【第一章 ギミックハウス】第七話 【帝国】ギルド

 

「面会?開戦が近づいている、この時期にか?」

 白い壁が取り払われるのは、あと数時間だ。早ければ、1時間もしないで白い壁が取り除かれる。
 あの異様な広さを誇る魔王城がお目見えするのだ。すでに、白い箱の手前に、15番隊から連れてこられた奴隷兵が並べられている。保管されている、魔王との戦いで、白い壁がなくなったと同時に、魔物が氾濫したことがあり、魔物への備えのためだ。

 前回の魔王が愚かだったのは、間違いではない。
 魔王がなんで産まれるのか、どういった仕組みなのか、解明はされていない。ただ、魔王城を放置するのは”間違い”だとするのが、各国の考えだ。思惑がある国もあるが、魔物の氾濫など、周辺に及ぼす影響を考えると、討伐が最善の方法なのだ。

「はい。部隊長に、ご挨拶をしたいと、ギルドの担当者が来られています」

 ギルド?
 ボイドか?

「わかった。会おう」

 輜重兵を率いているので、”部隊長”なのは間違いではないが、私は7番隊の所属だ。

 テントにやってきたのは、やはりギルドの暗部の一人、ボイドだ。

「ボイド殿か?」

「貴殿に、お礼と撤退の進言を行いに来ました」

「礼?」

「はい。輜重兵と一緒に、ギルドから派遣されている職員たちを、後方に下げることが出来ました。後方から、森を出た場所で野営地の設営に成功したと報告が来ました」

「そうか・・・」

 野営地の設営許可を求める伝令が来たのが、数分前だ。移動前の輜重兵を後方に下げた。
 ギルドの職員を紛れ込ませることは出来なかったはずだ。それが出来ているということは、ギルドは、陣地に到着した時点から撤退を考えていたのだろう。それでなければ、これほど素早い対応は不可能だ。

「貴殿が懸念していることは理解している。ギルドは、殿下に撤退を進言した」

「・・・。撤退?」

「はい。ギルドは、この魔王とは戦わないことを決定しました。魔王側がギルドを敵視した場合は別ですが・・・」

「それは・・・」

「貴殿の考えている通りです。ギルドは、この魔王城の当主とは敵対しないと宣言を行います。帝国のギルド長は近々更迭されます」

「え?」

「もしかしたら、帝国からギルドは撤退する可能性があります」

「は?」

 ギルドが撤退?帝国から?
 帝国は、最大の版図を誇る。強国だぞ?

 それに、俺にその話をして、何の意味がある?

 言葉の意味は理解出来るのだが、内容がまったく理解できない。

「貴殿は、魔王城がいくつ存在しているのかご存知か?」

「ん?話の意図が読めないが、現存している魔王城は79だ」

「はい。世間では、79の魔王城が現存していると、信じられています」

 ”信じられています”違う事実があるのか?

「信じられている?」

「魔王城は、83あります。皇帝陛下はさすがに、ご存知のようでした。御前会議に出席された方々が、聞き逃したのは僥倖でした。帝国のギルド長が、皇帝陛下の発言を肯定してしまっています。議事録を取り寄せましたら、79に訂正されているので、皇帝陛下も”まずい”と思われたようですね」

「すまん。言っている意味がわからない」

「魔王城は、83です。公表されているのは、79です。では、公表されない。4つの魔王城は・・・」

「4つ?」

「話を戻します。進言ですが、第七番隊は、誰に従う組織ですか?」

「は?陛下に決まっている。貴殿は、七番隊をバカにするのか?」

「いえ、そうではありません。本当に、七番隊は、陛下に忠誠を誓う組織ですか?臣や民を蔑ろにするのは、”正しい”行いですか?」

 何も言えない。
 陛下と隊長が対立しているのは、公然の秘密だ。それだけではない。殿下も、七番隊をないがしろにして、15番隊や5番隊との関係を深くしている。七番隊を第一に考えてほしいとは言わないが・・・。15番隊と5番隊はダメだ。神聖国の影響が見え隠れする。

「それは・・・」

「よく考えてください。あっ。この資料は、ギルド職員を結果的に助けていただいたことへのお礼です」

「・・・」

 ボイドから、暗号で書かれていない書類を手渡された。

「お収めください」

「これは?」

「七番隊の隊長が欲している情報です」

「は?」

「私は、失礼致します。七番隊。隊長によろしくお伝えください。その前に、この戦場から生きて帰ることが重要だとは思います。あっ貴殿には、世話になったので、この戦場の情報を一つお渡しいたします」

「ん?」

 資料に落とそうとしていた目線を、ボイドに向ける。

「魔王城がまた拡大しました」

「は?」

「計測はしていないので、正しい数値は不明ですが、貴殿が見た魔王城を2倍から2.5倍に広がっています」

「・・・。それは・・・。いや、ボイド殿が、自分に嘘を言う必然性はないな。白い壁が形成されてから、複数回の拡張した事例はあるのか?」

「ありません。ギルドの保管している資料を、全て検証しなければなりませんが、白い箱は一度の拡張が確認されるだけです」

「・・・。奴隷兵は?確か、殿下の命令で、奴隷兵を白い壁の近くに展開していたよな?」

「無事です」

「そうか・・・。よかった」

「ギルドは、撤退させていただきます」

 ボイドが頭を下げてテントから出ていく、何かしらのスキルを使っているのだろう、出ていくときに髪色が変わっていた。
 あの髪色が本当の色なのだろう。考えなくては、ならないことが多すぎる。

「誰かいるか!」

「はっ」

 確か、従者見習いとして、七番隊に配属された者だったな。丁度いい。

「この資料を、帝都に居る。隊長に届けてくれ、それから、このメモを持っていけ、門で止められたら門番に見せろ。それから、資料は隊長に直接手渡せ」

「わかりました」

「どうした?」

「いえ、資料を手渡したあとは、どうしたらよろしいのでしょうか?」

「あぁそうか、隊長宛に手紙を書く、一緒に渡して、隊長の指示に従え」

「はっ」

 簡単に、ボイドとの会話をまとめた手紙を書いた。撤退の判断は、隊長からもらっている。
 白い壁が無くなる前の撤退はありえない。しかし、ギルドの暗部(だと思われる)者の話は無視できる物ではない。

 従者見習いが、テントから出ていく、先程のような違和感がない。
 ボイドが、髪色を変える以外のスキルを使用していた可能性がある。

 考えてもわからないことは、考えないことにしよう。

 輜重兵をできるだけ逃がそう。奴隷でも、家族は居る。
 奴隷は、スキルで逆らえないように縛り付けている。家族は、奴隷でない場合も多い。

 ボイドが言った通りに、生きて帰らなければ次はない。

 発想が後ろ向きになっている。
 ボイドが語った、ギルドの思惑も気になる。

 外が騒がしい。
 白い壁が消えたのか?

 テントを出ると、ボイドが言っていた内容が、頭の中を駆け巡る。
 異様だ。

 この魔王は、異常だ。戦ってはダメだ。本能に恐怖が押し寄せてくる。

 帝都の壁が霞んでしまう城壁で守られている。
 壁の周りからは、白い煙が出ている。わけがわからない。地面から、煙が湧き出るのか?
 城壁の形がわからない。あれでは、どこを攻めればいい?
 どこを攻めても、塔から攻撃されてしまう。
 殲滅スキルを使われたら、甚大な被害が出るだろう。城壁を乗り越えても、また塔が見える。もしかしたら、城壁の中に城壁があるのかもしれない。

 中央が、魔王城だろう。
 今まで確認されている魔王城とは違う。白い壁に窓だろうか?何かが、四角い物が規則正しく並んでいる。それだけでも、異様なのに、下から上まで同じ大きさのようだ。情報がある魔王城は、山のようになっていたり、城のようになっていたり、宿屋のような場所だったり、理解が出来るものだった。

「部隊長!」

「撤退だ。隊長に、情報を持って変える」

「はっ」

「部隊長は?」

 二人目が心配した表情で問いかける。

「殿下に会談を申し込んで、戦いを限界までサポートする。心配するな、死ぬ気はない。帝都で、隊長にお目にかかるまでは死なない」

「「はっ。ご武運を!」」

「いけ、お前たちが見た内容を、隊長に伝えよ」

「「かしこまりました」」

 跪いていた部下たちは立ち上がって、森に消えていく。敵前逃亡だが、”討伐”部隊でよかった。敵前逃亡には当たらないはずだ。15番隊や5番隊、当たりは、追及してくるだろうが、部下が死ぬことに比べたら、些細なことだ。隊長には、私の命一つで手打ちをお願いすればいいだろう。

「責任を取るためにも、死ぬわけがいかないな。隊長に届く批判を、我が身で受けよう。そのためにも、情報を持ち帰る。死罪を受けるために、生き残ろう」