム生活】第二十八話 本当の密談

 本題だと言って渡された資料に目を落とした孔明と蒼だが、最初の数ページを読んで頭を抱えだした。  常識派だと言ってもいい孔明は解るが、破天荒な性格をしていて、破滅主義な蒼まで資料に書かれている内容には眉を顰める。 「おい。円香?」 「なんだ?」  蒼は、資料を引きつった表情で丸めて、テーブルを叩いている。 「気に食わないか?」 「違う!円香!この情報は正しいのか?違うな、どこから持ってきた!」  蒼は激高して立ち上がる。  孔明は、二人のやり取りを眺めているが、明らかに円香を睨んでいる。 「ふたりとも、少し…

続きを読む

2021/09/30

【第一章 ギミックハウス】第二十八話 【帝国】魔王の所業

 陛下からの呼び出しだ。状況を報告しろとのことだ。  陛下と宰相に連絡をしたので、当然の反応だ。それも、他の予定を飛ばしての面会だ。  昨日の夕方に、ギルド職員と一緒に書状を提出した件に関してだ。  朝には、呼び出された。ギルドは、職員ではなく、ボイドと名乗った、隊員と一緒に戻ってきた者が、会議室に呼ばれている。  会議室に入ると、ギルドのボイドは既に着ていた。  陛下に臣下の礼をしてから、指示された椅子に座る。 「ティモン!本当なのか?」  陛下から、想像していたのとは違う質問が来る。  陛下が聞きたいの…

続きを読む
広告

2021/09/29

【第一章 スライム生活】第二十七話 あらいぐま

 よし、今日は裏山の探索を行おう。  先日から、魔石の増え方が遅くなった。すごく嬉しい。魔石は命だ(多分)。小さいかもしれないが、一つ一つが大切な命だ(多分)。 (おはよう。パロット) ”にゃ!”  うん。  挨拶が帰ってくるのは嬉しい。言葉が通じたら、もっと嬉しいのだけど、出来ないものは、考えても無駄だ。今、意思の疎通が可能になったことを喜ぼう。  外の巣箱には、カーディナルもアドニスも揃っている。  昼間だから、お願いするのなら、カーディナルがいいかな? (カーディナル!)  私の呼びかけに、カーディナ…

続きを読む

2021/09/29

【第一章 ギミックハウス】第二十七話 魔王の所業

 さて、そろそろ不快感が上回ってきた。  今、セバスと一緒に魔王城(仮称)で、武器や防具を持っていた者たちの話を聞いている。  話の内容は、速報として俺のところに届けられるが、気分が悪くなってくる。 「ルブラン!」  どうやら、奴隷たちは、無理やり戦いに参加させられたのは間違いないようだ。  村を襲われて、家族の命と引き換えに奴隷になった者や、目の前で家族を惨殺されて、心が折れてしまって奴隷になった者も居る。 「はっ」  奴隷の前で、セバスが俺に対して頭を下げる。  セバスやモミジからの助言だ。魔王城(仮称…

続きを読む

2021/09/28

【第一章 スライム生活】第二十六話 密談開始

 停泊しているクルーザーに近づく、甲板を見ると見知った顔が手を振っている。 「孔明!」 「円香。俺の名前は、孔明(よしあき)だ」 「おっしっかりと、蒼(あおい)を連れてきてくれたようだな」  円香は、俺の話しをスルーして、上村を見つけて、にこやかに話しかける。円香が載っているクルーザーは俺たちが載ってきたクルーザーよりも、1.5倍ほど大きな船だ。上村が横付けして、円香たちのクルーザーに乗り込む。 「円香。こんな面倒なことをしなくても・・・」 「悪いな。でも、問題が多すぎて、孔明のところでは話せないだろう?私…

続きを読む
広告

2021/09/28

【第一章 ギミックハウス】第二十六話 追加と拡張

 25人を追加する前に、セバスたちの部屋の拡張を行おう。現状では、25名の部屋は無い。  仕事場は、それぞれの代表に考えさせよう。  基本は、魔王城の4階かな。攻められても、4階までは来ないだろう。それか、子どもたちに用意する予定になっている。地下に施設を作るか?  子どもたちに教えるという役割を持たせるのなら、近くの方がいいよな。  面倒だな。  捕らえる奴隷たちを労働力に使って、施設を作らせるか?  領域は余分に確保している。  外側の壁は、今回はスルーさせたが、本来なら罠として利用出来る。2つの壁との…

続きを読む

2021/09/27

【第一章 スライム生活】第二十五話 正道

「ねぇ聞いた?」 「なに?なんの話?」 「ほら、中央厨の・・・」 「あぁ」 「また、やらかしたみたいなの?」 「え?また?この前は、市内にゴブリンが出現したとか言って、ロケ隊を引っ掻き回しのでしょう?」 「そうそう、それでニュースで使う画(え)が撮れなくて大変だった」 「ご愁傷さま。それで、今回も?」 「ううん。今回は、視聴者からの情報とか言って、スライムの動画をニュースで流して、スライムの捕縛に懸賞金を賭けたの・・・」 「え?あれって、中央厨の仕業なの?」 「そうなの!私が担当している番組のSNSまで大炎…

続きを読む

2021/09/27

【第一章 ギミックハウス】第二十五話 補強

 また、”本”を読んでいて、寝てしまった。  解ったことがある。”夜伽”はスキルで存在していて、呪いのような物だ。セバスたちを呼び出す時に”OFF”にしていた俺を褒めてやりたい。  これから、気をつけよう。  ”スキル”として夜伽があるとは思わなかったが、オプションで選択が可能な項目は、全部スキルになっていると思ったほうがいいだろう。チュートリアルが終わって、大丈夫だと思ったら、こんな罠を仕掛けるなんて、簡単に攻略をさせたくないようだ。  でも、セバスたちが夜伽は、本人の意思だというのがわかっただけでも・・…

続きを読む
広告

2021/09/26

【第一章 スライム生活】第二十四話 交差する思惑

「桐元!」  ドアをノックもせずに開けて部屋に入ってきた、上村を睨むが、上村の気持ちも理解できる。俺も、同じ気分だ。 「失礼しました。孔明(こうめい)少佐!小官へのご命令に関して質問があります」 「上村中尉。私の名前は、孔明(こうめい)ではない。孔明(よしあき)だ」 「これは、失礼しました。頭脳明晰でいらっしゃる。桐元少佐なので、彼(か)の諸葛孔明の生まれ変わりかと考えてしまいました」 「はぁ・・・」  書類を読む手を止めて、ソファーに移動する。  上村をソファーの対面に座らせる。 「それで?指令書の件か?…

続きを読む

2021/09/26

【第一章 ギミックハウス】第二十四話 【帝国】魔王城?

 我たちは、魔王城に作られた壁を突破した。  簡単に突破できてしまった。反対側にしか門が無いために、距離はあるが。魔物も罠も無いために、ただ距離がある以外の意味は持たない。  我の説を裏付ける事態が更に展開される。 「殿下」 「間違いは無いだろう」  門から入った場所で、部隊を集結させる。中央に建つ異様な白い建物が魔王城だと思われるが、我は愚か者ではない。斥候を出して、門の位置や罠の確認を行わせる。その間に、部隊に休息の指示を出す。  斥候が戻ってくる頃には、後ろからやってくる奴隷兵たちも到着するだろう。 …

続きを読む

2021/09/25

【第一章 スライム生活】第二十三話 マスコミ

「柚木ちゃん。話を調べてくれた?」  面倒な奴に見つかってしまった。  中央に返り咲きたいと常々言っているが、この男がやっているのは、犯罪の”ギリギリ”とかではない、犯罪行為だ。  それで、中央から飛ばされたのに、こりていない。 「はぁ」 「ほら、柚木ちゃんの知り合いに、ギルドの職員が居るでしょ。彼女にちょっと渡してね」 「無理です」 「そんな事はないよ。頼むよ。ほら、なんとかの、なんとかも、金次第とかいうでしょ?なんとかなるよ」  茜に、そんなこと(買収工作)をしたら、私は間違いなく、翌日の朝日は拝めない…

続きを読む
広告

2021/09/25

【第一章 ギミックハウス】第二十三話 学習

 セバス(ルブラン)が、マスタールームから出ると、5人が整列して待機していた。 「代表を決めたほうが良いでしょう」  ルブランからの言葉は、上位者からの言葉だ。  代表と言われても、皆が顔を見合わせる。 「そうですね。カエデ。貴方が、皆の代表です。他の者もいいですね?」  文句が出るはずもない。  上位者からの命令は絶対だ。  ルブランは、5人に、知識として”知っている”と思われる内容を含めて、マスターに関する物事の説明を行う。  自分がマスターの眷属になってからの話は、丁寧に、マスターの偉大さを伝えるよう…

続きを読む
1 2 3 4 5 35