【第一章 スライム生活】第五話 魔物化

 

”なぜ、僕の呼び出しに、誰も・・・”

 僕が、魔物化という素晴らしいスキルを得てから、何度も呼び出しているのに、奴らは、一人として呼び出しに応じない。

 実験で、待ち合わせ場所に来ていた女子をスライムには出来た。

「よし!メッセージは送られた!」

 彼は、覚えているアカウントに対して、呼び出しのメッセージを送った。
 自分のアカウントだと、知られないように、フリーのアカウントを取得して使っている。

 普通に考えて、知らないアカウントから、”お前の秘密を知っている。バラされたくなかったら・・・”などと、メッセージが入っても、よほどの暇人か、ITリテラシーの低い人以外は、無視するだろう。
 実際に、受け取った。彼が呼び出したかった男女は笑いながら無視した。自分たち以外に、見覚えがないアカウントがリストに入っていたので、余計にイタズラだと判断した。

 男女は、彼がスマホを持っているとは知らなかったので、彼からのメッセージだとは考えなかった。

 そして彼は、待ち合わせ場所に現れた一人の女子生徒を魔物スライム化してしまった。

 彼は、魔物化を起動する。
 対象との距離は、壁を挟んで15メートルほど離れている。魔物になって反撃されるのが怖かったのだ。

「魔物化。スライム。使えるだけ全部だ」

 彼は、このときに大きな取り返しのつかないミスをした。

 スキルを初めて起動するときに、説明が行われる。
 魔物を倒して得たスキルでは、必ず発生する。彼は、自分が天才だと思っている。そのために、説明を斜め読みするクセが付いてしまっていた。この時にも、スキルの説明を斜め読みして大事な部分を読み飛ばしてしまった。

 彼が理解したスキルの説明は次のようになる。
”魔物化は、魔物以外を魔物に変換するスキル。術者の精神力を使って、魔物化を行う。距離に依存して精神力が必要になる。術者の精神力が不足していたり、対象の生命力が上回っていたり、諸条件が揃わないと魔物化は失敗する”

 しかし、実際の魔物化のスキルは、彼が理解したような物ではなかった。
”魔物化は、魔物以外と魔物に変換するスキル”

 正しいのはここまでだ。
 魔物化のときに使われる精神力は、魔物化の過程で、対象者にスキルを与える能力である。術者の精神力と生命力を使って、対象を魔物に変換し、術者が考えるスキルを付与する。

”距離が離れていると、眷属にするための精神力が必要になり、対象の生命力が上回っていると、眷属化が失敗する”

 彼は、彼女を魔物スライム化する時に、自分の精神力と生命力の限界に近い数字を使っていた。
 そのために、彼が自分に欲しいと思っていたスキルが、彼女に付与される結果となった。

 彼は、臆病者だったために、魔物化した魔物に襲われない距離をとっていた。そのために、対象の眷属化が失敗した。

 そして、彼は、精神力と生命力のほとんどを使っていたために、眷属化が失敗した反動を受けて、気絶してしまった。そこで、また彼に計算外のことが発生する。魔物化では、魔物化するときに使用した、精神力や生命力が経験として”スキル 魔物化”に付与されて、レベルアップしていくのだが、彼が気絶してしまった為に、経験値が彼女に割り振られてしまった。

 そして、彼女が魔物で最も弱いはずのスライムだったのが、問題を大きくした。

 大量の経験値。
 ”人を殺す”に、等しい経験値を、最弱のスライムが受け取ったのだ。彼女は、レベルアップの余波で意識を飛ばしてしまう。スリープモードに入ってしまったのだ。彼女は、急激なレベルアップが発生して、体組織の組み換えが発生してしまった。セーフティーが発動してスリープモードになってしまった。

 彼の不運は、まだ終わっていない。
 彼女がスリープモードに入ってしまったために、承諾を求められている項目が、全て”Yes”として処理されてしまった。

・彼が得る経験値が”今後も”彼女に付与される。
・彼が得るスキルが、彼女に自動的に付与される。
・彼のステータスの上昇分が、彼女に自動的に付与される。
・彼の眷属が、彼女の眷属となる。

 ラノベ的に表現すれば、”無自覚ざまぁ”や、”自業自得展開”に入ってしまった。

— 閑話休題

 実験は、成功した。
 スライムになった所までは、確認した。

 そのあと、距離が離れていたために、僕は少しの間だけど気を失っていた。実験をしておいてよかった。これが、アイツらの前だと、アイツらは僕を襲っていただろう。

 やはり、僕は天才だ。
 確かに、実験でミスをしたが、そのミスを最小限に押さえて、ミスから学ぶことができる。努力ができる天才が本当の天才だ。

 アイツらが、僕の呼び出しを無視するのは、僕が怖いからだ。力を得た僕が怖いから、アイツらは、僕の前に現れない。

 そうだ。
 まずは、ママを魔物にしよう。そして、殺そう。

 それとも、誰かに殺させてもいいかもしれない。僕が、手を汚す価値はない。

 それで、パパに連絡をして、ママが居なくなったって連絡すればいい。僕が、ママを魔物化したなんて、パパはわからない。完璧な計画だ。ママは、今日も家に居て、僕に勉強しろと言ってくる。ドアの前で、スキルを利用すれば、ママをスライムに出来る。

 普段なら、帰りたくない家路だけど、今日は気分がいい。
 素晴らしいスキルを得た。これから、ママの声に、暴力に、理不尽な言い分に、天才の頭脳を使わなくて済む。

 家があるマンションに着いた。天才の僕に相応しいとは思えないが、凡人のパパとママならしょうがない。早く、世間が僕の才能に気がつけば、もっと違う結果になるのだろう。スキルを得たことで、時期が早まるかも知れない。

 玄関・・・。
 そうだ、ママは玄関のチャイムが鳴ると、玄関まで出ていって、話しかける。のぞき穴を塞ぎでいれば、僕だって気が付かれない。

 ほら、簡単だ。
 チャイムを鳴らしたら、近づいてきた。

 でも、今日じゃない。今日は・・・。そうだ、まだ、僕の素晴らしいスキルを隠しておく必要がある。ママの声が聞こえる。

 ひとまず、玄関の前から移動しよう。
 そうだ、お腹が空いた。コンビニで、何か食べるものを買ってこよう。お金は、アイツらに貸したけど、まだ残っている。そうだ、スマホで電子マネーを使えるようにしよう。パパに言えば、教えてくれるかもしれない。ママにも、アイツらにも知られずに、買い物が出来る。

 マンションから離れて、5分くらい歩いた場所にあるコンビニに到着した。

 お財布を確認して、買える物を確認する。
 今日は、素晴らしい日だ。僕が、Aランクという希少なスキルを得た。武器を得たのだ。世間に認められて、ママやアイツらも僕を認めるはずだ。

 彼の中では、彼女を魔物スライムに変えたことは無かったことになっている。
 一人の女性の人生を狂わせたことなど、考えもしなかった。

 彼のスキルで作り出したスライムが、今後、スライムらしからぬ進化を遂げるとは、想像さえもしていない。

 コンビニで買ったおにぎりとパックジュースを飲みながら、彼は妄想の中で母親を魔物化する。アイツらと呼んでいる。暴力や恐喝の加害者たちを、魔物化して殺す妄想をしている。
 彼の中では、彼の行いは”正義の行い”で、誰にも咎められないことなのだ。

 彼のスキルは、本来なら、獣を魔物化して、自分の眷属にする物だ。そして、スキルを成長させて、仲間を作って、彼がトップになり、彼が考えるスキルを持った強力な魔物を従えた、最強な集団を作り上げることが出来た。
 彼のスキルを、彼が使い方を理解して使っていれば、彼は世界の王になることも可能だったかも知れない。

 彼は、復讐を行うのに相応しいスキルを得ていたのだ。