【第六章 ギルド】第二十三話 奴隷商

 

ローザスの目的は解らないが、確かに眷属は、”いい意味”で俺に従順だ。ロルフは違うが、ロルフはマヤに甘いだろう。
ブロッホは、苦言も呈してくれるが、俺以外への感心は薄い。眷属は、守るべき者たちだと認識しているが、他の”人”は、認識しているか怪しい。

いろいろな意味で、確かに、”人”が必要になってくる。
神殿に繋がる場所だと考えると、裏切る可能性がない者でないとダメだ。ブロッホでもいいが、ブロッホには神殿で、眷属のまとめ役を頼みたい。今後、眷属が増えるか解らないが、指示系統を考えると、移動速度と強さを兼ねたブロッホしかいない。他の者では、同種の統括にも影響が出てしまう可能性がある。

「リン君」

「ん?」

「君に、人材を紹介したい」

「人材?」

ローザスの笑顔が胡散臭い。
ハーコムレイは、いつもと変わらない。イリメリは、どこか諦めたような表情をしている。タシアナとルナがローザスを睨んでいる。機嫌が悪いようだけど、俺が原因ではなさそうだ。

「僕の・・・。正確には、ニノサと一緒に居た人間が、行っている商会だが、君にぴったりな人材が居る」

「ん?それなら、ギルドで雇えば?俺に、人なんて必要か?」

必要なのは解っているが、ローザスやハーコムレイとの距離を考えると、紹介される人物をそのまま信じることができない。人材は、喉から手が出るほど欲しいけど、紐付きでは”人材”とは言えない。
特に、俺のステータスを含めて、知られたくない事が多い。眷属の情報は、どこかで開示する必要はあるだろうけど、隠し通せるのなら、隠しておきたい。アドラが言っている”影響力”を考えれば、どこかで、戦闘は避けられない状況になるだろう。その時に・・・。

「そうよ!殿下。ギルドで、雇って・・・」「ルナ。俺も、その方法を考えた、でも、説明しただろう。リン=フリークスの特異性を考えれば、それでは弱い」

「ルアリーナ君。話しただろう?リン君は、僕たちを信頼していない。でも、リン君には人材は必要だ。そして、リン君をけして裏切らない人材が必要だと・・・」

ん?ルナが抵抗している?
確かに、ギルドからの人材では安心できない。でも、屋敷の管理をさせて、神殿への入口を管理させるくらいなら、大きな問題にはならない。

どうせ、中に入ってきても・・・。
そうか、ローザスやハーコムレイだけではなく、ギルドのメンバーにも神殿の出入口の説明をしていなかった。

「リン君。申し訳ない」

「いや、大丈夫だ。それで、人材は?」

「これから、行こう」

「これから?」

「そうだ。君に紹介したい会頭は、アッシュ=グローズ。奴隷商だ」

「奴隷?」

「そうだ。君には、ぴったりだろう?それに、君なら奴隷でも大事にするだろう?」

「奴隷を持ったことがないから解らない」

「その回答で十分だよ。それで、どうする?」

奴隷か・・・。
考えていなかったが、”有り”だな。

「わかった。でも、俺には」「資金なら大丈夫。僕たちが用意する」

「え?」

「リン=フリークス。いろいろな物への支払いが終わっていない。それだけではなく、ニノサが保留していた資金もある」

「はぁ」

まぁ気にしてもしょうがない。
ここは、ローザスとハーコムレイに頼ることにしよう。

「わかった。そのアッシュ=グローズの奴隷商に行けばいいのか?」

「今日、リン=フリークスが来ているとは知らなかったから、アッシュにはまだ連絡を入れていない。すぐに連絡を入れる。問題がなければ、このあと移動したいが大丈夫か?」

「あぁ。ミルとミアは、ギルドに居てもらおうかと思うが、大丈夫か?」

ギルドのメンバーがミルには説明をすると言ってくれた。すぐには戻ってこないが、戻ってくると解っていれば、待っていてくれる。

アッシュの奴隷商には、ハーコムレイの護衛が、先ぶれに出ている。

戻って来るまで、ローザスやハーコムレイから奴隷に関する基礎知識を叩きこまれた。
ギルドのメンバーは、話が終わったとばかりに、自分の用事を済ませて、俺が奴隷商から戻ってきてから、メロナに移動することにしたようだ。

待つこと、30分くらいか?
戻ってきた護衛から、アッシュは奴隷商に居て、すぐに要望の奴隷を用意すると言っているようだ。

”要望?”俺は、要望もなにも伝えていないのだが、ローザスが伝えていたようだ。

もしかして、最初から仕組まれていたのか?
そして、屋敷の話も嘘とは言わないが、ギルドとの関係を考えて、後付けの理由なのではないか?

まぁ考えても、答えが出てこないだろうし、誰も教えてくれるような事でもないだろう。
俺に、不都合があるわけでもないし、気にしないことにしておこう。

奴隷商には、ギルドから馬車で10分くらいだ。
店構えを見れば、俺なんかが入るような場所ではないのがよくわかる。

店の前では、紳士が一人で待っていた。年は、ニノサと同じくらいか?

「リン様」

「え?」

「サビナーニ様に、お世話になっておりました。アッシュ=グローズと言います。是非、アッシュとお呼びください。良かったです。ニノサに似ていなくて・・・」

あぁこの人も、ニノサに迷惑をかけられた人だな。

「わかった。アッシュさん」

アッシュ=グローズの案内で店の中に入っていく、奥まった部屋に案内された。

「リン様。サビナーニ様・・・。サビニ様でしたね。サビニ様のお話をお聞きしたいのですが、それは、別の機会にしましょう」

サビニの話は聞きたいのだな。

「わかった。ギルドに話を通して貰えれば、俺の居場所は解るようにしておく」

「そうでした。ローザス様。ハーコムレイ様。予定通りで大丈夫でしょうか?」

ん?
あぁ何かしらの約束事があるということだな。

二人が、頷いている。

「わかりました。それでは、我が奴隷商が、リン様におすすめする奴隷をご紹介します」

「あぁ」

ローザスとハーコムレイは、部屋から出ていく。ギルドに戻って、準備を行うようだ。
奴隷を購入する資金は、ミヤナック家が建て替えるから、必要な奴隷を揃えるように言ってから、ギルドに戻っていった。

アッシュは、ローザスとハーコムレイの見送りをしてから、俺に奴隷に関しての説明を始めた。
ローザスとハーコムレイから聞いていたが、もう一度アッシュからも説明を受けた。内容は、同じだったが、奴隷契約に関しては、より詳しく教えてもらえた。奴隷契約は、スキルで縛る方法と、首輪などの装具で行う方法があり、今回はスキルでの契約を進められた。金額も高くなるが、機密を守るためには、スキルの方が良いと言われた。
装具での奴隷契約は、簡単に言えば首輪で、命令に逆らった場合に、首が絞まるようになっていて、契約者(俺)が死ぬと首輪がしまって、奴隷も死ぬことになる。従って、主人の命を狙うのを躊躇させる物だ。しかし、秘密が多い場合などは、秘密の漏洩が可能なので、勧められない。

話を聞いた限りでは、スキルでの契約がいいだろう。
それでも、抜け道はいろいろあるので、最終的には人間関係で秘密の漏洩を防ぐ必要があるのだと、言われた。

人間関係が大事。
俺が苦手とする所だ。俺にできるだろうか?

「リン様」

「ん?」

「難しく考える必要はありません」

「え?」

「リン様は、まだパシリカを受けたばかりです」

「そうだが、奴隷の主になるのなら」

「ダメです」

「え?」

「奴隷の主は、”これが正しい”とか考えては、奴隷も主も幸せになれません」

「どういうこと?」

「はい。主と奴隷との関係は、違って当たり前です。それこそ、家族でも考え方が違うように、奴隷との接し方は、違うのです。ですので、リン様は、奴隷との接し方で悩まれる必要はないのです」

「しかし、それでは、”いい関係”が築けないのでは?」

「その考えは、間違っていませんが、正しくもありません。リン様と奴隷の関係は、リン様と奴隷にしか解らないのです。今、お悩みになっても、結局は、その時になってみないと解らない」

「それは、そうだろう・・・」

「まずは、私どもがお勧めいたします。人物を見てから判断してください。リン様との相性もあります。必ずしも、素晴らしいスキルと経験がある者が、リン様にとって”良い”人材である保証はありません」

アッシュの話を聞いて、納得したわけではないが、理解はできた。
確かに、考えても仕方がない事なのだろう。

ダメならメロナの屋敷だから、ダメなら最悪は放置でもいいのかもしれない。

 

開発に関してや、時事ネタ。F1関連の戯言を呟いています。
小説アカウントでは、宣伝をメインに積読本や購入予定の書籍を呟いています。