【読了】最凶の支援職【話術士】である俺は世界最強クランを従える 1 (ガルドコミックス)

 

雑感

一つの王道ですね。
声でのバフというのは面白いと思います。
裏切られる所までのはなしなので、先が気になってしまいます。

書籍紹介

俺の野望に、王道はいらない。

英雄だった亡き祖父との誓いを果たすべく“最強の探索者<シーカー>“を志す少年ノエル。
しかし彼に発現したジョブは【話術士】――戦闘能力は最弱の支援職だった。
「俺一人では最強を掴めない」そう悟ったノエルは、不屈の精神と知略を以て“強者”を従え操ることに活路を見出す。
周りに集った探索者<シーカー>を容赦なく手駒にする彼の冷酷なやり方は、見知らぬ者からすれば“悪”そのもの。
だが、ノエルは躊躇うことはなかった。
ただ己の野望のために。
“”話術士””の少年が、強者を操り最強へと君臨するバトルファンタジー第一幕。


関連作品

じゃき関連作品

やもりちゃん関連作品