海洋ファンタジーの小説(1作品)

炎の海賊の船首像
異世界

著者:天竜風雅

ルティーナは密かに想いを寄せる艦長ルウムと共に、海賊船を取り締まるアマランス号に乗っている。その任務はルウムの父親の船を沈めた「炎(フラムベルク)の海賊」を捕らえる事。 けれど捜索の最中、アマランス号は不慮の火災事故で沈没してしまう。 ルティーナは燃え盛る甲板で、斧を手に船首へ走るルウムの姿を目撃する。 『そうでした。あなたが助けたいのはあの美貌の船首像だということを、すっかり忘れていましたわ』 曰くつきの『船首像』を巡ってルティーナの恋は成就するのか。 基本シリアス(時にコメディ)軽めの海洋ファンタジーです。 ◇自サイト掲載作品。

シリアス時にコメディ 女主人公 海洋ファンタジー 帆船 海賊 ヤキモチ 三角関係 戦うお姉さん


全話数:13
文字数:52917(読了時間:106分)

総合得点:0
 ブックマーク数:0
 レビュー数:0
 評価数:0
挿絵数:0
会話率:35%


初回投稿日:2018-02-27 17:20:20
最新掲載日:2018-03-15 22:18:51
最終更新日:2018-03-15 22:18:51

▲このページのトップへ