オーバーラップ文庫の記事一覧

2021/11/26

【積読】絶対に働きたくないダンジョンマスターが惰眠をむさぼるまで 16 (オーバーラップ文庫)

雑感 うん。コミカライズは読んだ。でも、小説は、積読になってしまう。 気絶するまで作業をしているのが悪いのはわかっている。お布団に入って読むことにします。 お布団教万歳。 書籍紹介 おうちにいながら新婚旅行!? “働かない生活”を目指すダンジョンマスターの俺、増田桂馬。 レオナの一件が片付いたと思ったら、またもハクさんから仕事が……。 今度は聖王国にある人工ダンジョンの生産拠点を破壊しろってことだけど、ダイード国から帰ってきたばかりなんだし家でのんびりしていたい! そう思っていたら―― 「全てを…

続きを読む

2021/10/29

【積読】ひとりぼっちの異世界攻略 life.8 青嵐の辺境ホリデイ (オーバーラップ文庫)

雑感 青嵐の辺境ホリデイ サブタイトルがすごく気になる。けど、積読です。前巻は半分くらいで止めてしまっているので、読み直しします。 書籍紹介 楽園出現! クラスごと異世界に召喚された“ぼっち”の高校生・遥(はるか)。 教国による辺境オムイ侵攻を総力戦の末に退けた遥は、今ようやく日常を取り戻しつつあった。 迷宮攻略と装備品作成に励む傍ら、遥が向かったのは彼の異世界生活はじまりの地である魔の森。 そこは並の冒険者では踏み込ることができない危険地帯にして魔境――のはずであったが、遥は木々を伐採して開拓…

続きを読む

2021/06/25

【読了】現実主義勇者の王国再建記XV (オーバーラップ文庫)

雑感 積読。かなり積まれてしまっています。 TVアニメが終わってから、アニメの終わりから続きを読もうかな。 書籍紹介 ――今こそ「結束」の時だ ハーン大虎王国、グラン・ケイオス帝国、そしてフリードニア王国が盟主を担う海洋同盟――世界は三大勢力拮抗の時代を迎えた。 そんな折に突如、ハイエルフの国・ガーラン精霊王国が三大勢力に接触を図ってくる。 目的は魔王領拡大で失った領土の奪還要請。 ソーマはメリットがないと拒否するが、大虎王国は要請に応じて軍を派遣する。 しかし健康な兵が次々と倒れる異常事態が発生。 実は精…

続きを読む
広告

2021/06/01

【積読】絶対に働きたくないダンジョンマスターが惰眠をむさぼるまで 15 (オーバーラップ文庫)

雑感 積読が溜まってしまっている。 帯を読んで、姉?あぁと思ったのは、Web版を読んでいるからに違いない。 楽しみでもある。 おフトンに入って読みます。 書籍紹介 かわいい娘ができました。 “働かない生活”を目指すダンジョンマスターの俺、増田桂馬。 留学に来ていたアイディも魔国に帰り、しばらく平和な日々が続いていた……と思ったら―― 「パパ! ママ! はじめまして、私はあなたたちの娘です! 」 なんと俺とロクコの間に第一子が誕生!? 何故!? そしてこれハクさんに殺されるやつでは……!? 誠意を…

続きを読む

2021/06/01

【積読】ひとりぼっちの異世界攻略 life.7 そして踊り子は黄泉返る (オーバーラップ文庫)

雑感 購入本の入力が終わったら読む予定。 委員長に近い感覚で読んでいるので、ツッコミ待ちされているように感じてしまう。 書籍紹介 第二の迷宮皇、顕現 クラスごと異世界に召喚された“ぼっち”の高校生・遥(はるか)。 謀反を起こした第二王子を退け、王都を奪還した遥であったが―― 彼は今、辺境オムイを守るため、数万の軍勢の前にひとりで立っていた。 謀反の裏で教国が進めていた「辺境地平定軍」によるオムイへの侵攻。 これを阻止すべく平定軍を相手に孤軍奮闘する遥だが、教国の“天罰”が引き起こす迷…

続きを読む

2021/04/23

【読了】現実主義勇者の王国再建記ⅩⅣ (オーバーラップ文庫)

雑感 積読になってしまっています。 アニメ化の為、まとめ読みを考えています。 書籍紹介 運命を覆す「鍵」は――俺だ 九頭龍諸島を脅かす巨大不明生物を討伐したソーマ。 王国民はソーマの活躍を大いに称えるが、世界はさらなる快挙に沸いていた。 魔王領、一部奪還――東方諸国連合の小国・マルムキタン王フウガが挙げた大戦果である。 東方諸国連合内で急速に勢力を拡大していくフウガ。 これに危機感を抱いた反フウガ派による“フウガ暗殺未遂事件”を発端として、東方諸国連合は各国入り乱れての大規模な戦に突入し……!?…

続きを読む
広告

2021/01/29

【積読】ひとりぼっちの異世界攻略 life.6 御土産屋孤児院支店の王都奪還 (オーバーラップ文庫)

雑感 しばらく積読の予定です。 もしかしたら、明日には読み始めるかも・・・。よくわかりません。魅力ある作品なので、積読しておいても、予定が空けば読みます。 書籍紹介 不落の王都を制圧せよ 王女と共に王都へ旅立った“ぼっち”の高校生・遥(はるか)。 道中で何者かの強襲を受ける王弟を助けた遥は辺境オムイに一時帰還するが、その間に商国の傀儡と化した第二王子の謀反で王都が占領されてしまう。 遥は辺境と王国の戦争に終止符を打つべく王都解放を決意。 宝具による護りや罠を次々と突破していく。そして王都に侵入を…

続きを読む

2020/11/20

【積読】絶対に働きたくないダンジョンマスターが惰眠をむさぼるまで 14 (オーバーラップ文庫)

雑感 ひとまず、積読。 書籍紹介 お姫様のエスコートは命がけ!? “働かない生活”を目指すダンジョンマスターの俺、増田桂馬。 ようやく魔国への留学(ほぼ奴隷)から帰ってきたと思ったら、今度は魔国のお姫様であるアイディが交換留学で帝国にやってきた。 その案内を押し付けられるのは、何となくわかっていたけれど―― 「この暇を何とかなさい、村長」 平和な帝国はアイディには退屈過ぎた! バトルジャンキーなお姫様を宥めるため、俺はアイディが斬っても良い相手を探して奔走することに……!? 俺流ダンジョンストー…

続きを読む

2020/10/23

【積読】ひとりぼっちの異世界攻略 life.5 超越者と死神と自称最弱 (オーバーラップ文庫)

書籍紹介 クラスメイトを超越者へ導け クラスごと異世界に召喚された“ぼっち”の高校生・遥。 王女率いる近衛師団を偽迷宮の罠で撃破した遥は、王国との戦争開戦に備えてレベルアップを急ぐクラスメイトの教官役を引き受けた。 クラスメイトが目指すはLv100――勇者が到達したという“超越者(オーバー)”の境地。 しかしLv100の壁を超えるには過酷な条件をクリアする必要があり……!? かくして戦争への準備は着実に進むが、王国も静観するばかりではない。 遥のもとに王国が送り込んだのは“超越者(オ…

続きを読む
広告

2020/10/07

【積読】現実主義勇者の王国再建記XIII (オーバーラップ文庫)

書籍紹介 これが俺の「切札」だ 敵対国家・九頭龍諸島連合へフリードニア王国艦隊の派遣を決定したソーマ。 故国を救うべく身を捧げた九頭龍諸島の姫シャボンを味方に付けたソーマは、彼女の手引きで王国艦隊の到着前に島へと潜入する。 ――目下の問題は諸島連合艦隊よりも、近海に出没する謎の巨大生物。 そう睨んだソーマは敵国内で巨大不明生物の情報収集にあたる。 かくして判明したその実体は常識を逸脱した怪物で……!? 敵国艦隊と巨大生物、迫る二つの脅威にソーマが講じた策略とは!? 革新的な異世界内政ファンタジー、第13巻!…

続きを読む

2020/07/25

【積読】ありふれた職業で世界最強 11 (オーバーラップ文庫)

書籍紹介 ――最終決戦、開始。 【氷雪洞窟】を攻略し、ついに全ての神代魔法を手に入れたハジメ。 日本に帰還できる喜びもつかの間、一行を待ち受けていたのは、魔王が遣わした圧倒的戦力。 魔王城へ招待されたハジメ達は、クラスメイトのみならず、ミュウまでも人質に取られたことを知り、従わざるを得ず――。 そこで待ち受けていた魔王はまさかの人物で……!? さらには、動揺したユエが敵の術中に陥れられてしまい……!? 神は嗤う――「最後の遊戯だ」と。 いま、最終決戦の火蓋が切られる。 “最強”異世界ファンタジー…

続きを読む

2020/07/25

【積読】ひとりぼっちの異世界攻略 life.4 王女よ偽迷宮に散れ (オーバーラップ文庫)

書籍紹介 最強の師団を撃破せよ 隣領・ナローギ領主の蛮行から密偵の少女を救い出した“ぼっち”の高校生・遥。 辺境の街・オムイを発展させるアイテムを収集しようと、遥はクラスメイトを連れて迷宮を攻略し続けていたが、そんな折に出会ってしまう―― アンジェリカに比肩し得る‟無敵”の迷宮王に。 見た目は可愛いスライムなのに、チート能力持ちのクラスメイトが手も足も出ず……!? その裏でオムイと王国の対立が激化していた。資源を不当に要求する王国を拒絶し、離反独立したと見なされたオムイ。 国王からオ…

続きを読む
広告

2020/07/19

【積読】ひとりぼっちの異世界攻略 life.3 泣く少女のための転移魔法

書籍紹介 「辺境の街に化け物のような男が現れた。その男の目的は何なのか? 」 クラスごと異世界に召喚された“ぼっち”の高校生・遥。 最果ての迷宮を制覇し、迷宮皇アンジェリカを『使役』した遥は、攻略した迷宮の戦利品で辺境の街・オムイを豊かに“改造”する日々を送っていた。 そんなある日、遥は気配を断ち尾行してくる怪しげな少女に気づく。 その少女の正体は遥を危険視する隣領の領主が差し向けた密偵「絶対不可視(インビジブル)」であった。 バレても任務を放棄しない密偵の少女。困った遥がとった行動…

続きを読む

2020/07/19

【積読】ひとりぼっちの異世界攻略 life.2 最強迷宮皇もぼっちだった

書籍紹介 クラスごと異世界に召喚された“ぼっち”の高校生・遥。 オムイの街でクラスメイトと再会を果たすも蔑ろにされたと感じた遥は、好感度を上げるアイテムがあるという迷宮へ向かう。 そして心配するクラスメイトの制止を聞かずに探索を進めた結果――遥は罠に掛かり、前人未踏の迷宮最下層へ落下してしまい!? 一刻も早く遥を救出しようとチート能力で迷宮を駆け抜けるクラスメイトたち。 一方の遥は迷宮最下層に眠る伝説の存在・迷宮皇と対峙していた。 隔絶したステータスと最強クラスのスキルを持つ迷宮皇を前に遥はなす…

続きを読む

2020/07/19

【積読】ひとりぼっちの異世界攻略 life.1 チートスキルは売り切れだった

雑感 珍しく、コミカライズから入った作品です。 癖の強い文章で、好き嫌いがはっきりしそうな小説です。 私は、すごく好きな感じです。 書籍紹介 高校生活を“ぼっち”で過ごす遥は、ある日突然クラスメイトとともに異世界へ召喚される。 気づけば神様の前にいた遥は、チート能力が並ぶスキルリストから異世界で生きるために好きなスキルを選べることになった――と思いきや、スキル選びは早い者勝ち。 チートスキルはクラスメイトに取り尽くされていて!? 売れ残りの微妙なスキルしか得られなかった遥は、『ぼっち』というスキルの効果でパ…

続きを読む
広告

2020/06/27

【積読】絶対に働きたくないダンジョンマスターが惰眠をむさぼるまで 13 (オーバーラップ文庫)

書籍紹介 ケーマ、奴隷になって強制労働!? “働かない生活”を目指すダンジョンマスターの俺、増田桂馬。 ハクさんから『神のパジャマ』が魔国の大武闘大会の賞品になっていることを教えてもらい、さらには「帝国の使者」として魔国へ留学することに。 至れり尽くせりで嫌な予感しかしない……。 案の定、いきなり大会優勝者の50番コアと戦わされるし―― 「では、取り決め通り、こやつは我が頂くのである」 え? 魔国じゃ決闘で負けたら奴隷? そんなー。いきなり始まる奴隷生活。しかも仕事の合間に戦闘訓練もさせるって!…

続きを読む

2020/05/29

【積読】黒の召喚士 12 天穿の黒 (オーバーラップ文庫)

書籍紹介 異世界からの転生者にして戦闘狂の“ケルヴィン”。 その仲間であるジェラールは、ついにある人物との邂逅を果たした。 その者の名はジルドラ。かつてジェラールの祖国を滅亡に追いやった人物その人であった。 亡国の、そして亡き妻子の仇を討つため―― ジェラールは今、剣を振るう……! 一方その頃、聖域「揺り籠」にてケルヴィン、メルフィーナと相対するは、「神の使徒」を束ねるアイリスだった。 強者との戦闘を望むケルヴィンと、エレアリスを妄信するアイリス。 両者が選択したのは、刃を交えることのみであり……

続きを読む

2020/05/16

【積読】現実主義勇者の王国再建記Ⅻ (オーバーラップ文庫)

書籍紹介 傭兵国家ゼムから『大武術大会』への招待状を受け取ったソーマ。その大会は優勝者に「願いを叶える権利」が与えられるゼムの一大イベントであった。 ソーマは国交が途絶えたゼムの招待に応じない構えであったが、元王国陸軍大将ゲオルグの娘が大会に参加すると報告が上がり!? かつて王国の内乱で反逆者として処分されたゲオルグ。 その娘が優勝して復讐を願えばゼムを率いて王国に戦争を仕掛ける可能性もある。 彼女の真意を探るべくソーマはゼムへ赴くが、彼女に接触したゼム王もその思惑をはかりかねており……!? 革新的な異世界…

続きを読む
広告

2020/01/27

【読了】絶対に働きたくないダンジョンマスターが惰眠をむさぼるまで(10)(11)(12)

積読でしたが12巻が発売されましたので、3冊を連続で読みました。 Web版も読んでいるのですが作者さんが言っている通りに別物です。

続きを読む

2017/08/10

【読了】灰と幻想のグリムガル level.10 ラブソングは届かない (オーバーラップ文庫)

内容紹介 このゲームみたいな世界で、おれは今日も生きていく――。緊迫の10巻!!! ある義勇兵が深い傷を負い、山中で一人その人生の終焉を迎えつつあった。 死に間際、彼は思い出す。元いた世界の残滓を。そして、疑問を抱く。 ――この“グリムガル”という世界とはなんなのか?と。 一方、千の峡谷(サウザンバレー)を抜けオルタナを目指し東へ進んでいたハルヒロたちは、道中の森で、巨大な猿のようなモンスター・グォレラたちの襲撃を受けていた。 レッドバックというリーダーに率いられたグォレラの群れに苦戦を強いられ…

続きを読む
広告

2017/04/23

【読了】絶対に働きたくないダンジョンマスターが惰眠をむさぼるまで

勇者登場。 ダメ勇者だけど、なんとなく憎めない。 賭け事はほどほどにってことだろうな

続きを読む