異世界の記事一覧

2021/05/07

【第二章 帰還勇者の事情】第三話 父と母

 ユウキたちは、食堂に入った。  自分たちの席がまだ残されている状況が嬉しかった。  マイとヒナが、弥生の席に遺品を置いた。皆の辛そうな表情を、老紳士(父)が更に辛そうな表情で見つめる。 「エリク君とアリスちゃんは、好き嫌いは大丈夫かい?」  奥から、老婦人(母)の声がする。 「大丈夫です!」「私も、大丈夫」 「わかった。マイ。ヒナ!」 「はい!手伝う」「手伝う」「あっ私もできることは少ないけど手伝います」  マイとヒナとアリスは、これから話が開始される弥生の話を一緒に聞く気分にはなれない。  ユウキたちも…

続きを読む

2021/05/01

【第二章 帰還勇者の事情】第二話 帰省?

 時刻は、午前2時を過ぎている。 「さて・・・」 「行くのか?」 「あぁ俺が一人で様子を見てくる」 「・・・。ユウキ?」 「サトシ。頼む。向こうについたら、念話で知らせる」 「わかった」  サトシは、ユウキについていくつもりで居たのだが、この場所を頼むと言われて、承諾してしまった。サトシが残ると決めた以上、他の者がユウキには付いていかない。ユウキなら、一人でも大丈夫だという安心感がある。サトシは、一人にすると何をしでかすかわからない怖さを持っている。 「行ってくる」  ユウキが、身体強化のスキルを発動した。…

続きを読む

2021/04/28

【第二章 帰還勇者の事情】第一話 帰還

 最後になったが、ユウキとサトシとマイが浜石岳のいつもの場所に転移してきた。  魔法陣の周りには、先に地球に来ていた勇者たちが待っていた。  勇者たちは、日本で10日ほど過ごすことにしている。  世界中で、子(・)供(・)が消えたという報道は、されていない。消えたのが、孤児が中心のために、消えてから3ヶ月程度の時間が経過していても、騒いでいる国は少ない。 「さて、ひとまず10日後に、集まろう。念話はオープンにしておくけど、”時差”を考えてくれよ!」  ユウキの宣言に、皆がうなずく。  これから、辛い現実を告…

続きを読む
広告

2021/04/26

【第一章 勇者の帰還】第十話 勇者の帰還

 ユウキたちは、レナート王国の各地を回る者と、ユウキと一緒に地球に行って、スキルの検証を行う者に分かれた。  皆も、スキルの検証には前向きだ。地球とレナートで連絡が取れる可能性が出てきたからだ。  特に、残留組が積極的だ。偶然なのか、スキルの構成が残留組と帰還組に分散している。ユウキが帰還組なのを、残留組が気にしている(主にサトシ対策として・・・)。セシリアとマイからも、ユウキとの連絡方法の確立だけはお願いされていた。  地球とフィファーナとのスキルを使った連絡は出来なかった。  アリスが認識できる魔力の繋…

続きを読む

2021/04/21

【第一章 勇者の帰還】第九話 帰還の為に

 残留組が地球で行った検証結果を聞いて、帰還組もスキルの検証を行ってから、今後の作戦を考えることになった。  特に、アリスのスキルは、フィファーナの防衛に関わってくる部分だ。  まずは、アリスとエリクをだけを連れて、地球に行くことになった。  3人だけなら、すぐに戻ってこられると考えたからだ。残留組で、港に転移できる者が、アリスの眷属を見守る。  アリスが、地球に戻ったことで、解除されないか調べるためだ。 「アリス。エリク。準備はいいか?」  二人は、自動調整が付与された服に着替えた。サトシの話を聞いて、必…

続きを読む

2021/04/20

【第一章 勇者の帰還】第八話 残留組の検証

「ユウキ?マイは?」 「・・・。あぁそうか、サトシは、知らないのだったな。すぐに戻ってくるだろうから、マイに聞けよ。俺からは、それしか言えない」 「・・・。わかった・・・」  サトシは、口では解ったと言っているが、納得していないのは表情を見れば解る。 「はぁ・・・。あとで、マイに聞けよ」 「あぁ」 「マイが、俺たちとは違うのは理解しているよな?」 「あぁ」  サトシもユウキも片親だったが、サトシは親が病死して施設に入った。ユウキは、親が事故死して施設に入った。  マイは、両親が揃って事件に巻き込まれる形で亡…

続きを読む
広告

2021/04/19

【第一章 勇者の帰還】第七話 残留組の探索

「ふぅ・・・」  ユウキは、前回と同じ浜石岳のキャンプ場に転移した。  周りを見回すと、全員が揃っている。 (魔力は大丈夫だな。すぐの発動は無理だけど、ポーションを飲めば回復できる量だ) 「ユウキ!大丈夫?」 「マイ?すごく、可愛くなって・・・」 「ユウキには言われたくない!それよりも、魔力は大丈夫?14人、全員はきつかった?」 「大丈夫だ。魔力は3/5程度消費したから、全員は無理だな。14人が限界だと思う」 「そう・・・。どのくらいで回復しそう?」 「予想通り、1時間ってところだな」 「え?」  よこから…

続きを読む

2021/04/17

【第一章 勇者の帰還】第六話 残留組の帰還

「それじゃ、地球に行って帰ってくるか!」  サトシが場の空気が湿っぽくなったのを感じて、立ち上がった手をたたきながら、皆を鼓舞するように大きな声で宣言する。 「ハハハ。サトシだな」  ユウキの声をきっかけに皆が笑いながらも立ち上がった。  29名の勇者たちは、こうやって立ち上がってきた。29人になってしまった日に、仲間が傷ついた日に、勇者の中の勇者と言われる”サトシ”は皆を鼓舞してきた。ユウキには出来ない。だから、サトシがリーダーなのだ。 「陛下。将軍。作戦の詳細は、後日に決めましょう。まずは、国内が大丈夫…

続きを読む

2021/04/16

【第一章 勇者の帰還】第五話 報告(偵察)

 将軍が、ユウキが持ってきた物を預かることでユウキの話は終わった。  休憩を挟んで、勇者たちがマイの召喚した”ゴーレムのような物”を使って偵察を行った内容の報告が始まる。  マイから報告が始まって、2時間ほどの時間を使って偵察内容の報告が行われた。  レナート王国にあるギルドが得ている情報は、将軍がある程度は引き出してきてくれていた。  勇者や聖職者や権力者が多くいる場所が狙われたようだ。 「ユウキ。どう思う?」  サトシが、皆の話を黙って聞いていたユウキに話を振る。 「なぁマイ。魔物たちの種類は?皆の話だ…

続きを読む
広告

2021/04/15

【第一章 勇者の帰還】第四話 報告(ユウキ)

(さて、2時間が経過したようだな。これ以上、降りると人に見られる可能性があるな)  ユウキは、浜石岳から降りてきている。途中にある小学校の跡地まで降りてきた。  生命探知で人を避けてきたが、難しくなってきていると感じていた。目的だった廃棄されているペットボトルも確保できた。同時に、アルミ缶やスチール缶も確保出来た。レナート王国に居る鍛冶屋に見せて加工が可能なのか確認したいと思っていた。 (少しだけ時間をずらしてみるか?)  ユウキは、元学校の道路から死角になっている場所で、スキルを発動する。  レナート王国…

続きを読む

2021/04/14

【第一章 勇者の帰還】第三話 偵察

「どこでやる?」  マイのスキルは、テイムではない。他に適切なスキル名がないので、召喚と言っているが、フィファーナにあった召喚スキルとも違う。  魔力で、マイが思い描く”動物”や”昆虫”や”魔物”を作り出せる。魔力で作り出した物は、意識が有るわけではない。そのために、マイが動かすのだが、同時に動かすことができる物には限界がある。  魔力で出来た”ゴーレムのような物”だが、魔力は譲渡できる特性を利用して、制御を他人に任せることができるのではないかと考えたのが、ユウキだ。  マイとユウキで、”ゴーレムのような物…

続きを読む

2021/04/13

【第一章 勇者の帰還】第二話 情報収集

「エリク様。それでは、我が国の商隊は?」 「外に出る必要があるのか?」 「え?」 「それに、陸路はたしかに封鎖された状態だが、海路は確保されているぞ?」  視線が、アリスに移動する。 「うん。僕のペットたちは、渡してある”旗”を持っていけば沈めないよ」 「アリス様。あの旗のマークに意味が有るのですか?」 「あぁ・・・。それも、ユウキの指示だけど、マークには意味は無いよ。旗の素材が大事」 「え?なんで・・・。面倒では?」 「うん。面倒だけど、あのマークを見れば、召喚勇者で、よほどのバカでなければ、意味がわかる…

続きを読む
広告

2021/04/12

【第一章 勇者の帰還】第一話 レナート王国

 ユウキが転移に使った魔法陣が消えてから、勇者たちは移動を開始した。  王城の離れにある勇者たちの荷物が置かれている屋敷だ。  舞踏会が行われる場所だったのだが、勇者たちに与えられて、改良して今は40人ほどが一度に会議ができる場所になっている。  座る場所も決まっている。  上座には、サトシが座る。マイとセシリアが両脇を挟む格好になる。  サトシは、正面にある空席を見つめる。誰もが、座りたがらなかったサトシの正面は、ユウキの席だ。  29名で、レナート王国に流れ着いてから、誰一人として欠けなかったのは、皆の…

続きを読む

2021/04/11

【序章 召喚勇者】第五話 地球

「・・・」  ユウキは、小高い山の上にある。キャンプ場に転移していた。 「成功・・・。したのか?」  ユウキは、周りを見回して、小学校の時に遠足で訪れた場所だと認識した。夢でなければ、転移が成功したのだ。 「あとは、時間だな・・・。2022年なら時間が戻った・・・。え?」  ユウキは、自分の手を見た。  明らかに小さくなっている。7年前の15歳のころのサイズになってしまっている。 「そういうことか・・・。戻ったら、どうなる?」  ユウキは、魔法が使えるのか気になってしまった。  精神は、フィファーナで戦闘を…

続きを読む

2021/04/10

【序章 召喚勇者】第四話 帰還(後)

「陛下」 「なんじゃ」 「わかりました。全部、飲み込みます。家族のために」 「そうか・・・。ありがとう」 「いえ、それで、陛下。一つ、頂きたい物があります」 「なんだ?アメリアを連れていきたいというのなら、喜んで差し出すぞ?侍女もつけるぞ?」 「陛下?殴っていいですか?」  貴族たちから、”いいぞ!許す”とか声が聞こえてくる。他の国ではありえない状況だ。 「まてまて、お主に殴られたら、儂の頭が軽くなってしまう」 「大丈夫です。少しだけ痛いだけです。陛下の身体が、明日から頭の重さに耐える必要がなくなると喜ぶか…

続きを読む
広告

2021/04/09

【序章 召喚勇者】第三話 帰還(中)

「陛下」 「勇者ユウキよ。魔物の王の討伐を成し遂げたようだな」 「はっ仲間たち、それに陛下のおかげです。感謝の言葉だけでは・・・」 「よい。余たちにも利があること、勇者ユウキ。目的のものは見つかったか?」 「はい。無事入手いたしました。明日、試したく思っております」 「・・・。そうか、勇者ユウキ・・・。ユウキ。余は・・・。儂は、お主を、お主たちを本当の子供のように思っている。后も、儂と同じ気持ちだ」 「ありがたきお言葉」 「解っている。わかっている。ユウキ。お主たちにはやらなければ・・・。目的があるのは、理…

続きを読む

2021/04/08

【序章 召喚勇者】第二話 帰還(前)

 サトシたちは、身を寄せている小国(レナート)に転移した。  勇者のスキルだ。サトシやユウキは、”ル○ラ”と呼んでいるが、内容は違っている、一度マーキングした地点に戻ることができるのだ。スキルに込める魔力で、同時に移動できる範囲が変わってくる。 「サトシ様!」  転移のマーキングしてあったのが、王宮にある庭園だ。  王宮から一人の女性が勇者たちに駆け寄ってくる。サトシの名前を読んで駆け寄ってくる女性を見た、勇者の一人がサトシの前に立ちはだかる。 「なんですか?マイ様!私は、私の婚約者であり、未来の王であるサ…

続きを読む

2021/04/08

【序章 召喚勇者】第一話 召喚勇者

 1つの戦いが終わろうとしていた。  人族の悲願。”魔物の王”討伐が実現しようとしていた。 「ユウキ!どうだ」 「あと、5000!1割。リチャードの一撃で削れる」 「フェルテ!俺に補助を!」 「解った!”根源なる力よ。汝に力を”リチャード!!」 「おぉぉぉぉぉぉ!!!」  聖剣を持つサトシがリチャードの後に続く、”魔物の王”にダメージを与えられるようにできるのは、聖剣を使える勇者だけだ。 ”うぉぉぉぉ!!!”  強化されたリチャードの攻撃で、”魔物の王”を守っていた結界が砕ける。新たな結界をはられないように…

続きを読む
広告

2021/03/25

【第五章 マヤとミル】第十話 依代

「旦那様」  俺が、ミルに魔力を循環させてから、どのくらいの時間が経過しているのか・・・。循環を行っている魔力が、ミルの身体に溶け込むようになった。 「どうした?」  ブロッホが何か慌てだす。 「旦那様。依代を用意したほうがよろしいかと・・・」 「依代?」 「はい・・・」  ブロッホの説明では、 ミルとマヤが、一つの身体に共存しようとして、身体が耐えきれなくなっている。ミルの身体では、2つの魂の入れ物には小さくなってしまっている。俺が、魔力を循環させたことで、ミルの身体の崩壊は止まったのが、マヤとミルの存在…

続きを読む

2021/03/22

【第十章 エルフの里】第七話 森の村

 砦の門が閉まる寸前に、ヤスたちは到着した。  貰い受けた許可書では、門が閉まっていても通過はできるのだが、ヤスが特例を行使したくないと言って、アクセルを踏み込む力を強めたのだ。 「ふぅなんとか間に合ったな」 「うん。どうする?砦で休むの?」 「俺としては、砦で休むのは避けたい」 「??」 「砦の責任者が、俺に会いたいとか言っていたからな。先を急ぐ用事があると伝えているから、砦でちんたらしていたくない」 「あぁ・・・。そう言えば、守備隊の人が言っていたね」  ヤスと言うよりも、アーティファクトを欲しがってい…

続きを読む

2021/03/10

【第十章 エルフの里】第六話 リーゼとヤス

 国境に近づいてきて、砦が見えた場所で車を停めた。 「ヤス。なんで?もう砦だよ?許可書もあるから、大丈夫だよ」  リーゼが言っている通り、王都を出る時に許可書をもらっている。許可書があれば、”行き”も”帰り”も検査を受けなくてもいいという最上級な物だ。 「ん?」  ヤスは、砦の入り口を指差す。  砦の関所を超えるための行列が出来ている。ヤスたちが持っている許可書は、行列を無視できる物で、並ぶ必要はない。 「並ばなくてもいいよね?」 「あぁだけど、列を見ると、高級な馬車が見えるだろう?」 「あ?うん」 「ほら…

続きを読む
広告

2021/03/07

【第五章 マヤとミル】第九話 執事からの提案

 ブロッホが、眷属たちの意見をまとめてくれた。  ロルフも意見をまとめるのを手伝ったようだ。  二人からまとめられた意見をもとに、神殿の内部を変更した。  俺が専用で使う部屋を用意した。マヤとミルが眠っている祭壇の横に作られた。ジャッロやヴェルデやビアンコからの要望だ。俺の部屋が無いのを気にしていた。俺は別に必要ないと思ったのだが、ブロッホから皆が安心するためにも、俺の部屋が必要だと言われた。拠点となるように、寝室と執務室を作った。調度品は、とりあえずはポルタ村から持ってくることに決めたようだ。  寝室の奥…

続きを読む

2021/02/17

【第五章 マヤとミル】第八話 執事と施設と

 施設の調整を行って、一息ついていたところに、ロルフと老紳士が入ってきた。  ロルフは、入り口で立ち止まったが、老紳士が俺の前まで来て綺麗な所作で跪いた。 「旦那様」  ブロッホ(黒竜)だと言うのは解っているが、理解が追いつかない。髪が長かったはずが、短く切りそろえている。白髪が老紳士を演出している。服装も、ポルタ村では絶対に無かった服装だ。貴族家の執事が着ているような服を身にまとっている。 「え?ブロッホ?」 「はい。旦那様。ロルフ様から、旦那様に仕えるなら、執事の格好にしたほうが、違和感が少ないと教えら…

続きを読む

2021/02/01

【第十章 エルフの里】第五話 道中(神殿→王都→国境の砦)

「ねぇヤス・・・」 「駄目だ!」 「まだ何も言っていないよ?」 「解っている。FITを運転したいのだろう?駄目だ。リーゼの運転は、粗い。もっと、ブレーキをしっかりと操れるようにならなければ、荷物を運ばせられない」 「うぅぅぅ。だって、アクセルを踏み込んだ方が速いよ?」 「そうだな。最高速は出せるだろうけど、ラップタイムは遅くなるな」 「う・・・」 「リーゼ。モンキーだと、イチカに負けるよな?」 「・・・。うん。でも、それはイチカの方が、体が軽いから・・・」 「でも、俺はイチカに完勝できるぞ?」 「それは、ヤ…

続きを読む
広告

2021/02/01

【第五章 マヤとミル】第七話 眷属長?

「わかった。味方は欲しい」 ”ありがとうございます”  オーガには、ラトギの名を与えた。黒竜には、ブロッホの名を与えた。  ブロッホは、ワイバーンを眷属にしていたために、その者たちも眷属に加わる。  ラトギは進化の兆しが見えた為に、ヒューマに命じて里に移動させた。  ブロッホは進化を抑え込んだようだ。種族的な進化はしなかったが、スキルが大幅に進化して、ブロッホは”人化”できるようになった。 「リン様」  全裸の状態で、俺の目の前で跪いているブロッホが居る。  どうしていいのか迷っていると、人化を解いて竜に戻…

続きを読む
1 2 3 4 5 14