異世界の物流は俺に任せろの記事一覧

2020/06/01

【第八章 リップル子爵とアデヴィト帝国】第四十五話 帝国の村

 子爵たちの処分に目処が付いたヤスは、保留していた帝国への対応を開始した。  マルスからの情報で、帝国軍は、3つの家の連合で作られているようだ。それぞれの家の三男や四男が率いている。連合と言っても、統率が出来ているわけではない。ただ一緒にいるだけの関係だ。兵士数も、各家では3、000の兵士を出して、物資を輸送する兵站を1,000名出している。合計すると1万2,000にもなるが烏合の衆であるのは間違いない。  石壁が始まっている場所で、陣取って動こうとしない。  先に攻撃を仕掛けて、失敗したら笑いものになる。...続きを読む

2020/05/31

【第八章 リップル子爵とアデヴィト帝国】第四十四話 捕らわれの者たち

 見世物になるのが確定しているリップルたち”ヒトモドキ”は、隷属の首輪をするのを拒否している。  リップル子爵の命令で、身分の低い者が首輪を付けられた。宣言通りに、絶命するまでゆっくりと首輪が絞まっていった。その間、首輪を付けられた者は苦しみ続けた。それを見て誰も首輪を着けようとしなくなってしまったのだ。一人と首輪一つが減った檻の中では、醜い争いが発生していた。  身を隠すことが出来ない場所に捕らわれている。食事も人数分しか提供されない。  快適な生活が出来るような場所と環境ではない。魔物が出ないだけマシだ...続きを読む

2020/05/30

【第八章 リップル子爵とアデヴィト帝国】第四十三話 トーアヴァルデ

 帝国は確かにトーアヴァルデには近づいてきている。  しかし、戦闘が開始されるような距離ではない。入口に到達したに過ぎない。それも、野営地を作って新たに作られた壁を調べている段階だ。帝国は、リップルとは違って撤退しても問題はない。攻めてこない可能だって残されている。  リップル元子爵軍は、騎士を中心に一斉に動き出した。  規則正しい動きではなく、統率も取れていない。ただ、門を目指しているのだ。  先頭が門に到達する寸前に、門が内側に開かれた。 ”開いた!” ”進め!勝利は我らの物だ!” ”何が神殿の主だ!所...続きを読む
広告

2020/05/29

【第八章 リップル子爵とアデヴィト帝国】第四十二話 帰還と開戦

 ヤスとリーゼとサンドラが神殿に帰ってきた翌日には大量のドワーフがアシュリに到達した。  酔っぱらい状態だったらしいが、足取りはしっかりしていた。それだけではなく、リップルの神殿討伐軍(笑)の動向も掴んできていた。途中で逃げ出した者や軍から物資を持ち逃げして、盗賊になった者を討伐してきたようだ。逃げ出した者は、そのままレッチュ辺境伯領に押し付けてきたとルーサに説明した。  ドワーフたちが討伐軍よりも早く到達したのにも理由がある。  ドワーフたちは、最短距離を移動してきた。レッチュ辺境伯領を突っ切った形だ。限...続きを読む

2020/05/28

【第八章 リップル子爵とアデヴィト帝国】第四十一話 鉱山の村

「ディアス。二人の様子はどうだ?」 『エミリアが応えます。ファーストからの問題点の指摘はありません』 「そうか・・・」  神殿を出て、ユーラット経由でアシュリに向かっている。  一度、アシュリでルーサに会って、リップルの動向を確認してから、鉱山の村に向かう道を考えることに決まった。 「ディアス。ファーストに連絡して、アシュリの駐車スペースに停車させろ」 『了』  運転しているのは、リーゼだ。  ヤスの指示に従って、駐車スペースにFITを停めた。  リーゼが運転席。サンドラが助手席に座っている。後部座席には、...続きを読む

2020/05/27

【第八章 リップル子爵とアデヴィト帝国】第四十話 イワンの依頼

 ドアを開けて入ってきたのは、リーゼとサンドラだ。  サンドラは、ヤスを見て頭を下げるが、リーザはヤスに飛びついたのだ。 「ヤス!僕が案内するよ!」 「わかった。わかった。イワン。二人で間違っていないのか?」 「あぁ・・・。サンドラの嬢ちゃんだけの予定だったが・・・」 「駄目だよ!サンドラとヤスを二人だけなんて!僕も一緒に行く!案内なら任せて!」  ヤスは、サンドラを見るが、なぜか懇願する表情になっている。ヤスはリーゼが無理矢理サンドラを説得したのだと理解した。 「わかった。その鉱山の村までは遠いのか?」 ...続きを読む
広告

2020/05/26

【第八章 リップル子爵とアデヴィト帝国】第三十九話 後始末の準備

 ヤスは、魔通信を切った。  ヤスは、大事な用事を思い出した。辺境伯でも良かったが、サンドラに繋いだ。 「サンドラ。聞きたいことがあるけど大丈夫か?」 『大丈夫です』 「豚公爵の名前と領地を教えてくれ」 『ヤスさん。何をなさるおつもりですか?』 「明確な敵なのだろう?名前と所在がわからないと、気持ちが落ち着かない」 『・・・。ヴァルブルグ公爵です。領地はありません。王都にお住まいです』 「へぇ王都か・・・。そりゃぁ大変だな。狐侯爵は?」 『お父様ですか?ヤスさんに教えたのは?』 「うーん。それで?」  サン...続きを読む

2020/05/25

【第八章 リップル子爵とアデヴィト帝国】幕間 国の行く末を憂慮する辺境伯

『お父様!』 「わかった。サンドラ。みなまで言わなくていい。ハインツに連絡して、王家に筋を通しておく」 『ありがとうございます。後ほどヤスさんからお父様にご連絡があると思います。よろしくお願いします。それでは!』  娘からの連絡を受けて、リップルの連中が暴発したのを知った。  儂が放っていた者たちからの連絡よりも、娘から連絡が早かったのが情けなくなる。抜本的な変革が必要になってきたのかも知れない。魔通信機が使いやすい環境だとしても、時間の差を考えてしまう。そして、娘は神殿が負けるとは考えていない。王家への連...続きを読む

2020/05/24

【第八章 リップル子爵とアデヴィト帝国】第三十八話 落日のリップル

 ”リップル子爵領から兵士が関所を目指して進軍している”  この情報が神殿にもたらされたのは、ヤスが関所の森、神殿の森、魔の森にポッドの配置を終えた翌日だ。  休む暇も無いと愚痴を言っているヤスだったが、報告をあげてきたルーサと話をするためにモニターの前に居た。 『ヤス!』  ルーサがモニター越しに怒鳴っている。  ヤスが言った愚痴が聞こえてしまっていたのだ。わかっていた話だが、緊急事態には違いない。 「ルーサ。聞こえている。状況を教えてくれ」 『すまん。ヤスだけか?』  いつものメンバーが揃っていると思っ...続きを読む
広告

2020/05/23

【第八章 リップル子爵とアデヴィト帝国】第三十七話 ヤスの勘違い

 ヤスは、レイクサーペントを、安全を考慮して配置範囲のギリギリにあたる100メートル先に召喚した。いきなり襲われる可能性は無いと思ったが、魔物の大きさが解らなかった為の処置だ。  ヤスの目の前に体長10メートルを超えそうな巨大な白蛇が姿を現した。赤い目を持つ白い蛇だ。 『マスター』  白蛇は、ヤスに頭を垂れるような姿勢になっている。 「ん?お前か?」  目の前の白蛇にヤスは話しかける。 『マスター。名前を頂けないでしょうか?』 「名前?」 『はい。マスターの眷属にしていただきたいのです』  白蛇はヤスに懇願...続きを読む

2020/05/22

【第八章 リップル子爵とアデヴィト帝国】第三十六話 日常の一コマ

 難民たちは、神殿の領地内に散らばった。  ヤスに取って、嬉しい誤算もあった。村で、宿屋をやっていた夫婦が数組だが存在していた。それだけではなく、神殿内に足りなかった雑貨屋や食堂の経験者も居た。希望を聞きながら、神殿の都(テンプルシュテット)とアシュリとトーアヴァルデとローンロットに散らばった。冒険者たちも、ユーラットや神殿の都(テンプルシュテット)に拠点を移動した。  関所の森に作った2つの村は、食料供給の一大拠点となった。  現在は、畑仕事だけだが、マルスから食料確保の簡単な方法が提示されて、実行すると...続きを読む

2020/05/21

【第八章 リップル子爵とアデヴィト帝国】第三十五話 急報

 ラナが立ち上がって、部屋から出ていく。 「それで、ルーサは?」 「魔通信機からの連絡です」 「マルス!ルーサからの通信を繋いでくれ!」 『了』  モニターにルーサが表示される。 「ルーサ。何があった?」 「ヤス。いきなりすまん。ドーリスにも繋げたいが大丈夫か?」 「マルス。手配してくれ」 『了』  すぐに、画面が分割されて、ドーリスが表示される。 「ヤスさん。ルーサさん。緊急事態だと聞きましたが?」 「あぁ時間的には、1-2日は余裕があるが、どうしたらいいのか判断出来ない」  ルーサが、ドーリスに返事をす...続きを読む
広告

2020/05/20

【第八章 リップル子爵とアデヴィト帝国】第三十四話 散歩

 ヤスは、今日ものんびりと過ごしていた。ヤスが受けなければならない依頼が来ていないのが主な理由(いいわけ)だ。  プラプラと、神殿の街をぶらついている。  帝国で行っている意識改革(報復)も目に見える成果が出てくるのはしばらく時間が必要だろう。  リップル子爵家がそろそろ王都に付きそうだという報告は読んだ。到着してから自分たちがどれほど愚かだったのか気がつくのには、それでも2-3日はかかるだろう。  ヤスは、綺麗に整備された道をギルドに向かった。ギルドに用事があるわけではないが、なんとなくギルドに足を向けた...続きを読む

2020/05/19

【第八章 リップル子爵とアデヴィト帝国】第三十三話 報復

 ヤスが出した指示をマルスは計画を立てた。  すぐに実行しなかったのは、魔力の吸収を優先させたからだ。せっかくなので、彼ら自身の魔力で魔物を召喚してみることにした。  ヤスが命じたとおりに、ゴブリンとオークとオーガのメスを召喚した。  奴隷化を実行しようとしたが、下位の個体では不可能だったので、上位個体を12体召喚した。その中の一体が主(あるじ)となるのだ。上位種は身体も顔つきも違ってしまうので、主(あるじ)の見分けが出来てしまう。ヤスの意図とは違うが、下位個体に兵士たちの相手をさせて上位個体に貴族と司祭と...続きを読む

2020/05/17

【第八章 リップル子爵とアデヴィト帝国】第三十二話 後始末

 リーゼは、ヤスの背中を見ながら、後ろに付いていった。リーゼは、執務室に行く必要はなかったが、子供たちがどんな結論を出したのか気になったのだ。  執務室に入ると、イチカだけが待っていた。 「なんだ、座っていれば良かったのに・・・」 「今日は、ヤスお兄様にお願いに来ました」 「いいよ。イチカも座って・・・。えぇーと」「マスター。セブンです。お飲み物をお持ちいたします」  ヤスは執務室で控えていたメイドを見た。名前が解らなかったが、メイドが自分から名乗った。 「うん。セブン。頼む。リーゼの分も頼む」 「かしこま...続きを読む
広告

2020/05/15

【第八章 リップル子爵とアデヴィト帝国】第三十一話 帝国の子供たち

 ヤスは、会議の終わりを告げてから回線を遮断した。 「旦那様。関所の森の帝国側に関してのご報告があります」 「あぁセバスの眷属も参加していたのだったな」 「はい」 「こちらの犠牲は?」 「ありません。怪我を追ったものがいましたが、旦那さんの指示を優先させ、一人の犠牲も出しておりません」 「それは重畳。それで?」 「はい・・・」  話は、10日前のマルスの報告から始まった。 — 『マスター。関所の森に侵入者です』 「帝国側か?」 『はい』 「何度目だ?」 『6度目です』 「奴らは馬鹿なのか?違うな...続きを読む

2020/05/14

【第八章 リップル子爵とアデヴィト帝国】第三十話 塩と砂糖と胡椒

『はぁ・・・。ヤス。まぁいいけどな。まずは、リップルからでいいか?』 「頼む」 『その前に、サンドラ嬢。ディトリッヒは居るか?』 『いますよ。ミーシャと後ろに控えています』 『そうか、まずは、ディトリッヒから、塩と砂糖がどうなったのか報告させたほうがいいと思うが?』  ヤスが承諾したので、ディトリッヒがサンドラに変わって、前に出て説明する。ヤスとルーサは聞いていた話だが、黙ってディトリッヒの報告を聞いた。サンドラは、父親からの説明を受けていたので、実際の現場以外で行われていた内容を補足するように説明した。 ...続きを読む

2020/05/13

【第八章 リップル子爵とアデヴィト帝国】第二十九話 神殿会議

 クラウス辺境伯が、長い後ろ髪を引っ張られながら、領地に戻っていってから、2週間が経過した。  ヤスは、一つの仕組みをドワーフのイワンと構築していた。  殆どは、マルスの仕事だったのだが、必要になって構築をおこなって、本日テストとして使うことにした。 『おぉヤス。どうだ?』 「お!感度もいいな。問題はないな」 『これはいいな。工房にいながら注文が出来る』 「イワン。会議用だぞ?注文に使うのは控えろよ」 『解っている。たまにならいいだろう?』 『ヤスさん。イワンさん。こちらも、問題はありません』  サンドラと...続きを読む
広告

2020/05/12

【第八章 リップル子爵とアデヴィト帝国】幕間 クラウス辺境伯。疲労困憊

 疲れた。一言で、表現してしまったが・・・。心の底から軽蔑する相手だが、リップル子爵と話をしたときの方が疲れなかった。  別に、ヤス殿が嫌いとか軽蔑すべき人物だという意味ではない。自分で言っていてよくわからないが、ヤス殿との交渉は本当に疲れた。  疲れただけの成果は有った。 「お父様。お疲れ様でした」 「サンドラ。疲れた。あの地図!?それに、モニターはあのようにして使うのか?セバス殿はまともだと思ったのだが?」 「お父様。それは無理というものです。ここ1週間住んで見ればわかります」 「どういう意味だ?」 「...続きを読む

2020/05/10

【第八章 リップル子爵とアデヴィト帝国】幕間 クラウス辺境伯。神殿を視察6

 儂は、クラウス・フォン・デリウス=レッチュ。バッケスホーフ王国の辺境伯だ。神殿の視察で、神殿の真実の一端に触れてしまった。しかし、これが終わりではなかった。娘の笑顔を見て、これで終わったと思ったが違っていた。  もう少し、カートを動かしたいと思ったが、ダメだと言われた。今度、休みが許可されたときにまた来て視察し(遊び)たい。ドワーフの工房は心臓に悪いから、カート場だけでいいか・・・。だが、ドワーフの酒精は魅力がありすぎる・・・。  カート場を出て、バスと呼ばれたアーティファクトに乗って、教習場と呼ばれる場...続きを読む

2020/05/09

【第八章 リップル子爵とアデヴィト帝国】幕間 クラウス辺境伯。神殿を視察5

 儂は、クラウス・フォン・デリウス=レッチュ。バッケスホーフ王国の辺境伯だ。絶賛、後悔中だ。  ドワーフの工房で精神的に疲れてしまった儂は、いろいろ譲歩・・・。ではなく巻き込まれてしまった。娘の策略を疑っているが、悪い話ばかりではない。いや、違う・・・。本来なら、領を富ませる最高の物を得たと喜ばなければならない。ただ、他の領主や王家だけではなく、領内の有力者に知られた時に、誰にどれだけの情報を流すのか、調整が難しい。  そして、ドワーフの工房の最奥部に入るときに、娘が言っていた。『神殿に住むと言わないで・・...続きを読む
広告

2020/05/08

【第八章 リップル子爵とアデヴィト帝国】幕間 クラウス辺境伯。神殿を視察4

 儂は、クラウス・フォン・デリウス=レッチュ。バッケスホーフ王国の辺境伯だ。絶賛、後悔中だ。  ドワーフ族だと名乗ったのに、実はエルダードワーフだったイワン殿。家名持ちと教えられた時点で気がつけばよかった。  目の前にあるものは見なかったことにして、自分の屋敷に帰ろうと本気で考えた。娘が、帰さないと徹底抗戦だ。たしかに、王家からの頼みをヤス殿に伝えないとならない。娘を睨むが、娘は、もういろいろと諦めている表情をしている。  目の前に置かれている、魔道具と酒精。見なかったことにしたい。 「イワンさん。それで、...続きを読む

2020/05/07

【第八章 リップル子爵とアデヴィト帝国】幕間 クラウス辺境伯。神殿を視察3

 儂は、クラウス・フォン・デリウス=レッチュ。バッケスホーフ王国の辺境伯だ。絶賛、後悔中だ。好奇心に負けた過去の自分を殴りたい。 「クラウス殿。ここが貯蔵庫だ」 「貯蔵庫?」 「そうだ、ここで蒸留酒を寝かせている」 「しかし・・・」「そうだ、単純に寝かせているわけではない。ヤスが作った部屋で、端から1年。2年。4年。8年。16年。32年。と、なっている」 「??」 「嬢ちゃんに聞いていないのか?」 「えぇ何も?」 「そうか、それじゃしょうがないな。この部屋は、広さは20メートル四方くらいの部屋で、1日で言っ...続きを読む

2020/05/06

【第八章 リップル子爵とアデヴィト帝国】幕間 クラウス辺境伯。神殿を視察2

 儂は、クラウス・フォン・デリウス=レッチュ。バッケスホーフ王国の辺境伯だ。だが、現在の状況が理解出来ない。  ドワーフの工房は、凄まじかった。一級品の武器や防具が作られていた、日用品と思われる物もドワーフたちが作っていた。一部魔道具も見られた。ドワーフが魔道具を作る?と思ったが、エルフ族が居て、ドワーフ族と連携しているのなら可能なのだろう。こんな事が貪欲な貴族に知られたら、また胃に痛みが走る。  娘の言葉にも耳を疑った。 「サンドラ。二級品とは、見てきた工房で作られている物か?購入できるのか?」 「えぇ。...続きを読む
広告

2020/05/05

【第八章 リップル子爵とアデヴィト帝国】幕間 クラウス辺境伯。神殿を視察1

 儂は、クラウス・フォン・デリウス=レッチュ。バッケスホーフ王国の辺境伯だ。  貴族位としては、伯爵だが通常の伯爵より上の辺境伯だ。儂の上は、侯爵家と公爵家があるだけだ。  儂は、娘のサンドラが世話になっている神殿の都(テンプルシュテット)の敷地内に足を踏み入れた。軽い気持ちで着いてきたが、後悔し始めている。  神殿の都(テンプルシュテット)は娘たちが名前を付けたと言っているが、信じていない。名前は、主が付けるのが当然で、主の権利なのだ。娘たちも気にして、仮称だとは言っていたが、実際に神殿の主であるヤス殿が...続きを読む
1 2 3 4 5 8