【第一章 スライム生活】第九話 練習

 

 僕が得たスキルは、ギルドで検索を行っても”未知”のスキルのようだ。
 やはり、僕だけの素晴らしいスキルなのだ。

 当然だ。魔物スライムにしてしまうという凶悪なスキルだ。もしかしたら、ギルドは、この偉大なスキル”魔物化”を知っていて、Aランクという規格外のスキルを隠しているのかもしれない。
 そうなると、僕もスキルを隠したほうがいいだろう。

 スキルを隠すようなスキルを取得すればいい。
 なんだ、簡単なことだ。

 僕には、魔物を作り出せる能力がある。
 スライムを作って、殺せばいい。

 どうする?
 誰にも見られないほうがいいだろう。国家権力に狙われる可能性だってある。僕の偉大さが世間に知られるのは当然な流れだけど、まだ早い。大々的に発表をしないと、偉大な僕にはふさわしくはない。

 そうだ、小学校とか中学校なら、虫の一匹や二匹はすぐに見つかるだろう。小学校は監視カメラが備え付けられていると言われているけど、中学校なら大丈夫なはずだ。

 よし、中学校に行こう。

 最小の力で、魔物化を発動しよう。
 魔物なら、スキルを得られる。最弱のスライムでも問題はない。

 さすがは、僕だ。
 中学校で正解だ。セミやアリが大量だ。

 まずは、セミを魔物スライム化しよう。ギルドの情報では、木の棒でも大丈夫だと書いてあった。ナイフでもいいとは思ったが、ショッピングセンターでハンマーを買ってきた。力も入る。武器としては、格好は良くないけど、スライムを倒すのには丁度いい。
 天才の僕は、魔物によって最適な武器を選択することができる。

 だから、スライムにはハンマーだ。大きいものは、目立ってしまって、国家権力が僕を見出して、国会機構に組み込むだろう。優秀な僕だから、間違いではないが、僕は、そんな小さなことをやりたいわけではない。偉大な僕は、皆を導く使命がある。その時まで、見つかるわけにはいかないのだ。だから、大きいハンマーではなく手頃なハンマーを購入した。

 セミを魔物スライム化する。
 力の加減が難しい。でも、天才な僕ならすぐにマスターする。

 ほら、うまく出来た。気絶しないで、魔物スライム化できた。
 木に止まっていたセミが、スライムになって地面に落ちる。

 それだけで死んでしまった。

 ん?なんだこれは?
 スライムセミが死んだ場所に光る石が残った。ハンマーを振り下ろすと、砕ける。

 スマホで検索する。
 ”魔石”と呼ばれている。そうか、”魔石”だったのだな。魔石の利用方法は、まだ見つかっていないようだ。ただ、魔物が魔石を食べる吸収すると、強化されるようだ。見つけたら、その場で壊しておくほうがいいようだ。別に、魔物が吸収しても、僕なら勝てるし、倒せる。でも、リスクは少なくしておいたほうがいい。


 彼は、スキルの練習と、スキルを得るために、黙々と昆虫を魔物にして虐殺している。
 ギルドを調べれば、”スライムからスキルを得られたことがない”と、いう情報に触れられるのだが、彼は、”魔物を倒せばスキルが得られる”と、いう情報だけを信じている。情報を自分に都合が良いように解釈して、それ以上は新たな情報に触れようとしない。

 スライムはたしかに最弱な魔物だ。彼が、スキルで作り出している魔物は、彼との繋がりを求めて、途切れされて、感情が彼らと同一の魔物に流れていく、彼が使っているハンマーにも、そんな魔物たちの断末魔が、感情の断片がこびりついていく。
 魔物や魔物に関する事柄は、全てが解明されているわけではない。世界規模で手探り状態なのだ。
 皆が、情報を共有し、情報を求めて、そして、新たな発見の為に、最前線に向かっている。新しい、魔物。新しいスキル。そして、未知との遭遇を望んでいる。
 彼は、既知の情報を自分なりに解釈して、全てを知った気持ちになっている。愚かな行為だと、誰からも指摘されずに、虐殺を繰り返している。

 20匹の昆虫を、スライム化してハンマーで殺した時に、ハンマーが微かに光った。

 彼は、そんな些細な変化には気が付かない。
 気が付かないままに、次の虐殺を始める。昆虫たちは、スライムになって自我がはっきりとする。言葉の理解が出来るわけではないが、感情がはっきりと認識できる。
 彼は、虐殺を辞めない。次々に、昆虫たちを殺していく、ハンマーでの叩き方を変えて、外側から死なないように痛めつけてから殺す場合もあった。
 殺される昆虫たちは、彼に憎しみを向ける。スライムになったことに怒りはない。感謝する昆虫も存在する。しかし、彼は昆虫たちをただ殺すためだけのためにスライムにしている。感謝の感情が、受け取ってもらえないばかりか、すぐに殺されそうになる。逃げるにも逃げられない。昆虫の時には可能だった動きが出来ない。そして、彼が振り下ろすハンマーに叩かれてしまう。感謝の感情が、怒りに支配される。

 スライム昆虫の残滓がこびりついたハンマーは、意味もなく殺されたスライム昆虫の無念を、恐怖を、怒りを、自分たちと同じ状況になった仲間に伝える。そして、破壊されるはずの、魔石を吸収して、仲間に託す。ハンマーが、付喪神のように意思を持った存在に変わり始めているとは、彼は知らない。今後も彼は気が付かないだろう。
 無残に殺された仲間たちの感情と共に、彼への憎悪が仲間に届けられる。

 彼が、この短時間になし得たものは、彼に向かう憎悪が増えたことと、仲間への力の譲渡が行われたことだ。
 彼に殺されたスライムたちは、仲間の魔石を仲間に届けようとした。そして、思いを通して、仲間に魔石を届けることに成功する。静かに行われた、この世界で初めてのことは、彼が成し得たことでは、最大の功績だろう。
 ただ、それは彼にとってプラスなのか、マイナスなのか、そして、人類にとっては・・・。まだわからない。

 おかしい。
 100匹近く、スライム昆虫を殺しているのに、スキルが得られない。
 さっきから、ハンマーが重く感じる。

 スマホを確認すると、4時間くらいやっている。
 しまった。早く帰らないと、ママに殴られる。

 スキルは、後で確認すればいい。多分、僕が偉大すぎて、スキルを得るための経験値が必要なのだろう。
 掲示板でも、スキルを得る条件はわかっていないと書かれていた。

 家に変えると、ママはいなかった。
 リビングのテーブルにメモが残されていた。”勉強をしなさい”と、何かの会合があるとだけ書かれていた。食事は、どうせレトルトか冷凍食品だ。僕にも用意が出来る。
 動いていたから疲れた。
 ご飯を食べて、寝よう。

 家にあるパソコンは、ママがロックして使えない。
 でも、僕にはスマホがある。今日から、動画も見られるし、調べ物も困らない。宿題も、大丈夫だ。

 そうだ、今日は塾がある日だ。
 眠いけど、塾には行かないと、ママに殴られる。塾から、ママに連絡が行ってしまう。

 スマホのタイマーをセットして、仮眠をしよう。
 ママがテーブルに置いていった500円を使って、コンビニでおにぎりでも買って食べれば、塾の間くらいは大丈夫だ。天才の僕には、塾は必要ないけど、塾でしか学べないこともある。それに、塾にはアイツらがいない。優秀な僕を羨む者はいるけど、バカにする奴らは存在しない。

 塾の時間は、すぐに過ぎてしまった。

 家に帰るがママは居なかった。
 会合と言っていたが、奴の所に行ったのだろう。

 全ての始まりは、奴だ。僕に暴力を奮った。僕が、ママに言っても、ママは奴の味方だ。
 ヘラヘラ笑うだけで、中身がまるで成熟していない。要領がよくて、学校の勉強だけは出来た。東京の大学に進んだ。僕なら余裕で入られる学校に、ギリギリの合格だ。ママも、パパも、喜んだ。

 奴のせいだ。
 全部、奴のせいだ。奴が居なかったら!!

 そうだ、ママは奴を連れて帰ると言っていた。
 ママと奴を一緒に魔物スライム化しよう。ママも、奴も、僕には必要ない。奴と、ママを、かばうのなら、パパもいらない。