【第二章 王都脱出】第六話 おっさんいろいろ作る

 

 辺境伯との話を終えたまーさんは、マスターの店で食事をしながら、アルコールを摂取してから、イーリスの屋敷に帰った。
 門番に、付け届けをしてから、屋敷に入る。まーさんの部屋は、奥なのだが、イーリスたちにお願いして、まーさんが寝るだけの部屋を、玄関の近くに作ってもらった。遅くに帰ってきたときには、部屋には向かわずに、寝るだけの部屋に入る。

「おっバステトさん。今日は、カリンの相手をしていなくて大丈夫なのですか?」

 まーさんが部屋に入ると、ベッドの上で猫が丸くなって寝ていた。まーさんが帰ってきたのに気がついて、身体を起こして”にゃ”とだけ鳴いて、また丸くなった。

「ふぅ・・・。結局、俺は俺だな」

 まーさんは、”自分が何もできない”と考えている。”誰も救えていない”と信じている。
 カリンが聞けば、”違う”と反論するだろう。まーさんの旧友悪友たちも同じだ。だが、まーさんは自分を認めていない。今も、結局は”日本に居たとき”の知識を使っているだけで、自分でなくても誰でもできると思っている。

”にゃ”

「バステトさん?あぁ朝ですか?」

”にゃぁぁ”

「ありがとうございます。カリンは起きていますか?」

”にゃ!”

 不思議と会話が成り立っている。
 まーさんは、ベッドから飛び降りるバステトのあとをついていった。行き着いたのは、食堂だ。

「あ!まーさん。おはよう。今日は、早いね。なんか、大量に、食材が届いているらしいけど・・・」

「おはよう。カリンに頼みたいことが有るのですが、今日の予定は?」

「イーリスとの勉強会くらいだよ?」

「そうか、手伝って欲しい事が会ったのだけど・・・」

「いいよ。イーリスには、伝えておくよ」

「あっいや、イーリスにも手伝ってもらいたい」

「わかった。伝えておくよ」

”にゃぁ”

 バステトが、まーさんの肩から飛び降りて、カリンが座っている椅子に爪を立てる。

「はい。はい。バステトさんも一緒に行きましょう」

”にゃ!”

 カリンは、バステトを抱えあげて自分の膝に座らせる。朝食を食べ終えてから、果実水を飲み干して立ち上がった。

「まーさん。どこに行けばいい?」

「あぁまずは、説明をするから、食堂ここで待っているよ」

「わかった」

 まーさんは、食堂でカリンが戻ってくるのを待つことにした。
 持っていた、紙に走り書きをしながら、メイドが持ってきた果実水で喉を潤していた。

「まーさん!」

 カリンが、イーリスを連れて戻ってきた。

「イーリス。カリン。悪いな。手伝って欲しい事がある」

「うん」「はい。何なりと、人手が必要なら、屋敷の者に手伝わせます」

「そうだな。まずは、話を聞いてくれ」

 まーさんは、辺境伯とした話を、かなり端折って説明した。

「それで、何をしたらいいの?」

 カリンの疑問は当然だ。

「あぁカリンは、料理はできるよね。ポテチの材料は知っているよね?」

「え?簡単な物なら・・・・。ポテチ?じゃがいもですよね?え?」

「よかった。実は・・・」

 まーさんは、勇者たちが我儘を言い始めていると聞いた話を、カリンに聞かせた。

「・・・」

「まー様。カリン様。それで、勇者様たちが欲している物は、作れるのですか?」

「あぁ”ポテチ”は簡単につくれる。他は、なんとかなる物もある」

「そうなのですか!」

 イーリスは純粋に喜んでいるが、カリンは複雑な表情を浮かべている。

「まーさん・・・」

 カリンが心配しているのは、まーさんが”ポテチ”を作ったと説明したことだ。彼らが、よほどのバカで無い限り、”ポテチ”を作ったのは、カリンだと考えるのではないかと思ったのだ。ただ、作ったのが知られるだけなら問題はないが、そこから居場所を特定されたり、王宮に連れ戻されたり、面倒を通り越して身の危険を感じるレベルになってしまう。

「大丈夫だ。辺境伯とも、話をしている」

「・・・。わかりました。あ!それで、食材が大量を買い付けたのですね!」

「それもある。醤油と味噌がないから、日本料理の再現は難しいと思う。テリヤキチキンとか食べたかったけど、味醂も無いからな・・・」

「そうですね」

「大豆に似た豆は見つけているから、作ってみるのもいいかもしれないけどな」

「あの・・・。まー様。カリン様。”しょうゆ”というのは、赤黒くてしょっぱい調味料ですか?」

「!!」「え?!」

「”ぎょしょう”と似ていますよね?」

「それだ!あるのか?」

「ありますが、王都では難しいと思います。ラインリッヒ辺境伯様の領なら少量ですが、入手は可能だと思います」

「ん?なぜ?」

「一部のドワーフ族とエルフ族が作っているのですが、数も少ないですし、その・・・、人族以外を・・・・」

「あぁそういうことか・・・」

「はい。他にも、”みそ”や”みりん”や”にほんしゅ”や”す”も、ドワーフ族とエルフ族からなら手に入ります」

「え?味醂や日本酒があるの?それなら、米があると思うけど・・・。辺境伯は、米を知らないと言っていた」

「え?”こめ”ですか?聞いたことがありません」

「え?日本酒の材料なのだけど?」

「”にほんしゅ”は、”イネ”という植物が原料ですが?」

「・・・。イーリス。”イネ”を大量に仕入れることはできるか?」

「可能ですが・・・」

「高いのか?」

「いえ、麦よりも安いと思いますが、食べるのですか?家畜の餌ですよ?このあたりでは、家畜も食べないので、ほとんど流通していません。ラインリッヒ領なら買い付けられると思います」

「頼む。ひとまず、60キロ・・・。買い付けてくれ」

「はぁ・・・。まー様からのご要望だと連絡してもよいですか?」

「大丈夫だ。それなら、醤油と味噌と味醂と日本酒と酢も買えるだけ頼んでくれ」

「わかりました」

 カリンも嬉しそうにしている。

「さて、日本料理の再現は、調味料が揃ってからやるとして、まずはカリンにはレシピを書き出して欲しい。再現して、イーリスが知らなければ、レシピを登録していく」

「はい!」「わかりました」

「まーさんは?」

「異世界物で定番のおもちゃを再現する。リバーシや将棋や囲碁や麻雀は鉄板だろう。それ以外にも、花札やバックギャモンやチェスやモノポリー。あとは、トランプだな。思い出せるボードゲームは全部作ってみようと思う。それと、ジェンガは大丈夫だと思うから、作ってみようと思っている」

「それなら、私は、トランプで遊びを思いつくだけ書き出しますね」

「あっカリン。そう言えば、彼らはスマホを持っていないのか?」

「え?」

「電波が入らなくても、ゲームの1つや2つは入っているだろう?」

「あっ・・・。荷物・・・!!奴らは、スマホは持っていないと思う」

「そうなのか?」

「はい。私に、荷物をもたせていて、あのとき、私は・・・」

 カリンは、魔法陣が出現したときのことを思い出す。
 誰が中心だったのかは思い出せないが、彼らはバステト(当時は、大川大地)を虐めていた。カリンは、バステトを助けようと荷物を置いて駆け寄った。そのときに、召喚の魔法陣が出現したのだ。
 荷物は、魔法陣からかなり離れた場所に置いてあったために、こちらには転移してきていない。カリンの荷物は、自分で背負っていたので一緒に転移してきている。

「そうか・・・」

「あっまーさん。そうだ、料理だけど、レシピは分量まで書きますか?」

「うーん。必要ないかな。作った実物を持っていけばいいのだよな?」

 イーリスを見ると、イーリスが少しだけ訂正した。
 現物を持っていくのは当然だとして、書かれたレシピを持っていったほうが良いということだ。

 辺境伯が言った話が間違えていると指摘された。
 登録を行うときに、”未登録”の場合は、”登録者”の登録を行う必要が出てくる。貴族などは、面倒なので登録を行う物と同時に登録者を示すカードを提示するので、”登録”とだけ通知されるのだと説明された。

「それなら、登録したい物だけを提示して、”登録”と返されたら、既に登録されていて、”登録者”情報を求められたら、”未登録”だということだな」

「まー様のおっしゃるとおりです」

「わかった。辺境伯に、登録のときの注意点として、イーリスが説明してくれ」

「わかりました」

 カリンは、イーリスと屋敷のメイドと料理人たちと、料理の再現を行った。まーさんは、蒸留器を作った工房に赴いてボードゲームの再現を時間のゆるす限り説明をした。あと、思いついた便利そうな物を工房に発注した。