【第十章 エルフの里】第二十九話 エルフ

 

エルフの里まで戻ってきた。
歓迎されている雰囲気は皆無だが、俺とリーゼが行った事は、ラフネスから皆に伝えられているのだろう。嫉妬や嫌悪の視線は消えていないが、前の様に侮蔑を含んだ視線は少なくなっている。
”助けてやった”から、感謝しろとは言わないが・・・。本当に、この種族を延命させたのは正しかったのか疑問に感じてしまう。

そして、コアからある事実を教えられた。当然の事だが、考えてもいなかった。このエルフの里には、ハイエルフを含めて、300名程度が住んでいる。外に作られた村には、里に入ることができないエルフたちが100名程度は居るようだ。外に出ているアフネスのような存在も居るのだが、それでも種として1,000名程度では存続が難しい。考えれば、解ることだが、なぜか”エルフの里”がここまでだと思ってしまった。

コアの話では、他の”氏族”との交易どころか、連絡も途絶えてしまっているようだ。

「マリア。無理だ。俺は、他の”氏族”に伝手がない」

「それは、コアが力をつければ、連絡が可能です」

「なぁマリア。お前、エルフと俺のやり取りを記憶しているよな?」

「はい」

もう一度、マリアの表情を窺うように観察するが、何を言われているのか解らない表情をしている。

「はぁ・・・。あのな。俺は、エルフたちに殺されそうになった、アーティファクトを盗まれそうになった、暴言を吐かれたのは一度や二度ではない」

「はい」

その、それがどうした?って、表情がむかつく、もしかしたら、マルスも依り代を持ったら、こんな表情をするのか?
いやないな。セバスは、マルスだ。あいつは、受け答えは冷淡だが、リーゼともしっかりと話ができる。他の者からも苦情らしい苦情を聞いたことがない。これは、コアの能力なのだろう。

「俺は・・・。そうだな。正直にいうと、エルフと言う種族にあまり関わりたくない。一人一人は、いい奴も悪い奴も、好きになれる奴も嫌いな奴もできるだろうが、集団となったエルフ族とはかかわりは最小限にしたい。行商に関しても、本来なら断りたいのだが、王国にもメリットがある取引だから受諾しただけだ。お前たち、エルフ族との付き合いを続けるために行う方便ではない。まだ、”言いたい”ことは山のようにあるが、あえて付け加えるのなら、リーゼが居なかったら、リーゼの母親が眠っていなければ、お前ごと・・・。俺はこのエルフの里を蹂躙してしまいたいと思った。眷属たちを呼び寄せて、全部を更地にしてしまえば、すべてが終わるからな」

「神殿の主様」

「いいか、エルフの問題は、エルフで解決しろ、俺を頼るな」

「・・・。わかりました」

コアは、引いたが、まだ”何か”を依頼したい雰囲気を持っている。
いくら頼まれても、他のエルフ族を助けたりしない。”勝手にしろ”と、いう感情しかない。不愉快な思いをしてまで助ける意味もない。俺のメリットも皆無だ。神殿で完結している俺が外に手を広げたのは、あまりにもこの世界の物流が弱いと感じたからだ。別に、救おうとか、なんとかしようとか、そんな気持ちはない。俺が広げた手で救える者たちが居たのが嬉しいだけだ。

それに、始まりは別にして、今回はリーゼの為だ。
もう少し考えれば、今、俺たちが受けているメリット交換機を確定させるためだ。コアマリアも何も言ってこなかった。情報収集のためにも、交換機は確保しておいたほうがいいだろう。

「ヤス?」

「どうした?」

「うん。明日には帰るのだよね?」

「そうだな。伸ばすか?」

「ううん。違う。わがままを言っていい?」

「全部を叶えるとは言えないけど、いいぞ」

「うん。僕、もう一度だけママに挨拶をして帰りたい。ダメ?」

マリアを見ると、嬉しそうにしている。
リーゼがコアの近くに着てくれるのが嬉しいのだろう。

「そうだな。挨拶は大事だな」

「うん!」

リーゼが俺に抱きついてくるので、しっかりと抱きしめて頭を撫でてやる。嬉しそうにしているリーゼは、そのままにして、マリアを見る。

「マリア」

「はい」

「リーゼの母親が眠る場所まで、馬車が通られる道を作れるか?」

「幅は?」

「すれ違える必要はない」

「可能です。まだ、力が溜まっていませんので、道を繋ぐだけです」

「マルスから、力を受け取れ、可能なのだろう?」

「よろしいのですか?」

「乗ってきたのが、FITだから、あまり道が悪いと、スタックする」

「スタック?」

「こっちの話だ。マルスからの協力があれば可能か?」

「はい。すでに、協力を取り付けて、作成に入りました。10分ほどお待ちください」

10分か・・・。

「リーゼ。FITで移動する」

「うん!」

話を聞いていたのか、すでにリーゼは歩き始めている。
FITが置かれている場所だ。

本当に、エルフは・・・。

『マルス』

『結界を解除しますか?』

『必要ない。俺と、リーゼを通してくれ』

『了』

結界が張られている位置は、見れば解る。
エルフの誰かが攻撃を行ったのだろう、火で攻撃を行ったのか、下草が燃えている。はっきりと解るくらいだから、高位のスキルを使ったのだろう。それでも、破られない結界もすごいが、それでも諦めない。彼らは、何を求めて、そこまで本気になっているのか、理解ができない。剣で切りつけたのだろうか、折れた剣が無造作に捨ててある。
今回は、マルスに捕えるように言っていないが、前回まで捕えて、首輪をされて、手枷をされて、足にも重りをつけられて、口枷をされて連れていかれた奴らを見ただろうに・・・。

里に商人が戻ってきたと言っていたので、戻ってきた商人と一緒に外に出ていたエルフか、商人の護衛がしでかしたのだろう。
見せしめは一度行えば十分だろう。これ以上は、意味がない。俺の負担が増えるだけで、旨味はない。エルフの奴隷を抱えても、俺は嬉しくない。それも、少しだけ頭のネジがぶっ飛んだ男の奴隷を増やしても、労働力にはならない。戦力としても、あまり期待ができない。

FITの周りに散らばる現実という名前の惨状をむなしく見ていると、リーゼが心配そうに俺の顔を覗き込んできた。

「ヤス」

これは、わかる。

「ダメだ」

「え?」

そんな顔をしても、運転は任せられない。
コアマリアが作った道なら素直にまっすぐになっている可能性が高いけど、マルスが手伝って・・・。主導した道なら、いやらしいカーブくらいは作っているだろう。速度が出すぎないようになるのはいいが、運転が難しいコースは俺しか楽しめない。
カートかモンキーが有れば、リーゼに運転させてもいいと思うが、FITはダメだ。帰りの足が無くなってしまう。

「運転したいのだろうけど、ダメだ」

「・・・。うぅぅぅ。わかった」

リーゼの頭を撫でてから、助手席に座らせる。

「マルス。道はどうだ?」

『準備ができています。舗装はできていません』

「わかった。ナビは可能か?」

『可能です。速度超過の懸念があるので、適度にコーナーを作ってあります』

「わかった」

FITに乗り込んで、結界の発動を弱める。

「ラフネス」

「はい」

「リーゼと、墓参りをしてから帰る。帰りは、ここに寄らない」

「わかりました。マリア様は?」

「ん?マリアは、ラフネスと一緒に居るのだろう?」

マリアを見ると頷いているので、この場所に残って、巫女としての仕事を行うようだ。
表向きとしては、状況が整理されたうえに、前よりは風通しがよくなった。愚か者は、まだ残っているようだが、淘汰される。と、思いたい。

ナビには、道が表示される。
到着予定は40分程度だ。

「ラフネス。マリア。俺たちは、神殿に帰る。後は、行商で来る者に任せる」

「わかりました。ありがとうございます」

ラフネスは、FITの周りを見て、まだ愚か者が居たことに気が付いたのだろう。俺が、言及しないことや、誰も捕えていないことから、見逃されたのだと考えたのだろう。
アリアは、ラフネスと残ると言っているが、コアの本体に近づけば話が通じる。実際に、向こうに到着したら話しかけてくるのだろう。

開発に関してや、時事ネタ。F1関連の戯言を呟いています。
小説アカウントでは、宣伝をメインに積読本や購入予定の書籍を呟いています。