解雇の小説(1作品)

> 育成スキルはもういらないと勇者パーティを解雇されたので、退職金がわりにもらった【領地】を強くしてみる
????????

著者:黒おーじ

【育成】に特化した俺(27歳)のスキルは、あるていど強くなった勇者パーティにはもう不要なようだった。初期のころはパーティの中心だった俺も、とうとう勇者から解雇を言い渡される。ただし、「これまでパーティに多大なる貢献をしてきた」ということで、退職金がわりに小さな【領地】をゆずり受けることになった。冒険の第一線を離れる寂しさを胸に領地へ向かう俺だったが、じっさいに7つの村と2500人あまりの領民たちを見てふと思った。俺がコイツら育成したら、魔王とか倒せるような強い領地にならねーかな?……と。

冒険 青春 異世界 解雇 追放 魔法 育成 内政 領地 ハーレム 恋愛 友情 魔王


全話数:10
文字数:30331(読了時間:61分)

総合得点:29605
 ブックマーク数:12889
 レビュー数:1
 評価数:423
挿絵数:0
会話率:40%


初回投稿日:2018-11-28 21:25:02
最新掲載日:2018-12-07 21:05:18
最終更新日:2018-12-07 21:05:18

▲このページのトップへ