【第四章 ダンジョン・プログラム】第三話 ヒューマノイドベア?

 

「兄ちゃん!」

「アルか?どうした?」

「今日は、どうするの?カルラ姉から”聞いてこい”と言われた!」

 言葉遣いを、カルラから注意されていたが、アルバンの言葉遣いは矯正できていない。俺も、別に気にしないのだが、カルラが最低限の言葉遣いは身につけるべきだと言い続けている。

「あ!そうだ、エイダを連れてくるから、カルラと食堂で待っていてくれ」

「え?新しい、ヒューマノイド?」

「あぁ違・・・。わないけど、違う」

「うん。わからないけど、わかった!」

 一度、エイダを連れに戻った。
 以前は、部屋から出られなかったが、魔核が安定したので、出られるようになっている。イヴァンタール博士は、生みの親で、俺は”マスター”という位置づけになっている。エイダは、”魔物”なのかと聞かれると、違うように思える。ヒューマノイドタイプではない。エイダの中に、通信機や予備の魔核を入れるために、内部を触って確認したら、”ぬいぐるみ”で間違いはない。そこから、カスタマイズが行われている。カスタマイズで済まされるレベルでは無いのは解っているが、魔物の素材を使って、防水はもちろん防塵にも、防刃にもなっている。魔核に魔法を付与する方法で、かんたんな結界が常時発動している状態にもなっている。机の引き出しから出てきた未来の耳がない猫型ロボットと同じで、地面から数マイクロミリだけ浮いている状態になっている。
 ちなみに、魔法を逆コンパイルして解析してから、自分に使ってみたが、実用に耐えられるレベルにはならないと判断した。重量が影響しているうえに、恐ろしく燃費が悪い。体積に依存してしまうように思える。うまく調整すれば、空が飛べるかもしれないと考えたが、違う魔法式を考えたほうがよさそうだ。

「エイダ!」

「マスター。御用ですか?」

 返事だけでもわかるくらいに、随分と表現が豊かになった。

「問題は何かあるか?」

「快適です。改良の許可を頂けましたので、バージョンアップを行っています。それから、この部屋は、”管制室”と名付けました」

 確かに、部屋の名前が定まらないと、方向性が難しいからな。
 機械学習の成果も出ているようだ。エイダAdaと名付けたのは正解だったかもしれない。”管制室”なんて言葉は、流れ着いた素材の中にしか存在しないだろう。エイダが名付けで利用した知識は、日本の知識だと思われる。

「わかった。”管制室”だな」

「はい。マスター」

 発音も問題はなさそうだ。イヴァンタール博士は、エイダには声帯も組み込んでいたが、発声のプログラムが出来ていなかった。発声を作るのは難しいと思っていたが、スピーカーからサンプリングを再生するようにしてみた。魔核が追加で必要にはなったが、エイダが話せるようになる方が重要だと判断した。

「エイダ。カルラとアルバンという従者が居るのだけど」

「はい。存じております」

「二人と今後の話をしたい。エイダにも参加して欲しい」

「わかりました。議事録を作成すればよろしいですか?」

「そうだな。紙は無理でも、後で話し合った内容がわかると嬉しい」

「かしこまりました」

 エイダを連れて、食堂に移動すると、カルラとアルバンが待っていた。
 ヒューマノイドも食事の用意をして待っている。

「兄ちゃん!」

「アル。待たせたな」

「大丈夫!それよりも、その生き物みたいな奴は何?ヒューマノイドベア?」

「俺のサポートをしてもらう。エイダだ。ヒューマノイドではない。でも、何者って言われると困る」

「アルバン様。カルラ様。私は、マスターのサポートオートマタのエイダです。よろしくお願いします」

「「さぽーとおーとまた??」」

 二人の言葉が重なった。
 俺も疑問に思ったのだが、たしかに”オートマタ”はいい表現だ。仕掛けではないが、自律人形と考えれば、たしかにオートマタだ。

「はい。私の役目は、マスターのサポートです」

 カルラもアルバンは、”サポート”を気にしたわけではない。”オートマタ”の意味がわからなかったのだが、エイダには、サポートがわからないと聞こえたのだろう。サポートの説明をしている。

 エイダの目的は、知識面のサポートになってくる。ダンジョンや魔物に対する知識は、エイダがいればまかなえる部分が多い。市井の噂はなしから、集合知を得ることも出来る。今は、ウーレンフートの俺たちのホームに関した”集合知”だが、これから範囲を広げていけるだろうと予測される。
 芽生えた個性を喜ぶかのごとく、エイダは説明を行っているが、”クマのぬいぐるみ”が身振り手振りをしているのが微笑ましてくかわいい。声を中性的に調整してしまったのが、悪かったのかもしれない。アニメなら、”CV:蒼井翔太”とか出てきそうだ。個人的には、”CV:釘宮理恵”でも似合いそうと思った。

「マナベ様。エイダ様はわかりましたが、これからどうされるのですか?」

「カルラ様。私には、”様”を付けていただく必要はありません。エイダとお呼びください。マスター。私からの提案があります」

「なんだ?」

「マスター。共和国にも、ウーレンフートと同じダンジョンがあります。そこを攻略されてはどうですか?」

「兄ちゃん!ダンジョンに行くのか?俺も一緒に行く!」

「アルバン!もうしわけございません。マナベ様。私とアルバンは、近くの街で情報収集を行います」

「うーん。カルラ。まずは、共和国にダンジョンがあるのか?」

「存在します。ただ、ここのような施設の話は聞いたことがありません。共和国のダンジョンは、攻略済みのダンジョンだけだと思います」

「そうか、一種の資源としてダンジョンを閉鎖しないようにしているのだな」

「はい。帝国のイヴァンタール博士の研究結果から、ダンジョン・コアを破壊してしまうと、ダンジョンがあった場所に、魔素溜まりが出来て、凶悪な魔物が産まれます。そのために、ダンジョンは、閉じないようにするのが一般的です」

「エイダ。攻略済みのダンジョンなのか?」

「マスター。カルラ様。ダンジョンは、博士が見つけて、封印を施したダンジョンです」

「「え?」」

 俺とカルラが驚く。未発見に近いダンジョンだということだ。
 それは、すなわち、魔物の巣窟になっている可能性が高い。博士倉橋さんが封印したとして、最低でも300年は放置されていたことになる。

「兄ちゃん。カルラ姉。どうしたの?未発見のダンジョンなら、お宝が見つかる可能性だってあるよな?」

「アルバン・・・。貴方は・・・。マナベ様は、お気づきになられたようですが、博士というのは、イヴァンタール博士を指しているとしたら、350年以上前に活躍された帝国の人です。残念ながら、詳細はわかりませんが、それでも、300年以上前であるのは確実なのです」

「ふーん」

 アルバンは、カルラが心配している内容がよくわからないようだ。

「”ふーん”て、アルバン。いいですか、ダンジョンは300年の間、封鎖されていたのですよ?」

「うん。だから、お宝が沢山あるよね?そうだよな。兄ちゃん!」

「そうですね。未発見の魔道具がある可能性がありますが、それ以上に、300年の間、封鎖されていたダンジョンには、魔物が溢れている可能性が高いです」

「あっ・・・。そうか、だれもダンジョンに入っていないから、魔物が倒されていないのか・・・」

「マナベ様?」

「魔物の氾濫スタンピードの可能性はあるけど、俺は行こうと思う」

「・・・」

 カルラは、辞めて欲しいと考えているのだろう。クリスだけではなく、ユリウスが心配すると考えているのだろう。俺は、未踏破のダンジョンというだけではなく300年以上魔物が駆除されていないダンジョンは、危険なのは解っている。しかし、それ以上に得ることもあるだろう。”あいつ”に追いつくには、この位の無茶を軽くこなせないと駄目だ。クリスやユリウスが止めても俺は、もうダンジョンに行くつもりになっている。

「マナベ様。お止めしません。しかし、私とアルバンを連れて行ってください」

「死ぬかもしれないぞ?」

「わかっています」

 カルラを見つめる。
 カルラは、死ぬ覚悟があるのかと思ったがどうやら違うようだ。カルラとアルバンが一緒なら、俺が無茶な攻略はしないだろうと考えたようだ。

「条件がある」

「条件ですか?」

「そうだ、今から2週間で・・・」

 俺は、思いついた条件をカルラとアルバンに提示した。