【読了】とんでもスキルで異世界放浪メシ 9 ホルモン焼き×暴食の祭典 (オーバーラップノベルス)

 

雑感

肉ダンジョンと盗賊王の宝の話です。次回は、どうするのだろう盗賊王の回想とか読んでも面白くないのだけど・・・。
ムコーダさんの恋愛模様が一向に改善しないのが可哀そうに思えてきてしまう。

書籍紹介

このダンジョン、ドロップ品が全部“肉”!?

「勇者召喚」に巻き込まれ、現代日本から異世界へとやってきたサラリーマン、ムコーダ。
彼はカレーリナの街のマイホームを従業員(奴隷)達に任せて、フェル、スイ、ドラちゃんと共にローセンダールの街を訪れる。
その目的は、ドロップ品のほとんどが肉だという通称「肉ダンジョン」!
奥に行くほど上等な肉がドロップするこのダンジョンを前に、フェル達は全ての肉を狩りつくさんばかりに張り切るのだった。
そんな肉ダンジョンで出会ったのは、自分達の食い扶持を稼ごうとしている孤児院の少年達。
すっかりムコーダに懐いた少年達との交流はダンジョンを出てからも続き、中にはムコーダの料理に惚れ込んで師匠と慕う者も。
そしてムコーダは彼らから聞いたイベント「肉ダンジョン祭り」に屋台で出店することに……!?
「小説家になろう」8億PV超のとんでも異世界冒険譚、脂の乗った第9巻!


関連作品

江口連関連作品

雅関連作品