チート能力を持った高校生の生き残りをかけた長く短い七日間の記事一覧

2022/09/13

【第六章 ギルド】第三十三話 詰問

ルナが何かまだ考えている。 少しだけぬるくなってしまったお茶に口を付ける。 誰が入れているのか解らないけど、おいしい。 ミルと一緒に野営している時には、ミルが飲み物を出してくれたけど、お茶はなかった。設備がないししょうがない。神殿に戻ったら、調理器具を含めて整備しよう。 「リン君?」 「なんだ?」 「ローザス殿下との話を聞いた?」 「ローザス?あぁルナが婚約者なのだろう?」 「!!違う。違うからね。婚約者候補。いい。候補!婚約者じゃない!」 ルナが椅子を倒す勢いで立ち上がって、テーブルに手をついて訂正してく…

続きを読む

2022/09/05

【第六章 ギルド】第三十二話 認定?

アデレード殿下を匿う約束をして、他にも細かい話をした。特に、アデレード殿下を匿うことで発生する費用負担だ。全面的に、王家が用意すると言っているが、実際にどうやって負担するのか考える必要がある。 ハーコムレイもローザスも、アデレード殿下がわがままを言わないと言っている。 ローザス一人の意見なら信じなかったが、ハーコムレイも”自分の妹と同じ”だと言い出したので、問題は無いだろう。 ルナと殿下を比べられても、俺には判断ができない。 そもそも、二人を比べる必要性があるとは思えない。 「アデレード殿下とルアリーナ嬢は…

続きを読む

2022/08/23

【第六章 ギルド】第三十一話 分裂

ハーコムレイが何も言ってこない所を見ると、既に決定事項になっているのだろう。 領地?が増える? ほぼ、西側の森を、俺に渡す意味があるのか? よくわからない。くれると言うのなら貰うけど、統治とかあるのなら断ろう。俺には、統治や領地運営なんてできない。 「それで?」 「ん?」 ローザスがいきなり”何を言っている”と言いたいような表情をする。 それは、こっちのセリフだ。 「だから、俺に何をさせたい?」 「え?」「ローザス!リン=フリークスに、”お願い”の内容を伝えていない」 ハーコムレイが、眉間にできた皺を触りな…

続きを読む
広告

2022/08/13

【第六章 ギルド】第三十話 提案

馬車に乗り込むと、ローザスとハーコムレイが座っている。 雰囲気は、悪くない。 セバスチャンも乗り込んでくるかと思ったが、俺が馬車に乗り込むのを見送るような状態で、頭を下げている。セバスチャンには屋敷で働く者の統括をお願いしている。人員に関しても、まだまだ足りないのだろう。 そうか、屋敷で働く者たちの給金や生活の補償をしなければならないのだよな。考えると、金がない。 「リン君」 「なんでしょうか?殿下」 「固いよ。ローザスと呼んでよ」 「わかりました。アルフレッド=ローザス・フォン・トリーア第一皇子様。私の様…

続きを読む

2022/08/06

【第六章 ギルド】第二十九話 修羅場?

ギルドの入口が見えてきた。 しっかりと見張りが立っている。 知らない顔だ。 ハーコムレイかローザスが雇った護衛か? 「なぁリン。大丈夫なんか?睨まれているぞ?」 「大丈夫だ。女子・・・。重久が中心になって作った組織だ。重久は、フェナサリム・ヴァーヴァンが名前だからな。間違えるなよ」 「おっおぉ」 「本当に、大丈夫か?」 「大丈夫だ。名前を覚えるのは得意だ」 まぁ困るのは、オイゲンだからいいけど・・・。 後ろを振り返ると、奴隷の少女たちが、俺とオイゲンの会話を聞いている。不思議な表情を浮かべている。 ハーフエ…

続きを読む

2022/07/27

【第六章 ギルド】第二十八話 説明

アッシュから、奴隷を引き取る。 俺に、頭を下げてから、アッシュは部屋を出て行った。 オイゲンは、アッシュが奴隷商だと知っている。自分を買った者だから覚えていたのだろう。俺の横には、セバスチャンが立っている。 しかし、オイゲンの視線は、俺と奴隷の少女たちを行ったり来たりしている。 お気に入りは、ハーフエルフなのだろうと思うが、獣人も気になる様子だ。満遍なく見てから、俺に視線を移してから、またハーフエルフに視線を戻す。忙しく、視線を動かすだけではなく、ソファーから立ち上がりかけている。 「オイゲン。座れよ」 「…

続きを読む
広告

2022/07/20

【第六章 ギルド】第二十七話 勧誘

まずは、伴侶候補としての少女たちを確認する。 猫族、犬族、羊族、兎族とハーフエルフだ。茂手木の好みは解らない。他の友達との話を聞いていると、胸よりは腰派だったはずだ。よくわからないが、茂手木が気に入らなくても、茂手木に押し付けるつもりだ。茂手木にやってもらうことを考えれば、手伝いは必要だろう。 美形が揃っている。ケモミミバンザイは口癖のような奴だ。ハーフだがエルフも居る。アッシュに確認したが、全員が処女だ。これなら、茂手木も文句は言わないだろう。伴侶候補としても十分だ。 呼び名は消されてしまっている。スキル…

続きを読む

2022/07/12

【第六章 ギルド】第二十六話 オイゲン

セバスチャンが、アッシュに向かって”あの者”という言葉をつかって、リストに入っていない人物の事を問いただしている。 それだけ、有用な者なのか? アッシュをみると、少しだけ先ほどの表情とは違って、何かを考える表情をしてから、俺を見ないままセバスチャンからの問に答える。 「あの者の取り扱いは・・・。王家から、注意が入っています」 王家? それほどの者なのか? 他国の貴人とかだと、困ってしまう。扱いという面で・・・。 「注意?」 セバスチャンも、内容までは知らないようだ。 しばらく、二人のやり取りを聞いている。 …

続きを読む

2022/07/03

【第六章 ギルド】第二十五話 住民

アッシュに案内されて、奴隷商の中を歩く。建物は、大きく、掃除が行き届いている。しばらく、歩くと大きめの扉が付いた部屋に案内された。扉の方に向けて、大きめのソファーが置かれている。ソファーに勧められて腰を降ろすと、横にあるテーブルに飲み物が置かれた。 セバスチャンは、俺の横に居るようだ。 アッシュは、俺に少しだけ待って欲しいと言ってから、隣の部屋に移動した。 「セブ。子供たちを知っているのか?」 「はい。何度か、世話をしたことがありますが・・・」 「どうした?」 「この部屋は、もっと大口のそれこそ、2-30名…

続きを読む
広告

2022/06/25

【第六章 ギルド】第二十四話 契約

アッシュ=グローズの話を聞いて、少しだけ考えてみた。 奴隷と考えるから、ダメなのだろう。 従業員だと考えれば・・・。働いたことがないけど、なんとなくイメージはできる。眷属たちは、家族という認識だが、奴隷は従業員だと考えれば、棲み分けが可能だ。 「リン様。奴隷の準備が出来ました」 「わかった。場所を移動するのか?」 「順番に連れて来ることも可能ですが?」 「まとまっているのか?」 「職制別にしております」 「わかった。移動しよう」 「ありがとうございます。執事候補だけは、一名ですので、連れてまいります」 「わ…

続きを読む

2022/06/17

【第六章 ギルド】第二十三話 奴隷商

ローザスの目的は解らないが、確かに眷属は、”いい意味”で俺に従順だ。ロルフは違うが、ロルフはマヤに甘いだろう。 ブロッホは、苦言も呈してくれるが、俺以外への感心は薄い。眷属は、守るべき者たちだと認識しているが、他の”人”は、認識しているか怪しい。 いろいろな意味で、確かに、”人”が必要になってくる。 神殿に繋がる場所だと考えると、裏切る可能性がない者でないとダメだ。ブロッホでもいいが、ブロッホには神殿で、眷属のまとめ役を頼みたい。今後、眷属が増えるか解らないが、指示系統を考えると、移動速度と強さを兼ねたブロ…

続きを読む

2022/06/09

【第六章 ギルド】第二十二話 紹介?

貴族の機微が解らないと、足下から崩される可能性がある。 でも、俺が今から貴族を知るのは難しい。いや、不可能だ。神殿の運営は、知識があるロルフが居る。眷属たちは、ブロッホが居れば統率は大丈夫だろう。ロルフも、眷属との調整はできる(はずだ)。しかし、貴族家や教会とのやり取りには俺では知識が不足している。知識だけなら詰め込めばいいのだが、経験が圧倒的に足りていない。 「・・・。ークス。リン=フリークス!」 「・・・。へ?」 「”へ”ではない。貴様、話を聞いていなかったのか?」 「もうしわけない。聞いていません」 …

続きを読む
広告

2022/06/02

【第六章 ギルド】第二十一話 村長?

ハーコムレイが、俺を睨んでくる。 睨まれるようなことは・・・・。沢山しているけど・・・。心当たりが有りすぎて、どれに該当しているのか解らない。 ひとまず、立ち上がったが、ハーコムレイの前に座りなおす。 「マガラ渓谷を越えた場所には、王家が管理している場所がある」 「はぁ・・・」 そりゃぁ他に用意できる権限を持つ者は居ないだろう? 「だが、運営を行う事も、村を作る事も、王家やミヤナック家が行うことはできない」 何を言いたいのか解ってきた。 確かに、マガラ渓谷を越えた場所は、王家の直轄領はあるが、街はもちろんだ…

続きを読む

2022/05/26

【第六章 ギルド】第二十話 おい

ギルドに俺のメリットを提示して、ミルとミアが居る訓練場に向かった。 「ミル!」 声をかけるが聞こえていないようだ。 音を遮断しているのか? ミルが、ミアに武器の使い方を教えているのか? ミアが、ギルドが用意している模擬戦用の武器を選んで、レオを相手に模擬戦を繰り返している。 ミアのステータスは低くない。テイマーなら、本人が戦う必要は少ないけど、戦えて困らない。ギルドが用意している武器の中では、短剣が合うようだ。レオが徐々に速度を上げるが、攻撃を当てられないが、しっかりと対応は出来ている。種族的なものなのか、…

続きを読む

2022/05/17

【第六章 ギルド】第十九話 メリット

イリメリは、俺をまっすぐに見ている。 挑むような目線ではない。表現が難しいけど、挑発されているわけでも、攻撃されているわけでも、よくわからない目線だ。 「”白い部屋”で話された内容を考えてみた」 「え?」「続けて」 ルナが疑問に思っているような声を上げるが、イリメリが全員を見てから、俺を見つめて、説明を続けるように言葉を続ける。 「勝利条件は、全員を殺せとか、王になれとか、そんな事ではない」 ここで、全員を見れば、覚えているのだろう。頷いてくれる。 イリメリは思い出したのだろう。俺のメリットが解ったようだ。…

続きを読む
広告

2022/05/09

【第六章 ギルド】第十八話 会話?

俺の言葉を受けて、サリーカは”やっぱり”という表情をしているが、他は、まだ理解が追いついていない。 「リン君」 やはり、サリーカだけが神殿の意味がわかるようだ。 「出入口だけど、例えば、メロナとアロイに設置した場合に、メロナから入って、アロイに出られる?」 最初に聞いてきたのが、さすがだな。 「可能だ」 「神殿の広さは?」 質問の流れから通路だろう。 「通路の幅や建物は自由に設置できる。もちろん、馬車がすれ違えるくらいの幅にできる。今は中央に、ラウンドアバウトを設置している。神殿の広さは、ダンジョンのよくあ…

続きを読む

2022/05/01

【第六章 ギルド】第十七話 合流

ドアが勢いよく開かれた。 タシアナが、涙目のミトナルの腕を引っ張る形で、入ってくる。 タシアナとミトナルの後ろには、ルアリーナとサリーカが続いて、フェムやカルーネやフレットやアルマールも居る。最後には、目を伏せたイリメリが続いている。イリメリは、ミアと手を繋いでレオの首輪を握っている。さすがは、委員長だ。ここでも、委員長をやっているのだろう。 タシアナの目が怖い。 俺を睨んでいる。涙目のミトナルから推測できる。俺が想定していた中では、最悪な部類だ。 次は、タシアナがいうセリフも想像ができる。 「ギルドマスタ…

続きを読む

2022/04/27

【第六章 ギルド】第十六話 説明準備

ギルドはうまく回っているが、うまく回り始めているから、新しい問題が出始めている。子供やメンバーが狙われ始めている。 ナッセの話し方から、理解したことだ。 ナッセが目配せをする。 「そうか、それで、監視しているのだな?」 そこまでヒントを貰えれば、さすがに判るだろう。 それに、”監視”対象は、中に居る者たちではないだろう。ミルが、ギルドのメンバーと話をして、問題が無いと判明したら、監視している視線が弱まった。 「気が付きましたか?」 「入口やギルドに近づく者たちを監視しているのだな?」 テーブルの上に置かれて…

続きを読む
広告

2022/04/20

【第六章 ギルド】第十五話 ナッセ・ブラウン

ミアと手を繋いで、ギルドに近づく。 ミルが警戒を強めるが、誰も襲ってくる様子は無い。視線は増えていない。監視は、俺やミルを見ているわけではなさそうだ。 (ギルドを監視している?) フェム辺りなら、状況を把握しているのだろう。王都の様子を含めて聞いたほうがいいかもしれない。 「ねぇリン?」 「ん?」 「リンの事を話すの?」 ミルは、時々・・・。言葉を抜いた・・・。省略した話し方をする。 俺の何を話すのか?ミルの中では、詳細な説明をしているつもりのようだが、俺からしたら、言葉が足りない。 「俺の何を?」 「ん?…

続きを読む

2022/04/03

【第六章 ギルド】第十四話 監視

おばちゃんから話を聞いた。 思っていた以上に王都は悪い方向に進んだようだ。これなら、王都を拠点にしないで、ギルドの本部ごと神殿に移動させたほうがいいかもしれない。いや、俺が考えることではない。ギルドのメンバーやハーコムレイたちが考えるべきことだ。 俺は、皆が”神殿”を選んだときに、受け入れるだけだ。 「リン。どうする?」 ミルが、レオの上に乗るミアの手を握りながら、俺に問いかける。 おばちゃんの話はたしかに衝撃的だけど、俺たちに何ができるかわからない。貴族同士の見栄の問題にまで発展しているのなら、俺たちがで…

続きを読む

2022/03/24

【第六章 ギルド】第十三話 王都

ミルが戻ってきた。 怪我もしていないので、相手は問題になるレベルではなかったのだろう。 「リン!」 ミルが駆け寄ってきて、ミアを見つけて、安堵の表情を浮かべる。その表情のまま、俺に抱きついてくる。 ミルの頭を撫でながら、状況を聞く。 「どうだった?」 ミルの様子から、奴らでは無い。貴族関係の者でもなさそうだ。 「関係ない人たちだった。僕や、ミアを見て、奴隷として売ろうと考えたみたい」 それは、それで問題だけど、確かに、ミアは珍しい種族だし、ミルは”美少女”だ。狙うのは理解ができる。でも、簡単に捕まえられない…

続きを読む
広告

2022/02/25

【第六章 ギルド】第十二話 散策

 見る物すべてが珍しいのか、ミアは周りを見ては、ミルに質問をしている。  ミルも嬉しそうに、ミアの手を握りながら、説明を行っている。俺から少しだけ前を歩く形になっていて、俺には二人の会話が聞こえない。 「あるじ!」  ミアが、後ろを振り返って俺を見た。 「どうした?」 「ミルお姉ちゃんと、あるじは”ふうふ”なの?」 「ん?ミトナルさん?」  ミルを見ると、視線を逸らした。  レオが目線をそらすという器用な真似をしている。 「レオ!」 ”ワフ・・・”  レオは、ミルを見つめる。  やはり元凶は、ミルのようだ。…

続きを読む

2022/02/19

【第六章 ギルド】第十一話 到着

 王都に入る為には、パシリカの時でもなければ、検閲を受けなければならない。  ハーコムレイ辺りと、ギルドが交渉してくれたら、もしかしたら楽になるのかもしれない。  今は、列に並ぶのが自然な事だ。  それに、目立ちたくない俺たちに取っては、列に並ぶ以外の選択肢はない。  結局、列に並ぶ前に、アウレイアの眷属をどうするのか結論が出なかった。  ミアがテイムしている”白狼(ホワイトウルフ)”だということにした。  本人?に確認をしたら、そのままミアの護衛としてテイムされても問題はないということになった。身振り手振…

続きを読む

2022/02/09

【第六章 ギルド】第十話 神殿では

 リンとミトナルが、王都に到着しようとしている時、神殿では、マヤが頭を抱えていた。 「え?何?」  マヤは、リンが作成した地下通路の中央部に来ている。  中央部には広場が作成されているのだが、広場から離れて奥まった場所に、ロルフの反対を押し切って、森林を設置して、森林の先に一軒家を作った。森林の広さは、マヤたちが住んでいた村と同じくらいの広さがあり、一本の道が伸びている状態だ。  家には、一つの寝室とキッチンと風呂場とトイレとリビングがあるだけのシンプルな作りになっている。リンとマヤが元々住んでいた家から、…

続きを読む
広告

2022/02/01

【第六章 ギルド】第九話 ギルド(仮)本部では

 リンがマガラ神殿で、マヤとミトナルが起きるのを待っている頃。  王都では、いろいろな事が発生していた。  王都の一等地に立つ店舗のような建物の中にある。一つの部屋で、女性だけ8人が集まって会議をしている。 「ルナ。それで?リン君たちはまだ見つからないの?」  王国に初めてできる組織の方向性を決める会議をしていた。先ほどまで、次期国王であるローザス王子とハーコムレイ次期辺境伯とギルドが正式に認められた場合に、ギルド長に内定しているナッセ・ブラウンと人材面のサポートを行うアッシュ・グローズが参加していた。  …

続きを読む
1 2 3 4 5