【第二章 王都脱出】第十四話 おっさん話を聞く

 

 おっまーさんは、いつの間にかソファーで寝てしまっていた。
 ドアを叩く音ノックで起こされた。

「まーさん。食事の準備が出来たみたいだよ」

 カリン糸野夕花が、まーさんを呼びにきた。

「わかった。食堂に向かう」

「うん。イーリスとロッセルが、”一緒に食事をしたい”と言っていたよ」

「わかった」

 まーさんは、伸びをして固まった筋肉を解した。そんな動作で、まーさんは身体が若返ったことが確認できた。
 寝る前に見ていた、スマホの電源を落とした。ソーラーパネルがあるといっても、バッテリーを休ませておく必要を感じたからだ。そして、スマホを知らない人に、見られた時に電源が入っていなければ、ごまかせると考えている。

 ドアを開けると、足下にバステト大川大地がちょこんと座っていた。
 カリンと一緒にまーさんを起こしに来ていたのだ。

「バステトさん。ありがとう」

”にゃぁ~”

 カリンには見せない、甘えた表情と声でまーさんの足にじゃれる。カリンが、バステトさんを見つめながら、何かを呟いているが、まーさんは気にしないことに決めたようだ。やはり、バステトさんが信頼しているのは、まーさんなので、カリンの所で寝ていたとしても、帰る場所はまーさんの所だと言うことだ。

「どうした?」

「なんでもない。まーさん?」

「食事の時に、話ができればと思っているのだけど、ロッセルも居るのなら、今後の話をしておいたほうがいいだろう?」

「うん。私も、決めたよ」

「そうか・・・」

 真面目な表情を向けるカリンを見つめて、まーさんは”そうか”とだけ返事をした。カリンの覚悟を笑うつもりも、否定するつもりもまーさんには無い。ただ、カリンの選択を尊重すると決めているだけだ。

 まーさんとカリンが食堂に向っている。
 その食堂では、イーリスとロッセルが深刻な表情で、一枚の羊皮紙を見ていた。ロッセルがまーさんに報告したい事の一つだ。

 イーリスとロッセルは、まーさんとカリンが食堂に入ってきたのも気がつかずに、羊皮紙をテーブルの真ん中に置いて深刻そうな表情をしている。

 開け広げられているドアを、まーさんがノックすると、二人が慌てて立ち上がった。

「まーさん殿。カリン殿」

「ロッセル。いい加減に、殿を外せ。ロッセルさん殿と呼んでいるのだぞ?」

「はぁ・・・。解っているのですが・・・」

 まーさんとロッセルのいつもお約束の挨拶が終わって、ロッセルがイーリスの横に移動する。ロッセルが座っていた場所に、まーさんが座って、まーさんの横にカリンが座る。バステトは、カリンの膝の上に飛び乗って、テーブルに頭だけ出す格好になっている。

「まずは食事にしよう。それから、何が有ったのか話をしてくれるのだろう?」

 イーリスとロッセルは頷いた。
 厨房に合図を送ると、食事が運ばれてくる。

 いつもなら率先して、話題をふるイーリスが黙ってしまっていることで、食事は静かに進んだ。バステトも、床に置かれた自分の食事を黙って食べている。

 食後の飲み物がテーブルに運ばれてきた。

「さて、イーリス。何があった?」

 脇においてあった羊皮紙を、ロッセルがまーさんに渡した。

「ほぉ・・・」

 まーさんは、羊皮紙を一読してから、カリンに渡した。

「え?」

 カリンは、まーさんから羊皮紙を受け取ってから、文章を目で追っていくうちに表情が険しくなる。
 読み終わって、羊皮紙をテーブルの中央に置いた。バステトに触らせないように配慮したのだ。

「イーリス。これは、正式な文章なのか?」

「はい。押印もされていますし、魔法印もあります。国からの正式な文章です」

「そうか・・・。拒否は?」

「え?」

 イーリスは、まーさんが言っている”拒否”を考えたことがない。

「イーリス。この文章では、従わなかった時の罰則は無いし、実行するための期間が書かれていない。それだけではなく、結果が伴っていれば問題が無いように読める」

「??」

「あっ!」

 カリンは、頭が柔軟なのか、それとも異世界の知識からなのか、まーさんが言っている内容で、羊皮紙にかかれている命令を回避する方法に思い至った。

「どうしました?カリン様」

 イーリスは、まーさんは教えてはくれないだろうと思って、なにかに気がついた、カリンに質問をした。
 カリンは少しだけ困った表情を見せたが、まーさんが頷いたので、自分の考えを話し始める。

 羊皮紙は、領地を持つ貴族に向けた命令書になっていた。
 宰相であるブーリエが署名している。体格と同じで、修飾が多い文章だが、要約すれば・・・。


 5名の勇者が召喚された。
 勇者の助力を得て、帝国は飛躍する。そのために臣民からの支援が必要だ。勇者をもり立てるために、勇者税を設立する。

「イーリス。ブーリエから来ているのはこれだけ?他の貴族にも、この指示書だけ?」

「えぇ」

「それなら、臣民と書いているけど、領主が税を集めて持ってくればいいのよね?」

「・・・」

「だったら、領主が払ってもいいわけでしょ?それに、一人あたり、1口とか書いてあるのは、誰か同級生の入れ知恵だろうけど・・・」

 カリンは、まーさんを見る。

「そうだな。甘いな。俺なら、1口の金額を抑えて、1人ではなく家族で支払わせる。それを、領主ではなく、もっと小集団の・・・。そうだな”村長”あたりにまとめさせる」

「え?」

「それで、村長や領主に、1口辺り1割り程度の手数料を貰えるようにするかな。計算が面倒になるように、1割3分とかでもいいな」

「・・・」「・・・」

 やっと、まーさんが言っている意味が理解できたイーリスとロッセルは黙ってしまった。

「でも、まーさん。税収が減っちゃうよ?」

「ん?あぁそうだけど、共犯ができるだろう?こんな税を集めて、たみが黙っていると思うか?」

「え?」

「暴動が起こるとは思えないけど、不満は貯まるよな?」

「うん」

「その時に、集めたのが、”勇者のため”であり、村長や領主だってことになれば、貴族や王家に向く恨みつらみは少なくなる可能性が有るだろう?」

「あ・・・」

「矛先は、勇者と身近な村長と領主に向くだろう。村のことを考えない村長なら、手数料が入ると思って、無理な取り立てをするかもしれないだろう?」

「・・・」「・・・」「・・・」

”にゃ!”

 まーさんの話を聞いて、イーリスとロッセルは苦虫をまとめて噛み砕いた様な表情をしている。簡単に想像できてしまうのだ、その後で、村や街に自分たちの都合がいい人物を送り込む事も出来てしまう。

「話がそれたが、カリンが言っているように、貴族がまとめるのなら、いくらでもやりようがあるだろう。どうせ、領民の数なんて、勇者はもちろん偉大な宰相であるブーリエ閣下も把握していないだろう?」

 イーリスは、詳しくわからないので、ロッセルを見る。ロッセルは、頷いているので、まーさんの指摘が正しいのだろう。

「でも、まーさん殿。あまりにも少ないと問題が出ると思います」

「その辺りは、貴族家の当主が考える事だろう?」

「そうですが・・・」

 ロッセルが言い淀んだのを感じて、まーさんは息を吐き出してから、ロッセルの方に羊皮紙を指で弾く。

「ロッセル。誰に相談されたのか聞かないけど、もう少しうまく誘導しないと、足元をすくわれるぞ?」

「え?」

 領主でもない、イーリスやロッセルが、”正式”な指示書を持っているのに違和感を覚えたまーさんは、ロッセルかイーリスのどちらかが、親しい貴族から相談されたのだと思ったのだ。

「まぁいい。この税の危なさを感じている貴族が居るのなら、まだ帝国は持つかもしれないな・・・。そうだな。派閥の垣根があるかもしれないが、問題意識を持つ貴族家で結託して、過少申告すればいい。この税の問題は、国が勝手に始めたことで、国民に負担を強いることだ」

 まーさんは、二人の表情を見るが、よく解っていないようだ。

「俺は、勇者や貴族が悪く思われようが、どこかで革命の狼煙が上がろうが一向にかまわないが、俺たちが巻き込まれるような状況にはなって欲しくない」

 今度は、カリンとバステトを見る。1人と一匹もよく解っていないようだが、イーリスとロッセルよりは危機感を持っている様に感じられた。

「まーさん殿。今のお話ですと、辺境伯の派閥と他の派閥の対立が強くなるだけでは?」

「それでいいと思うぞ?色がはっきりする。それに、辺境伯の派閥と王家の関係は修復が可能なのか?」

「・・・。無理です」

「それなら、気にする必要はないと思うぞ?」

 まーさんの話は、割り切った話だ。
 二人には、そこまで割り切ることは出来ない。相談を持ちかけてきた貴族たちも同じ思いだろう。

 安穏とした生活の終わりが近づいてきていると、まーさんだけが感じている。