【読了】続・魔法科高校の劣等生 メイジアン・カンパニー (電撃文庫)

 

雑感

やっと追いつきました。
積読だった、高校編を全部読み切って、新しいシリーズを読みました。
続いているようで、新しい感じがする不思議な感じがしました。

書籍紹介

圧倒的な能力を示し波乱の高校生活に幕を下ろした達也。次なる秘策は――。

数多の強敵を打ち破り、波乱の高校生活に幕を下ろした司波達也。彼は新たな野望の実現のため動き始めていた。
一般社団法人『メイジアン・カンパニー』。
達也が専務理事に就任したその組織の目的は、魔法適性はあるものの実用レベルに至らない存在、メイジアンの人権保護の実現。魔法師が兵器ではなく人間として生活できる新時代へ向け、達也は大学生ながら、確実に歩みを進めていた。
戦略級魔法師を凌駕する影響力を持つ達也の動向は、当然ながら世界中から注目を集める。USNAにある魔法師の結社『FEHR』から、達也の動向を探るべく刺客が送り込まれ……。
司波達也の新たな伝説が幕を開ける――。


関連作品

佐島勤関連作品

石田可奈関連作品