【第一章 スライム生活】第十二話 実験

 

 うーん。
 スキル:結界も、情報がられている。私としては、安全になる可能性が高いし、使えるようになりたい。

 魔石は、ギルドが”買い取ってくれる”ことはわかったけど、私にはギルドに売りに行く手段がない。

 魔物スライムが、ギルドの窓口で”魔石”を売っていたらシュールだ。考えなくても、無理だとわかる。

 私はどうやら成長するスライムらしい。”らしい”と言って、断言出来ないのは、寝て起きたら、サイズが大きくなった・・・。ような、きがする。実際に体積を測っていたわけでも、体重を量っていたわけでもない。そりゃぁ乙女だったころの体重は記憶している。乙女の敵である体重計に文句を言いながら乗っていた。平均的な体重を下回るくらいには維持できていた。

 進化なのか、単純に体積が増えただけなのか・・・。
 体重は、増えていない。増えていないに違いない。スライムボディになってまで、体重に縛られたくない。

 お腹が空かなかったけど、冷蔵庫の中にある消費期限がヤバそうな物を、食べてしまおうと思った。調理は、まだ敷居が高いために、調理の必要がない。豆腐を食べてみた。

 食べるというのが正しいかわからないが、スプーンを使って、口(と想定した部分)に豆腐を置いた。
 美味しかった。味覚も、嗅覚も残っていた。嬉しかった。

 それと、味覚も、嗅覚も、遮断できる。
 普段は、遮断しておいたほうが良いかもしれない。嬉しくなって、床に飛び降りた。そうしたら、床を舐めたような感覚が伝わってきた。まだ、床だったから良かったけど、これが土やトイレだったとしたら、考えたくない。

 食感も感じられた。これで、本当に、スライムボディで困らなくなってきた。
 得たスキルの利用方法がわからないことを除けば、快適だ。

 考えてもわからない。調べても出てこない。
 それなら、実験してみればいい。

 裏庭に出る。
 ビオトープと言うには、大規模な改修を行ったが、後悔はしていない。
 魚も元気に泳いでいる。あとは、木々が根付いてくれれば、成功だ。裏山には、フクロウが生息している。フクロウが食物連鎖の頂点として来てくれたら嬉しい。

 魔石を結合とか、錬金でできるの?

 アイテムボックスに、空のフォルダを作って、魔石を2つ入れる。
 うーん。”結合”とかかな?

 お!出来た!
 物質同士を結びつけたりは出来るのだ。石と石もくっつけられる。強度の問題はあるけど、質量は凶器だ。石だと結合の方向を指示出来る。それなら、土で形をつくって結合させれば・・・。
 アイテムボックス内での結合は出来たけど、アイテムボックスから出しての結合は失敗というか、発動しない。

 調子に乗って魔石を固めていたら、大きくなった。最初のサイズの何倍になったかわからない。
 小指の先(今は、小指は無いけど、感覚的な話)ほどの小さな物だったけど、まとめたら、こぶし大の大きさで、これ以上は大きくならなくなった。魔石(こぶし大)が全部で3つできた。全部、同じ物だと認識されたけど、取り出すと、色彩は違って見える。アイテムボックスは不思議だ。

 どうせ、魔石をギルドに売りに行くことは出来ないし、飾っておこう。

 3つを並べても綺麗だけど、一つは池の中に入れて、光を綺麗に屈折させる。もう一つは、巣箱の上に配置しよう。最後の一つは、庭石の代わりに置いておこう。

 うん。いい感じのアクセントになった。

 池の中に入れた魔石は、淡い光を放っているように思える。
 すごく綺麗だ。流れがある池だからなのか、流れが光で強調されているように見える。

 巣箱の上の魔石は、太陽からの光を、優しく拡散しているように見える。

 それぞれの魔石が、光を優しく拡散しているので、庭に新たな色彩が加わった。

 エンジンの音だ。
 郵便か?

 チャイムが鳴らなかった。郵便かもしれない。

 気配探知とか出来ないかな?
 郵便屋さんや宅配業者屋さんに、素敵なスラムボディを見せられない。忘れていたけど、私はうら若き乙女だ。そして、スライムボディだけど全裸だ。露出狂ではないので、リスクは犯したくない。

 それだけではなく、いつスライムから人間に戻るか解らない。戻らないかもしれないし、数分後に戻るかもしれない。だから、極力、人との接触は避けたい。いずれ街にも行きたいけど、スキルがはっきりとしてからでいい。

 庭の整備と、錬金の実験が出来た。

 もうひとつの実験を行おう。

 まずは、天井裏に行こう。
 お祖母ちゃんが買ってきたお土産だけど、子供だった私や妹は怖がってしまった。ビスクドールだ。

 天井裏も、たまには掃除をしないとダメだな。
 うーん。スライムには眷属なんて居ないだろうからダメだけど、眷属が出来たら掃除を頼みたい。

 愚痴っていても始まらない。
 掃除をしよう。スライムボディは、疲れがこない。優秀な身体だ。

 床に溜まったホコリは、アイテムボックスが大活躍。範囲を指定して、”ホコリ”と指定したら、綺麗になくなった。”ホコリ”って物質だったの?意味がわからないけど、いろいろな物が増えたけど、まとめて、窓から見える裏山に捨てる。悪いものじゃないよね?

 ビスクドールを見つけた。
 子供の時に見たときには、怖かった。
 今、見ても怖い。替えの服が有ったはずだ。私が、探しているのは、ビスクドールが着ている服だ。70cm位の大きな物で、下着まで身につけていると教えられた。そして、職人が作った服は高級ブランドの服に匹敵すると教えられた。調べなかったし、当時は興味が無かったので、深くは考えなかったが、子供向けの服よりも小さい服で、職人が作っていれば、高くても当たり前だ。

 服は綺麗に畳んで、まとめてあった。下着も新品(?)だ。
 フリフリは好きじゃないから、男の子を模したビスクドール(?)の服と、女の子の下着を何着か持ち出す。タグを見ると、洗濯は洗濯機で出来るようだ。本当かな?まぁいいかな。
 洗濯が出来ると仮定をして着てみよう。汚しても大丈夫だ。

 ”着る”というよりも、服に合わせて、スライムボディを合わせていく作業だ。
 空を飛んだときに、モモンガのようにスライムボディを広げられたから出来るだろう。

 細かい変更は難しいけど、概ねは出来た。出来たけど・・・。怖い。鏡で見てみたけど、顔がない。私の顔が模写できれば良いのだろうけど、出来ない。

 実験は失敗だ。
 それに、このサイズだと、顔が出来て、髪の毛が生えたとしても、”人”には見えないだろう。いい考えだと思ったのだけど・・・。

 ”人化”とかのスキルが身につかないと無理なのかな?
 そもそも、顔とか形状変化だけで作ろうとしたら、小学生の低学年が書いた両親の絵とかになってしまう。私は、”画伯”だったし、無理だ。最初から考えればわかったことなのに・・・。なんで、出来ると思ってしまったのだろう。

 うん。
 無理。ふて寝しよう。
 あっ今日は、リビングでTVでも見ていよう。情報は大事だからね。ギルドでの情報収集も大事だけど、マスコミから得られる魔物の情報にも意味があるかもしれない。もしかしたら、スキルや魔石の新しい使い方が見つかったかもしれない。

 彼女は、無意識に魔石を結合させた。
 世界では見つかっていない方法だ。

 彼女が作ったこぶし大の魔石をギルドに持ち込めれば、都内池袋に地下2階で地上9階建てのビルが建つくらいの資金が得られる。

 魔石は、スキル発動の媒体にもできることが判明している。小指の爪ほどの魔石で、スキルを取得したばかりの人間が使う”ファイアボール”と同程度の精神力を保持している。

 そして、彼女のアイテムボックスには、魔石がまた送り込まれる事態になっている。