【第二章 王都脱出】第二話 おっさん勇者の願いを知る

 

 ロッセルと別れたまーさんは、屋台を周って、飲み屋に持っていく手土産を考えていた。

(辺境伯が来るのだよな?まぁいつもの感じでいいか・・・。考えても駄目なことは、考えるだけ意味がないからな)

 まーさんは、少しだけ”貴族”を考えたが、貴族という一括で考えることの危険性を考えて、考えるのを止めた。

「まーさん!」

「お!野菜売りのおっちゃん。今日はどうした?もう店じまい?」

「違う。違う。呼び出されて、貴族様の屋敷に行っていた」

「おっちゃん。何かやったのか?逃げるのなら、早いほうがいいぞ?」

「まーさん?違うぞ!なんでも・・・。おっと・・・」

「なんだよ。そこまで話したのなら、全部、話せよ」

「まぁまーさんならいいか・・・。なんでも、そのお貴族様の寄親が、”どこぞ”の貴人を囲ったようで、その貴人さんが、”コメ”を持ってこいとか言い出して、”コメ”が作物らしいから、俺が呼び出されたというわけだ」

「へぇ。”コメ”ねぇ。おっちゃんは知っていたのか?」

「いいや。聞いたことがない。知らないから、正直に答えた。他にも、”こんそめ”や”ポテチ”や”ねいる”や”しょうゆ”や”みそ”や”かれー”や”えすて”や・・・。他にも、いろいろ羊皮紙を見ながら聞かれたけど、”聞いたこともない”と答えた」

(いやぁすごいな。ポテチと来たか・・・。コンソメも、もしかしたら”コンソメ味のポテチ”か?”じゃがい”ならあるのに・・・。材料が”じゃがいも”と知らないのか?まさか、そこまで馬鹿と・・・違うよな?カレーは別にして・・・)

「そりゃぁ朝から災難だったな」

「まったくだ。知らないと答えたら、”知らないのなら用はない。帰れ”だからな」

「ハハハ。野菜の一つでも買ってくれればよかったのに、それもないのか?」

「まったくだ!まーさん。何か買ってくれるか?」

 店の前じゃなくて路上での会話だが、おっちゃんはまーさんなら何か買ってくるかもと考えた。

「そうだな。おっちゃん。俺が世話になっている場所を知っていたよな?」

「あぁ研究所だろう?なんの研究所かしらないけど、気さくでいい人ばっかりだよな」

「そうそう。そこに、届けて欲しい物があるけどいいか?」

「いいぞ!貴族様は気に入らないが、まーさんの頼みなら・・・。娘が世話になったことだし・・・」

 野菜売りのおっちゃんの娘は、算数が苦手だった。おっちゃんが愚痴をまーさんに語った翌日に、まーさんは算数がかんたんに覚えられる方法を教えた。この世界の算数も、数字だけを使っている。そのために、拒否反応を起こしてしまっていたのだ。まーさんは、小石を拾って足し算や引き算を教えた。掛け算も同じ要領でやればできるし、割り算も出来る。苦手意識さえ克服してしまえば、遅くても計算は出来るようになる。

「お!それなら、”じゃがいも”と”にんじん”と”セロリ”と”玉ねぎ”と”にんにく”と・・・。あっ”トマト”も頼む」

「あいよ。量はどうする?」

「どのくらいある?トマトは少なめで、買えるだけ頼む」

 まーさんは、金貨を3枚取り出して渡す。

「まーさん。店中の野菜が買えるぞ?」

「そうか?それなら、あと何か適当に頼むよ。そうだ!肉屋の大将は店を出していた?」

 まーさんは、さっきの話から、勇者(笑)の気をひこうとしている貴族が、肉屋にも話をしていると考えている。

「ん?あぁあいつも呼び出されていたぞ」

「そうなのか、大変だな。そもそも、”コメ”がどんな物か説明されたのか?名前だけじゃわからないだろう?」

「何も、名前だけだな。貴人さんも、”名前を言えばわかるはず。絶対にある”と言っていたらしいからな」

「なんだ・・・。それ・・・。おっちゃんが野菜のプロでも、”コメ”がどんな物か教えられなければ、答えようがないよな」

「まったくだ。そうだ、まーさん。あいつ肉屋も、俺と一緒に出てきたから、そろそろ店に出ていると思うぞ?」

「そうか、ありがとう。行ってみるよ」

「おぉ!まーさん。ありがとう!」

「おっちゃん。野菜を頼むな」

「任せとけ!」

 胸を叩く仕草でまーさんを見送った野菜売りのおっちゃんは、まーさんに頭を下げる。
 まーさんが、金貨を3枚だした理由がわかったからだ。野菜の値段は、日本の一般的なスーパーの1/10程度だ。3万円分と考えると、膨大な量になる。
 おっちゃんの奥さんが体調を崩しているのを、肉屋の大将から聞いて知っている。まーさんは、おっちゃんが店に行かないで帰ろうとしていたと感じた。そして、今日の売上に相当する野菜を購入することに決めたのだ。
 野菜は、カリンと一緒にポテチを作ったり、コンソメスープを作ったり、日本で食べていた料理を再現してみようと思っている。勇者(笑)が言っている物を作り出して、ロッセル経由で教えても面白いと考えていた。勇者(笑)ではなく囲みたい貴族が高く買ってくれそうだと考えた。

(カリンと相談して、片っ端から”ラノベの定番”を作ってしまおう。辺境伯に会った時に、”特許”の話を聞かないとな)

 まーさんは、歩きながら、簡単に作ることができそうな”おもちゃ”や”ゲーム”を考え始める。

 肉屋の店の中によく知っている顔があったので、まーさんは声をかける。

「大将」

「お!まーさん。今日は、遅かったな?」

「大将こそ、大変だったみたいだな。おっちゃんから話を聞いたぞ」

「まったくだ。どこの我儘な貴人かしらないけど、どんな物かくらい説明しろよ」

「大将は、貴人に会ったのか?」

「いいや。対応した役人が、”知らないのはお前たちの怠惰だ”とか、”知っていて当たり前のことを知らないのか”とか言って・・・」

「ハハハ。それなら、その役人に”知っていて当然なら、貴方はご存知なのですよね。無知な私に教えて下さい”とでも言えば良かったのに・・・」

「そうか!今度は、そう言ってやるよ!それで、野菜売りは?」

「あぁ野菜を、俺が世話になっているところに卸してから、奥さんのところに行くと思うぞ?」

「・・・。まーさん」

「なんだよ。俺は、欲しい野菜を買っただけだ」

「そうだな。それで、今日は何か買っていくのか?」

「そうだな。ワイルドコッコの手羽元と、ボア系のもも肉・・・あっ骨付きで頼む。あとは、ブル系のもも肉、こっちも骨付きで、後は、大将がお勧めする部位を適当に頼む」

「あいよ。予算は?」

「そうだな・・・」

 まーさんは、金貨5枚を取り出して、大将に渡す。

「足りる?」

「十分だ。最高の部位を用意する。いつもの場所に持っていけばいいのか?」

「そうだな。頼む。あっ今日は、少しだけ加工して欲しい。ボアとブルの肉を、1対1になる量を細かく切って混ぜて欲しい。出来る?」

「細かく?どの程度?」

「そうだな。大将の腕を信じて、この位指先で2-3ミリを提示?」

「おいおい。まーさん。わかった。やってやるよ。でも、まずくても文句を言うなよ」

「どのくらいで出来る?」

「量が多くなければ、すぐにやるぞ?」

「それなら、ボアとブルで1キロになるように頼む」

「わかった。部位はどこでもいいのか?」

「脂身が少なくて、捨てるような部位でもいいぞ?」

「いいのか?」

「骨の周りに付いているような物でもいい」

「そりゃぁありがたい。初めて作るから、そうだな。1キロだと・・・。銅貨5枚でどうだ」

「わかった。さっきの中に含めてくれ」

「あいよ。5分だけ待ってくれれば仕上げるぞ?」

「それなら。それだけ持っていく」

「いつもの店か?」

「あぁこの後、人に会う予定だからな」

「そうか・・・」

「大将?」

「いや、その肉がどうなるのか知りたかったからな」

「それなら、マスターに教えておくから、後で注文すればいいよ。俺が作ったと言えばわかるだろう?」

「そうか!わかった」

 大将は、店の奥で作業を始めた。
 まーさんは、勇者(笑)たちが食べたいだろう物の一つを作ってみることにした。ひき肉があれば料理がいろいろと作られる。マスターのところにも野菜があるのだし、何か作られそうな物がないか考えている。

「まーさん。やってみたけど、こんなのでいいのか?」

 出された物は、ひき肉には大きかったが十分に使えそうな感じになっていた。

「大将。ありがとう」

「お!よかった。これなら、クズ肉や、端肉をさばける。美味しくなるようなら、使っていいよな?」

「ん?いいよ。レシピは出せるか相談になるけど、大丈夫だと思う」

「わかった。いつもの店に行けば、それもわかるのか?」

「あぁ。多分だけど、今日で先々のことを含めてわかると思う」

 まーさんは、ひき肉を受け取って、空を見上げた。
 まだ夕方の時間帯ではないが、そろそろマスターの店が開くだろうと考えて、足を向けた。

 欲しかった情報の一つである。勇者(笑)が思った以上に傲慢になっていることや、思った以上に知恵がなさそうだということがわかった。帰ってから、カリンに聞けばもう少しだけ事情がわかると思った。