創元推理文庫の記事一覧

2021/08/31

【積読】水晶宮の死神 (創元推理文庫)

雑感 ヴィクトリア朝怪奇冒険譚三部作-完結 らしい作品です。銀英伝やアルスラーン戦記やタイタニアや創竜伝を期待すると間違えます。 伝記シリーズに近い 書籍紹介 ニーダムと姪のメープルが務める貸本屋に、写真機を抱えた挙動不審な青年が現れた。幼い少女を執拗に観察する彼にニーダムが声をかけると、青年は数学教師のチャールズ・ラトヴィッジ・ドジスンだと名乗った。翌日、ニーダムとメープルは水晶宮(クリスタル・パレス)を観光に訪れ、彼と再会する。そんな折、場内で騒ぎが。現場に駆けつけた二人は、麻袋に入れられた首のない死体…

続きを読む

2021/08/31

【積読】月蝕島の魔物 (創元推理文庫)

雑感 ヴィクトリア朝怪奇冒険譚三部作 第一弾。登録忘れ。 書籍紹介 氷河に閉じ込められた謎の帆船。 不吉な噂に満ちた月蝕島。 帰還兵のエドモンド・ニーダムと姪のメープルは、 二人の文豪とともに冒険の旅へ! ヴィクトリア朝怪奇冒険譚三部作開幕! 19世紀ヴィクトリア朝の英国。スコットランド近くの月蝕島沖で氷山に閉じ込められた謎の帆船が発見されたというニュースが世間をにぎわせている。一方、クリミア戦争から生還したニーダム青年は、姪と共に大手の会員制貸本屋に就職し、超マイペースな二大文豪アンデルセンとディケンズの…

続きを読む

2021/08/28

【積読】髑髏城の花嫁 (創元推理文庫)

雑感 ヴィクトリア朝怪奇冒険譚三部作第二部 積読でもあるけど、前作を読み直したほうがいいかもしれない。 書籍紹介 巨大な頭蓋骨を模した河畔の城館。黒装束の召使いに美しい女主人。 かつて目にした不思議なできごとが、 時と場所を越えてふたたびニーダムたちの前に姿を現す! ヴィクトリア朝怪奇冒険譚三部作第二部 良書倶楽部に、代替わりしたばかりのフェアファクス伯爵から蔵書設計の依頼が舞い込んだ。直接指名を受け、姪のメープルを連れて伯爵邸に赴いたニーダムは、依頼者がかつて自分が命を救った若き士官だと知る。髑髏城と呼ば…

続きを読む
広告

2021/07/09

【積読】ドロシイ殺し (創元推理文庫)

雑感 出ていた。 積読ですが、購入しておかないと落ち着かない。 オズの魔法使いも読んだほうがいいのかな? 書籍紹介 全世界でシリーズ累計50万部突破 『オズの魔法使い』×密室殺人! 善良な独裁者が支配する狂気の国の犯罪 現実と夢で交叉する連続死の真相とは 『アリス殺し』シリーズ第3弾 夢の中にある世界〈不思議の国〉の住民である蜥蜴のビルは、砂漠を彷徨う中でドロシイと名乗る、案山子とブリキの樵とライオンを連れた少女に助けられる。彼女の力を借りて〈不思議の国〉へ戻ろうとするビルだが、その最中にオズの国の支配者・…

続きを読む

2021/07/09

【積読】クララ殺し (創元推理文庫)

雑感 アリス殺しを文庫で買ったので、こちらも文庫で購入。 積読です。ドロシイ殺しが出たので読み始める。 書籍紹介 おとぎの国の邪悪な殺人計画 理系男子・井森は“クララ”と“くらら”を守れるか 恐怖×驚愕『アリス殺し』まさかの続編! 大学院生・井森建は、ここ最近妙な夢をよく見ていた。自分がビルという名前の蜥蜴で、アリスという少女や異様な生き物が存在する不思議の国に棲んでいるというものだ。だがある夜、ビルは緑豊かな山中で、車椅子の美少女クララと“お爺さん”なる男と出会った。夢…

続きを読む

2020/03/17

【積読】クララ殺し (創元推理文庫)

書籍紹介 内容紹介 おとぎの国の邪悪な殺人計画 理系男子・井森は“クララ”と“くらら”を守れるか

続きを読む
広告