【第一章 スライム生活】第六話 家

 

 うーん。
 ソファーに座り?ながら考える。

 学校に行けない(最終学歴は、中卒になるのか・・・)以外で、困ることがなさそうだ。
 両親たちの保険が、口座に残っている。多分、前の生活を続けても、死ぬまで困らなかっただろう。

 困るのは、食事くらいかと思ったが、スライムボディは優秀だ。一日が経過したが、食事をしたいとも、排泄をしたいとも、思わない。困るのは、睡眠が必要ないこと・・・。正確にいうとしたら、睡眠が出来ないことだろう。目を瞑っても、周りが見えてしまう。そもそも、目を瞑っているのかさえもわからない。

 スライム生活は、不便がない。
 友達と言えるかわからないけど、親しいクラスメイトは居たけど、私が居なくなっても気がつくか微妙だ。

 ひとまず、スライムから人には戻られないと想定して考えよう。

 学校は退学しておいたほうがいいだろう。長期での無断欠席だと、先生が訪ねてくる可能性がある。
 行政には、届け出る必要はないよね。”人からスライムになりました”なんて言っても、信じてくれないだろう。戸籍がどうなるのかわからないけど、調査とかなかったよね?
 家は、有る。だれも居ない。一人だけの家だ。スライムの寿命がわからないけど、私が住む場所だ。
 お金は多分・・・。大丈夫。遺産で得た現金がまだ残っている。警備会社と電気代とガス代と水道代とスマホやネット代だけど、困らない。ソーラパネルを設置してくれた両親に感謝だ。水道は、最悪は井戸がある。裏庭には、まだ使える五右衛門風呂がある。田舎暮らしバンザイだ。
 裏山は、我が家の持ち物だ。基本は、誰も入らない。木の伐採をしても怒られない。食べられるキノコ類もあるし、季節の山菜も採れる。小川があり、魚も泳いでいる。

 あれ?
 本当に、困りそうにない。

 そうだ!
 アイテムボックスの整理をしよう。山道や川で何かを大量に取得した。

 裏庭では、家の前の通路から見えてしまう。

 跳ねながら、裏山に向かう。
 大きくない山で、何も取り柄がない。

『スキル錬金を取得しました』

 え?スキル?
 私、何か魔物を倒した?

 考えてもわからない。行動で、スキルが得られるなんて、話は読んだことがない。

 こうなると、先に調べ物をしたほうがいいかもしれない。
 裏山に向かっていたが、自分の部屋に移動する。制服をクローゼットに仕舞っておきたい。

 階段は、跳ねながら登らなければならない。階段の下で、踏ん張ってみる。ジャンプする要領で階段を登ろう。

”え?”

 踏ん張って、ジャンプした。2階に到着した。

”うーん”

 スライムボディが優秀だということだね。考えを放棄したほうが、幸せになれそうだ。

 でも、ギルドや掲示板にかかれている通りに、スライムが最弱なの?
 すごく疑問だ。

 すごい速度で、岩や木に当たってもダメージにはならなかった。尖った木が刺さっても、痛くなかった。高い所から、落ちても平気だった。攻撃手段が、岩を落とすしか無いけど、もしかしたら、私が知らないスキルがある可能性だってある。

 そうだ!調べるのなら、スマホよりもパソコンの方が便利だよね。
 パパの使っていたパソコンを使おう。パパのパソコンだと、身元がわからないようになっていると言っていた。調べ物ならパパのパソコンを使ったほうがいいとか言っていた。

 久しぶりに入るパパの仕事部屋。
 パパの匂いはしないけど、パパとママが・・・。

 パソコンを立ち上げる。認証のPINを入力する。私用になっている画面が表示される。ブラウザしか使えないが、十分だ。

 ギルドの日本支部のページを開く。
 まずは、スキルの検索をしよう。

 検索用の場所に、”スキル・経験保持”と入力する。

”Not Found.”

 と、だけ表示される。未発見のスキル?

 ”スキル保持”でも、”経験保持”でも、見つからない。

 それなら・・・。

 ”錬金”でも、見つからない。未発見のスキル?なの?それとも、魔物にしか、芽生えないスキルなのかな?魔物にも知り合いが居ないから、スキルの使い方を聞けない。

 そうだ。魔物も調べよう。

 ”スライム”を調べる。
 やっぱり、最弱の魔物となっている。
 え?”スキルを持っていない”?嘘、私は、持っている。私は、スライムじゃないの?

 もう一度、スキルを調べる。
 ”物理耐性”は、既知のスキルだ。
 内容が表示される。
 でも、これもなんか違う。もしかしたら、魔物スライムが持つ物理耐性と人が持つ物理耐性は違うの?

 物理耐性は、物理攻撃に耐性がある。物にぶつけたり、転んだり、高い所から落ちた場合にはダメージが通る。

 らしい。高い所から落ちても、物(木や岩)にぶつけても痛くなかった。それとも、痛くないだけで、ダメージは通っているの?

 HPやMPという表示は存在しない。
 スキル鑑定では、スキルとスキルのレベルがわかるだけだと説明されている。

 うーん。
 結局、スライムにはスキルが無いの?でも、私は最初から、”アイテムボックス”は持っていた。

 ”アイテムボックス”を調べてみる。
 お!アイテムボックスは既知だ。
 え?取得した魔物は”非公開”。まぁ必ず取得出来るわけじゃないし、有意義な・・・。え?有意義?違いすぎる。

 80リットルがどの程度かわからないけど、私のアイテムボックスよりは明らかに、容量が少ない。
 それに、重さが80リットルを超えると軽減されない。私のアイテムボックスはどれだけ入れても大丈夫じゃないかな?それとも、容量を越えたら、いきなり重くなるのかな?
 時間経過も書かれている。説明では、時間経過の確認のために、アイテムボックスに入れたスマホを取り出して、時間を確認している。
 私も、アイテムボックスから取り出したカバンを見る。中に、スマホが入っている。時間は・・・。現在の時刻を・・・。あっそうだ。自動で調整されてしまうのだった。失敗したな。確認が出来ない。で
 あとで、氷でも入れてみよう。
 でも、アイテムボックスを見ると、見てはダメな感じの虫が入っている。魚も入っている。うーん。死んでいるのかな?説明では、生きている物は入らないとなっている。

 魔物スライムだからで済む話ではないような気がしてくる。

 ギルドのサイトは正式な情報しか載せていないのかな?
 掲示板やハンターを自称する人たちのサイトを探してみるが、やはりスライムは最弱の魔物と表記されている。スライムがスキルを持っていると書かれている場所は存在しない。結論として、スライムはスキルを持っていない。と、なっている。

 ギルドで、魔物の”共食い”や”食事”を調べておこう。
 食事は、必要としていないとなっているけど、ゴブリンは食事をしていたよね?どういうことだろう?

 調べれば調べるほど、わからなくなる。

 私は、私だ。スライムだけど、私だ。気にしないことにして、アイテムボックスの検証をしよう。

 まずは、冷凍庫から氷を取り出して、触手で触るが冷たく感じない。
 袋に入れて、アイテムボックスに入れる。同じ袋を用意して、複数の氷を入れて、冷蔵庫に入れる。同じ物を、お皿の上に置いた。キッチンタイマーを起動する。目安があれば解りやすいだろう。

 せっかくだから、やってみたいことがある。
 子供の時からの夢だ。

 もう一度、二階に上がる。ベランダに出る。裏山の方角で、誰かに見られる心配はない。電柱も無いから、何かに引っかかる心配もない。

 不思議と怖さはない。出来るという確信がある。

 ベランダで、階段を登る時にやったように、踏ん張る。今度は、全力だ。

 全力でジャンプする。

”おぉぉぉ”

 感覚だけど、2-30メートルはジャンプできた。

 ここで、スライムボディを横に広げる!
 羽は無理だけど、モモンガのように滑空が出来るのではないか?

 子供の時の夢。
 空を飛んでみたい!

 滑空ができた。
 落ちている訳ではない。滑空だ。移動も出来る。風を受けて、空を滑空している。

 地面が近づいてきた。
 木に触手を伸ばして、捕まる。

 安全に降りる方法を考えていなかったけど、うまく出来た。

 やっぱり、羽が欲しいな。
 空を飛びたいな。せっかく、魔物になったのだから、可能性があるよね?多分。きっと・・・。だと、いいな。