【第一章 スライム生活】第四話 魔物

 

 遅かった。
 私の考えが、足りなかった。

 私は、このまま魔物スライム生を終えてしまうのだろうか?

 山の頂上から、丸くなって転がった・・・。までは、よかった(と、思いたい)。木々にぶつかっても痛くは無かった。岩にぶつかって止まってしまったことは有ったが、問題ではなかった。
 転がっている最中に、名前が把握できている草木を、取り込みますかと連続で言われて、面倒になって、自動で取り込めないかと考えたのも問題ではない。その結果、自動採取という項目が増えたのも、問題ではない。何も、問題ではない。アイテムボックスの中に、草木が大量に溜まっているのも、問題ではない。見たくはない昆虫も取り込まれているが問題ではない。

 岩にぶつかって、止まる以外にも跳ねてしまったのも問題ではない。

 今の状況以外は、計算していなかった事だが、問題ではない。

 うーん。
 なんで、平気なのだろう?

 私は、谷を流れる川に到着して、そして・・・。川に落ちた。川幅は、4-5メートル。人だった時には、絶望する幅だ。深さは、浅い所は、歩いて渡ることができるが、人だった、足が綺麗で長かったときの話だ。今は、全裸の身体スライムボディ全部が水に浸かっている。前々日に降った雨の影響なのか、川の流れが早い。体重が軽くなった私(もともと、重くないはず。平均よりも軽かったはず)は、水の勢いに流されてしまっている。

 おかしいのは、川の流れに、ながされている状況で、冷静に考えていられることだ。
 この状況になってから、一度も水から出ていない。
 泳ぎは得意だった。小学校の時にあった、服を着たままの水泳で男子に勝ったこともある。長泳ぎにも自信はあるし、潜水時間も長い。

 もしかして、スライムボディは、酸素を必要としない?

 スライムの通常形態(?)に戻って、水に流されている。

 呼吸を必要としなくて(鰓呼吸と肺呼吸の両方が出来る。という可能性もあるが)、熱耐性に、物理耐性。本当にスライムボディは優秀だ。これで、某魔王のように人の形状を取れて、大賢者ラファエル/シエル様がスキルとして芽生えてくれたら最高だけど・・・。

 このまま川の流れに乗っていけば、海までいける。
 海から、家までは越えなければならない関門が増えてしまう。できれば、国道の前で反対側に渡りたい。

 そうだ!

 水を吸い込んで、吐き出せないか?某魔王が、使っていた技だ。

 簡単にできてしまった。ただ、勢いが付きすぎて、川から飛び出して、空中からの眺めを2-3秒楽しんだのは計算外だった。

 しかし、おかげで、関門と考えていた、川の防波堤を超えることが出来た。
 防波堤の先にある。茂みに着地が出来たのは、偶然だったが、結果としては最良だ。

 場所を確認するが、見上げる視線では、よくわからない。鉄塔があるので、海には近づいていない。
 私が住んでいた町ではなく、隣町のようだ。少しだけ高い所に登ったら、いろいろ見えてきた。

 川に沿って、道が作られている。私が下った山の方にだけ道が作られているから、まだ隣町だ。両方に道が作られていたら、私の住んでいた町に入ったことになる。

”ぽよんぽよん”と弾む身体で、川に沿って下る。

 5分くらい移動したら、橋が見えてきた。やっと、分かる場所まで移動できた。
 見慣れてはいないが、分かる場所まで来ると少しだけ安心する。ここから、山道に入ってもいいが、もう少しだけ川を下る。

 スライムの身体で、もう一つ優れていることを発見した。
 排泄の必要がなさそうということだ。乙女としては、おしっこもうんちもしないが、本当に必要なくなったようだ。それに、空腹も感じなくなった。
 何かを意識して食べて(吸収?して)いないから、まだわからないけど、味を感じられたら嬉しい。

 跳ねながら、草が生えている場所を進んでいる。

 何かが動く感じがした。
 人かと思った。肌が緑色だ。掲示板で見た、”ゴブリン”だ。私の存在には気がついていない。

 もしかしたら、魔物スライムだから、気が付かれていない?

 他には、ゴブリンだけではなく魔物は居ない。
 掲示板に書かれていたように、魔物は単独で行動している場合が多いのは、本当なのだろう。

 どうする?
 倒す?

 魔物同士でも戦っているという話も読んだことが有る。

 息を大きく吸って、大きく吐く。気分の問題だ。

 攻撃手段は、岩をゴブリンの頭上から落とす。
 1メートル四方の大きな岩だ。かなりの重さだろう。どのくらいの高さから落とせば良いのだろう?

 ギリギリまで近づいて、頭上に落とそう。安全に倒したいが、私はスライムだ。RPGでは最弱な魔物だ。多分、この世界でも最弱なのだろう。

 足音はしないだろうけど、草が揺れる音はしている。
 ゆっくりと、しかし確実に、ゴブリに近づく。ゴブリンは、何かに夢中になっている。食事中なのかもしれない。

 5メートルの距離まで近づいた。

”え?”

 ゴブリンは、犬を食べている。飼い犬なのだろうか?
 犬に夢中になっている。ゴブリンも、食べ物を必要とするの?そんな話は、どこにも書かれていなかった。家に帰ったら、パソコンで調べてみよう。忘れなければ・・・。

 落ち着け、落ち着け。でも、なるべく早く。ゴブリンが食事を終える前に・・・。

”よし。やろう”

 アイテムボックスを起動する。山を転がり、川に流されて、いろいろな物がアイテムボックスに溜まっている。
 焦る気持ちを押さえながら、岩を探す。ソート機能くらいは欲しいけど、ソートしようにもキーワードが思いつかない。

”あった”

 岩を選択して、リリースする場所を特定する。

”よし!”

 岩を、ゴブリンの上、約5メートルでリリースする。
 スローモーションのように落下する岩。

 感覚では、3-4秒程度、必要だったが、ほんの一瞬だろう。ゴブリンが驚きの声と断末魔を上げる。

 永遠に続くかと思われた断末魔が聞こえなくなった。

”ふぅ。倒せた!”

『スキル:スキル・経験保持を得ました』

”え?何?スキルを得たの?本当に?”

 スキル・経験保持?
 何が出来るスキルなの?

”スキル・経験保持”

『アクティブ』

”え?”

 何?アクティブって何?
 何か、変わったの?

 身体には、何も変わりが無い。記憶も、消えていない。説明が聞きたいのに、説明が流れない。
 アクティブって有効になっていると思っていいの?

 よくわからないスキルが増えた。
 今日は、本当によくわからないことだらけだ。

 1対1の戦闘なら、同じ戦法が使えそうだ。ドラゴンとか出てきたら諦めよう。岩を落としても亀の魔物とかだと、耐えられそうだけど、そのときには全力で逃げよう。逃げる方法も考えたほうがいいかもしれない。

 普段は使っては居ないが、家まで行ける道に出た。
 この道が見える場所を移動すれば、安全に家まで行ける。

 魔物ゴブリンも倒せたし、家に帰って休もう。
 全裸の乙女だけど、川で泳いだけど、お風呂には入りたい。そう言えば、スライムボディは汚れにも強い。川から出て、草むらを移動したのに、綺麗なボディのままだ(多分)。

 自転車は諦めよう。

 魔物に遭遇しないで、無事に家に到着できた。
 カバンから鍵を取り出す。触手を伸ばして、鍵を開ける。よかった。開けられた。即座に、警報装置を、在宅モードに切り替える。

 自分の部屋には鏡は置いていない。
 お風呂場に向かった。

 脱衣所に移動して、カバンからキャミソールを下着と靴下を取り出す。
 洗濯カゴに入れてある物と一緒にアイテムボックスに入れてから、洗濯機の上でリリースする。うん。以外といろいろ出来る。

 靴を玄関に置いてくるのを忘れたから、玄関に戻る。普段はしないが、鍵を厳重にする。門は開けていないから、門を誰かが開けたら警報がなるように設定を変える。これも触手を伸ばしてタッチパッドを操作する。
 タッチパッドが使えたのは良かった。使えなかったら、方法を考えなければならなかった。

 落ち着いて、リビングに置いてあるソファーにスライムボディを預けて、TV画面に映る。スライムを見ながら考える。

”ふぅ。これから、どうしよう?”