【壊れたパソコン】第三話 荷物

 

 結局、変人のデスクで寝てしまった。
 始発の1時間前に起きられたのは僥倖だ。作成した部分をコミットして、ポータルに結果と注意事項を書いておく、休むと言っても、咎められないのは解っている。荷物を受け取りに行くだけだ。でも、部長からは休めと言われた。

「笹原さん。貴方が生きていたら、私がこんなに苦労をしなかったのですよ?」

 文句を言いたいのは、変人も同じだろう。理不尽に、無慈悲に殺された。通り魔は、翌日に捕まった。ただ、受験に失敗したという理由で勝手に絶望して、自殺が怖いという理由で、”死刑”になるために、人を殺した。誰でもよかった。殺せそうな人間を狙った。
 彼が証言した内容だ。裁判も傍聴した。結局、彼からは謝罪の言葉は聞けなかった。彼に殺されたのは、変人だけだ。変人が、刺されながらも、彼を殴り飛ばした。そして、彼が持っていたナイフを刺されながらも離さなかった。そのために、彼は逃げ出した。変人が、他の人の命を救った。

 変人が、あの日にあの場所を歩いていた理由は解らなかった。変人には似合わない。場所だ。変人は、始業時間の前に、銀座に行っていたのか?結局、この謎だけは解っていない。銀座に行かなければ、通り魔にも会わなかった。

 約束していた時間に、到着した。

 言われた通りに、受付で事情を説明した。
 10分ほど待たされたが、あの日に私を案内してくれた警官が姿を表す。

「田村美穂さん」

「お久しぶりです」

「そうですね。遺品の受け渡しですが、すぐに受け取りになりますか?」

「はい。お願いします」

「わかりました、ついてきてください」

 地下ではなく、3階に連れていかれる。
 遺品は、証拠品として調べられた。その過程で、変人には家族がいない事がわかって、警察から会社に連絡があり、仕事の資料もあったことから、受け取りを頼まれたのだ。どうやら、変人の荷物の中に私宛の便箋があったことが、警察から連絡があった理由だ。

「便箋は、封がされていませんでした。失礼とは思いましたが、中身を確認させていただきました」

「はい。仕事の話だと思いますので・・・。サインは、これで大丈夫ですか?」

 遺品の受け取りの説明を聞いて、書類にサインをする。
 警察が補完していた証拠品を一つ一つ確認していく、変人が当日に何を持っていたのか解らない。解らないけど、いつもの荷物と同じだ。違うのは、便箋があることだけだ。
 便箋の中身は、手紙とUSBメモリーが一つだ。

「あの・・・。USBメモリーですが、故障していると書かれていますが・・・」

「それは、複製の作成も不可能でした。中身の確認もできませんでした。なんらかの仕組みが組み込まれているとは思いますが、事件性はないと判断しました」

「そうなのですか・・・」

「落とされた時に壊れたのかもしれません」

「わかりました。ありがとうございます」

 変人が最後に着ていた服も証拠品となっていた。ナイフで刺された場所や、犯人を殴った時に着いた血痕がある。この血痕のDNAが逮捕した犯人のDNAと一致して逮捕の決め手となった。

 証拠品を受け取って、警官が荷物を入れた段ボールをもってくれる。
 タクシーを呼んでくれることになった。このまま持っていくには、さすがに量が多い。

「田村さん。笹原さんは、会社ではどんな人だったのですか?」

 タクシーを待つ間の雑談だった。
 でも、警官は、変人の私が知らない変人の生活を教えてくれた。

 タクシーが来て、荷物を載せてくれる。

 扉がしまって、窓を開けて最後のお礼を伝えようとした。

「田村さん。余計なお世話かもしれませんが、笹原さんのお財布の中を確認してみてくださいね。慰めにはならないとは・・・。でも、笹原さんが銀座で何をしていたのかわかると思いますよ」

「え?」

 タクシーが走り出して、警官に言葉の真意を聞けなかった。