【第三章 帝国脱出】第二話 バステトの冒険

 

 私は、糸野いとの夕花ゆうかと日本では名乗っていた。
 異世界に勇者の一人として召喚されて、いろいろあって、名前を変えた。今は、カリンという。私が名乗っている名前だ。

 まーさん(年齢不詳、本名不明)と、大川大地さんと、王城から脱出して、準備を整えて、王都を脱出した。
 今は、辺境伯の領都に向かう馬車の中だ。

 日本に居た時に、馬車に乗ることを考えていなかった。少しだけテンションが上がっている。

 王都から離れるまでは、なるべく休まずに進んでいたが、王都から離れてからは、馬車の速度を落として進むようになった。休憩も頻繁に挟むようになった。

「まーさん。イーリス。少しだけ森に行ってきていい?バステトさんと一緒に行くよ」

「わかった。無理はするなよ」

「うん」

 まーさんは、すぐに許可を出してくれて、バステト大川大地さんが近づいてきた。

「バステトさん。お願いします」

”にゃ!”

 本当に不思議だ。
 バステトさんは、私の言っている言葉が解る。それだけではなく、私よりも間違いなく強い。

 今日は、ここで野営すると聞いている。
 まーさんに説明されて、ゆっくり進むメリットを聞いた。確かに、気持ちとしては”安全な場所”に早く逃げたいけど、逃げる場所が分かっている場合には、逆効果になってくる。
 私だけなら、王城から逃げ出せたとして、その後は、難しかっただろう。イーリスに頼んで、隠れて過ごしているのが限界だったと思う。辺境伯と交渉して、領地に逃げ込ませて貰うところまでは、出来たかもしれない。でも、その後・・・。辺境伯領の近くにある。帝国の領地外に逃げ出す所まで交渉できたのだろうか?アイディアは出せるが、交渉して許可を貰えるとは思えない。

 あっバステトさんが、何かを見つけた。
 スライム?

「バステトさん。私が攻撃していい?」

”にゃ!”

 大丈夫なようだ。

「近づかないで、魔法で攻撃するね」

”にゃぁ”

 やはり、魔法での攻撃がいいようだ。
 イーリスに言われて、聖魔法と闇魔法の両方を修練していた。聖魔法は、攻勢魔法は少ないようだけど、まーさんが”使い方”だと教えてくれた。

 聖魔法の攻撃方法は、他の魔法と同じで、聖属性の魔法をぶつける方法だ。そのときに、”形を変えられる”というのがまーさんの考えだ。実際に、やったら出来た。イーリスは驚いていたが、イメージがしっかりすれば、問題はない。攻撃の強さは、込める魔力で変わってくる。

 初めてというわけではないが、バステトさんと二人だけでと言うのは初めてで、自分一人で魔物を倒すのも初めてだ。

 スライムを倒すのに、どの程度の魔力が必要になるのかわからないけど、傷が治るのと同じくらいの魔力を込めた。魔力球を槍のようにして投げてみる。刺さるが、スライムの核までは届かなかった。

 もう少し強くやらないとダメなのかな?
 先程の攻撃の倍位の魔力を込める。

 うーん。スライムは、動かない。
 私の攻撃が効いているのか、効いていないのか、よくわからない。

 動かないのなら、槍を2つにして、連続で攻撃してみる。同じ場所に当たれば、核を攻撃できるはずだ。

 まだダメ。でも、効いている。動かない。スライムだけで、こんなに時間が掛かっていたら、やっぱり、私は回復役なのかな?剣を持って、”戦ってみたい”なんて夢物語なのかな?

 よし、今度は、3つだ。
 バステトさんが、動いた。奥から、色が違うスライムが出てきた。

「大丈夫!バステトさん。奥のも同時に攻撃する!」

”にゃにゃぁ!”

 バステトさんが、私の足元に移動して、座った。
 今の攻撃でいいようだ。槍を一つ、増やして4つの槍を連続で投げる。先に、動いている奥のスライムを狙う。

 え?なんで?
 奥のスライムは、一つの槍が核に当たって核が弾けた。その場で、動きを止めた。

 考えるのは後だ。
 手前のスライムに3つを連続で投げる。最後の槍が、スライムの核に当たって弾けた。

「ふぅ・・・。え?あぁぁ。あっ!ん・・。っく。きゃぁ。あぁぁあぁん。ダメ」

 立っていられなかった。

 お尻を地面に降ろしてしまった。
 おもらしをしなかった自分を褒めたい。少しだけ、本当に少しだけやばかった。

「カリン様!」

 イーリスの声だ。心配して、近くに居てくれたのだろ。護衛の人も一緒だ。

「イーリス。大丈夫。なんか、急に身体を、何かが駆け巡って、驚いただけ・・・。もう、大丈夫」

 立ち上がって、お尻に付いた土を払う。乙女としての矜持は守りきれた。地面を見ても濡れていない。

「大丈夫なら・・・。え?カリン様。戦っていたのは、そのスライムですか?」

「そうですよ?」

「まず、なんでスライムの形が残っているのですか?核が無いので、倒しているとは思うのですが・・・」

 イーリスが何か、ブツブツ言っている。
 護衛の人が近づいてきて、私が倒した二匹のスライムを持ってきてくれた。

「カリン様」

「はい?」

「奥に居たのが、通常のスライムです」

「はぁ」

「そして、手前に居たスライムは、スライムの上位種です。それも、色から考えると、進化を2ー3回はしていると思います」

「はぁ・・・。それは、どういうことですか?」

「とてつもなく強いスライムです。色から、物理耐性や魔法耐性を持っていた可能性があります」

「え?どうりで、魔法が効かなかった・・・」

「それで、お聞きしたいのは、どうやって倒したのですか?これだけ、スライムの形が残るのは、聞いたことがありません」

「えぇと・・・」

「エリオ。その話は、私が聞きます。カリン様のスキルに関係する話です」

「わかりました。もうしわけありません。カリン様」

 護衛の人は、私に頭を下げてから、イーリスからも少しだけ離れた場所に移動した。

「それで、カリン様」

「別に聞かれても困らないのですが、聖魔法を槍状にしてスライムの核を狙って投げただけですよ?」

「・・・」

「カリン様。聖魔法の他には、例えば、火魔法で同じことが出来ますか?」

「属性は、闇だけですが、火ですか?やってみないとわからないです」

「そうですか・・・」

”にゃ!”

 足元で座っていた、バステトさんが私の足を叩いた。バステトさんが見ている方向を見ると、後から出てきたスライムと同じ色のスライムが茂みから出てきた。こちらには向っていないが、核が見えるから、狙える。

「イーリス。あのスライムで試してみますね」

「お願いします」

 火か、生活魔法の着火が”火”だな。
 着火だけで、槍を作るのは無理そうだ。

 聖魔法で槍を作って、周りを燃やしてみる。
 あっ出来た。

【魔術:火を取得しました】

 何か、頭の中に響いた。

 出来た槍を投げると、核が壊れると同時に、スライムが蒸発するように消えてしまった。

「カリン様?」

「あっ出来た。それに、魔術:火を取得したみたい」

「え?そんな・・・。簡単に?」

「うん」

「あっもしかして、カリン様。先程、”身体の中を、何か駆け巡った”と、おっしゃいましたよね?」

「うん。あれは何?」

「一度に沢山の格が上がったのかもしれないです」

「格?」

「はい。初代様は、”レベルアップ”とおっしゃっていました」

「あぁジャイアントキリングになって、大量のレベルアップになったのかな?」

「その”じゃいあんときりんぐ”は初めて聞く言葉ですが、格が上がる時に、力が身体を駆け巡ります。本来なら、少しずつなので気が付かないのですが、本来なら倒せないような魔物を倒した時に、一度に沢山の格が上がるのです」

「そうかぁ・・・。まさに、その状況を経験したのだね。でも、格があがると、何か変わるの?」

「いろいろ言われていますが、少しずつの格の上がりと違って、一度に上がると別のスキルを覚えやすくなるようです。まだ、研究途上で、正しいとは言えないのですが・・・」

「そう・・・。でも、それなら、魔術:火を覚えたのは、格が上がって、スキルを覚えやすい状況になった可能性があるのね」

「はい」

「まだ覚えられるかな?」

「それは、わかりません。1個だけの場合もあれば、複数のスキルを覚えたという報告もあります」

「イーリス。剣を借りてもいい?」