現代から過去へ助言の小説(1作品)

(連載版)日本が日露戦争後大陸利権を売却していたら? ~ノートが繋ぐ歴史改変~
歴史

著者:うみ

ロシアと戦争がはじまる。 突如、現代日本の少年のノートにこのような落書きが成された。少年はいたずらと思いつつ、ノートに冗談で返信を書き込むと、また相手から書き込みが成される。 なんとノートに書き込んだ人物は日露戦争中だということだったのだ! ずっと冗談と思っている少年は、日露戦争の経緯を書き込んだ結果、相手から今後の日本について助言を求められる。こうして少年による思わぬ歴史改変がはじまったのだった。 ※本編完結しました。ありがとうございます。外伝は不定期で更新していきます。 ※地名、話し方など全て現代基準で記載しています。違和感があることと思いますが、なるべく分かりやすくをテーマとしているため、ご了承ください。 ※改稿した場合はその旨記載いたします。 ※同名小説の連載版となります。 ※この小説はカクヨムへも投稿しております。

架空歴史 日本優遇 日露戦争 現代から過去へ助言 ご都合主義 仮想戦記 歴史改変 ハッピーエンド


全話数:156
文字数:449271(読了時間:899分)

総合得点:15200
 ブックマーク数:5688
 レビュー数:3
 評価数:432
挿絵数:0
会話率:33%


初回投稿日:2017-02-11 23:46:35
最新掲載日:2018-04-08 00:56:08
最終更新日:2018-04-08 00:56:08

▲このページのトップへ