記憶喪失の小説(1作品)

レディ・アンナ・グランヴィルは離婚がしたい
???

著者:jupiter

アンナ・グランヴィルはある理由から夫との離婚を望んでいたが、夫のエリオットが頑なに拒否するため、妻の義務をすべて放棄して部屋に引きこもる日々を送っていた。 このままではいけないと思った彼女は屋敷を出て行こうとするが、阻止しようとするエリオットともみ合いになり、共に階段を転がり落ちてしまう。 アンナは奇跡的に無事だったものの、頭を強く打ったエリオットは気を失い、やがて目覚めるが、これまでの記憶をすべて失っていた。 淡々としていた性格も一変、幼く無邪気になっていて、アンナは家出どころではなくなってしまい―――。 夫と別れたいヒロインと、そんなヒロインを無邪気に慕う夫(記憶喪失)のちょっと切ない攻防(?)戦。

R15 ヒストリカル 貴族 夫婦 すれ違い 記憶喪失 じれじれ


全話数:18
文字数:59557(読了時間:120分)

総合得点:3537
 ブックマーク数:1543
 レビュー数:0
 評価数:48
挿絵数:0
会話率:32%


初回投稿日:2018-11-30 20:18:43
最新掲載日:2018-12-16 18:00:00
最終更新日:2018-12-16 18:01:19

▲このページのトップへ