【第五章 共和国】第二十三話 帰還

 

アルバンの宣言通りに、首を切り落とされたレッサーベヒーモスは、崩れ落ちる。

「兄ちゃん!」

アルが俺に向かって駆け寄ってくる。褒めて欲しいのだろう。

「よくやった」

「うん!」

「アル。使った剣を見せてみろ」

「え?剣?」

「あぁ無理していないか?」

アルバンは、素直に剣を俺に見せる。
俺も、剣の良し悪しはある程度は認識できる。簡単なメンテナンスはできる。アルバンの剣は、砥ぎが必要な状態に見える。本格的なチェックが必要な状況には見えないが、芯が歪んで居ると砥いだ時に解るらしい。

「アル。剣を砥ぐぞ。地上に戻ったら、剣のチェックをした方がいいかもしれないな」

「うん!」

簡単な砥ぎができるプログラム魔法は作成してある。まずは、地上までなら魔物も出てこないだろう。
倒れたレッサーベヒーモスが消えた場所に、報酬なのだろうドロップ品が置かれている。魔法的な罠ではない魔法陣が表示されている。多分、地上へ繋がる道なのだろう。
探索プログラム魔法では、最初から仕掛けられているトラップは見抜けるけど、ボスを倒した後に出現する魔法陣の探索は不可能だ。何か、方法があるかもしれないけど、検証をしながらプログラムを作る必要があるのは面倒だ。それに、必要になる場面が少なすぎる。

ダンジョンの攻略には、威力を発揮するけど、それだけのプログラムにどこまで注力するのか・・・。
要・検討だな。

「兄ちゃん?」

「おっ悪い。アルは、ドロップ品を集めてくれ」

「わかった」

俺が持っている袋に入れれば、持ち帰ることもできる。何があるのか解らないが・・・。

一つだけ、気になる物が存在していた。
流れ着いた物だろう。FX-870P。工業高校生には、VX-4と言った方がいいかもしれない。それも新品に近い物だ。中古なら、美品と書かれても不思議ではない。高校の時に触ったポケコンだ。

「アル!その、そう、それは、持ってきてくれ」

「わかった!」

検証は後だけど、動作の確認だけは行っておく、火が入るのは前提だけど、メモリが壊れていないか確認しておく。
CASLが使えるバージョンかぁ?C言語でも良かったけど、まぁ標準のBASICが動くから十分だろう。関数電卓としての機能も実装されている。おっ!後期型だ。関数電卓の機能追加が可能な奴だ。

アルバンの剣を砥いで置こう。
歪みは、大きくはない。レッサーベヒーモスは硬かったからな。本格的な修繕を行うには、道具も知識も技能も足りない。

ダンジョンの最下層であまりゆっくりしていると、ボスが復帰してしまう。
2-3時間なら大丈夫だろうけど、半日も過ぎたら復帰の可能性がある。

「兄ちゃん。集めたよ」

アルバンが、両手だけでは足りなかったのだろう。部屋の周りにも、宝箱が出現していた。罠が無いのは解っていたので、全部の宝箱の回収も命じた。影響は、他にもありそうだが、アルバンは往復をしてアイテムを集めた。

そうだよな。普通は、パーティーで挑戦するような場所を二人で”ふらっ”と来て攻略したのだから、荷物がいっぱいになってしまうのはしょうがない。アルバンに袋を投げる。内緒で作った物だ。利用設定を複数設定できるようにした物だ。

アルバンが、集めた物で、アルバンが欲しい物を先に選ばせる。残った物は、土産だ。必要ない物も多いが、どうせ、ウーレンフートから人が来るのなら、そいつらに渡して資金にしてしまえばいい。

2台あったVX-4は俺が貰う。

アルバンの剣の砥ぎも終わった。

「さて、帰るか!」

「うん!」

『マスター。少しだけお待ちください』

「ん?どうした?」

エイダが魔法陣に乗ろうとする俺とアルバンに声をかける。

『はい。コアが存在します』

「そりゃぁ存在するだろう?でも、破壊すると、このダンジョンは無くなってしまうよな?」

『はい。なので、ウーレンフートのダンジョンに統合しませんか?』

「統合?」

『任せてもらえますか?』

「解った。エイダに任せる」

『ありがとうございます』

どこにコアがあるのかと思えば、天井だったとは・・・。

それから、エイダはアルバンに指示を出した。アルバンが俺を見たので、エイダの指示に従うように頼む。

統合と言っていたから、エイダが吸収するのかと思ったら、アルバンにコアが着いた台座?を持たせて、天井から外させた。
そして、俺の前に置いた。

『マスター。コアに触ってください』

「触るだけでいいのか?」

『魔力を流し込んでください。あとは、処理します』

「わかった」

コアに触って、魔力を流す。
そうか、これで、コアと俺が繋がるのか?コアの情報が流れ込んでくる。情報が多い。本来なら、ウーレンフートの最下層を”こうやって”攻略しなければならなかったのだな。すべてが一つに繋がった。

これで、俺が持つ知識とコアが持つ力が融合した。
新しい力ではないが、ダンジョンの意味が解った。

俺が魔力を流し始めると、エイダがコアを触った。

エイダが何を始めたのかはっきりと解る。
ウーレンフートがホストになり、接続を行うのだ。

『マスター。暫定処置ですが、ウーレンフートに接続できました』

「わかった。端末は持ってきていない」

『大丈夫です。ウーレンフートの最下層なら移動ができます』

「ん?移動?転移か?」

『近いですが、違います。空間を繋ぎます。まずは、マスター、このダンジョンに階層を追加して、部屋を作ってください』

「わかった」

エイダの指示通りに階層を追加して、部屋を作る。ウーレンフートでも似たような事を行ったことがある。W-ZERO3がある。コアを経由して、ウーレンフートに接続して、リソースを振り分ける事で、足りないリソースを使いした。リソースを追加したら、今度はツールだけど、残念だけど、ツールは使えない。フルコマンドラインでの作業になる。それでなくても、素早い入力が難しいW-ZERO3での作業だが、なんとか増えたリソースを使って、階層に部屋を作った。

最下層に出ている、魔法陣の行く先を変更する。ここのボスも考えなければならないな。コアを持って部屋に移動する。ウーレンフートと同じような日本語を使ったクイズを設置しておく、これで大丈夫だとは思わないけど、緊急対応としては十分だろう。

部屋に移動してから、エイダの指示するように部屋を改修する。W-ZERO3でウーレンフートに再接続を行って、向こうの端末にログインする。6畳くらいの部屋を作る。作った部屋に扉を作る。扉同士を繋げば、いいだけだ。転移ではなく、空間を繋ぐと言った意味がよくわかる。

ゲートと呼べばいいのか?
なんとも楽な方法だ。しかし、これは問題がある。空間の接続を維持した状態では、リソースを喰いすぎる。また、接続時にはクライアント側からの接続が必要になる。

エイダと話をして、認証も組み込むことにした。
ウーレンフートが俺たちの本拠地だ。だから、このダンジョンの扉をホストにして、認証を組み込む。認証サーバは、ウーレンフートではなく、エイダが認証を行う機能を有する。これで、誰かが繋ごうとしても、エイダが認識して認証を止めることができる。地球に居た時なら、さしずめAI機能搭載の認証サーバだろう。こちらは本当に思考を行う認証サーバだ。完全ではないが、安全性が上がった。

扉を通って、ウーレンフートに移動して、端末をヒューマノイドたちに運ばせる。
維持に必要なリソースだけに絞る。このダンジョンにも、ヒューマノイドを常駐させよう。あとは、ボスの配置だけど、しばらくは空白にしておいて、リソースが溜まったら凶悪なボスを配置しよう。
あと、ボス部屋の前の湖の階層にも少しだけ手を入れて、湖に凶悪な”みじんこ”を配置しよう。身体の中に入って、身体を内部から溶かすような”みじんこ”だ。アメーバーでもいいけど・・・。まぁ後で考えよう。

新しい力を得た。
直接の力ではないが、俺たちの力には違いない。ダンジョン同士を繋げる方法も解ったから、他のダンジョンを積極的に攻略していこう。

「アル。お待たせ。本当に帰るぞ」

「うん!」

ウーレンフートから、攻略したダンジョンに戻って、設定を確認して、ヒューマノイドに指示を出してから、地上に戻った。

開発に関してや、時事ネタ。F1関連の戯言を呟いています。
小説アカウントでは、宣伝をメインに積読本や購入予定の書籍を呟いています。