【読了】毒と花道 1 (花とゆめCOMICS)

 

雑感

毒にも花にもなる。
必要な者はすでに持っていた。

書籍紹介

叔母家族の元で顔を隠して生きるよう育てられた佐伯瑞希(さえき みずき)。
女々しい振る舞いを蔑まれ周囲からも孤立していた彼は、歌舞伎役者・旦原三四六(だんばら さんしろう)に誘われ、図らずも歌舞伎の世界に足を踏み入れる。
少年が舞台へ上がる時、恐るべき能力が開花する――!
2020年11月刊


関連作品

たしろみや関連作品

猶本三羽関連作品