龍娘の小説(1作品)

最強職《竜騎士》から初級職《運び屋》になったのに、なぜか勇者達から頼られてます
ハイファンタジー

著者:あまうい白一

 ―最上級職から初級職になったのに、より強くなるだけでした―  最強の《竜騎士》アクセルは、王家の依頼により勇者パーティーの一人として魔王を倒した。その後、多大な報酬を得た彼はこれ以上物騒な仕事をする必要もない、と初級職《運び屋》に転職した。そして、相棒である竜と共に世界を旅しながら、悠々自適な生活をしようと思っていたのだが―― 「何だか前より勇者やギルドの連中から頼りにされていないか?」「だってご主人、竜王のボクを駆る、最速の運び屋さんになったんだから、当然でしょ」 「というか、竜騎士時代よりも能力が上がっているし、スキルも強いような?」「だってご主人、基礎を学んでないんだから、学び直したら強くなるのは当たり前だよ」  こうして史上最強のビギナー《運び屋》となった彼は、周りから愛され憧れられ、頼られながら自由気ままに生活していく。

R15 残酷な描写あり 冒険 ファンタジー 初級職 職業 精霊 ビギナー最強 最強 異世界 スキル 龍娘 勇者 転職 コミカライズしてます


全話数:62
文字数:201238(読了時間:403分)

総合得点:107665
 ブックマーク数:44720
 レビュー数:0
 評価数:2002
挿絵数:0
会話率:50%


初回投稿日:2017-07-24 21:56:48
最新掲載日:2018-02-10 00:22:55
最終更新日:2018-02-20 02:35:31

小説サイト勝手にランキング

▲このページのトップへ