HJ文庫の記事一覧

2020/09/05

【積読】精霊幻想記 17.聖女の福音 (HJ文庫)

書籍紹介 哀れな民に救済を。愚か者に聖女の福音を。 その日、シュトラール地方の辺境でひとつの国が滅んだ。 民衆を革命へと導いたのは、聖女エリカを名乗る黒髪の女性。 新生国家の初代元首となった彼女は、休む間もなく列強諸国へと自ら足を運ぶ――すべては、己の悲願を達成するために。 「貴様、ただの道化ではないな。もっと質が悪い魔女の類いか」 「私はただ弱者が存在しない世界を作り上げたいだけです」 一方、リオは復讐を終えた報告をすべく、ヤグモ地方への帰郷を決めるが、その途中で思いもよらぬ人々と再会することに……!? …

続きを読む

2020/04/03

【積読】精霊幻想記 16.騎士の休日 (HJ文庫)

書籍紹介 内容紹介 復讐を遂げた騎士は、帰りたい場所へ辿り着く―― ルビア王国での予期せぬ強襲から離脱し、無事にベルトラム王女姉妹をガルアーク王国城へと送り届けたリオ。 一連の不穏な動きについて国家間での情報共有が進む中、リオは度重なる功績の褒賞として、ガルアーク王城内にある屋敷を下賜されることに! さらに好意を隠そうとしないガルアークの王女シャルロットが、リオに猛烈なアプローチを仕掛け―― 「二人はハルト様と婚姻を結ぶ気はありますか」 死闘を終えた騎士の休日に、少女たちの恋心が大きく揺れ動く! 関連作品 …

続きを読む

2020/02/16

【読了】精霊幻想記 14.復讐の叙情詩 15.勇者の狂想曲 (HJ文庫)

Web版も読んでいます。原作も買ってコミカライズも買っています。話の内容は復讐ですが復讐だけに偏らない感じがすごく好きです。 内容紹介 かくして因果は収束し――復讐の旅路は終局を迎える。 プロキシア帝国城にて、初代皇帝を名乗る男から仇敵ルシウスの行方に関する情報を入手したリオ。ルシウスとの決着の刻を間近に予感しながら、リオは進路をパラディア王国へと向ける。 一方その頃、ロダニアの客船からクリスティーナとフローラ――二人の王女が誘拐されていた。彼女たちが強制転移させられた先とは、奇しくもパラディア王国の森の中…

続きを読む
広告