武術の小説(1作品)

二の打ち要らずの神滅聖女 〜五千年後に目覚めた聖女は、最強の続きをすることにした〜
????????

著者:藤孝剛志

 最強を決める戦い、神滅大戦に聖女ニルマは勝利したが、人類は滅亡寸前になっていた。  戦うべき敵と守るべき信徒がいなくなったニルマは、いつか世界が復興することを夢見て眠りに付く。  そして五千年。  目覚めてみれば、ニルマたち聖職者は後衛からちょろちょろと回復魔法を使うサポート役として軽く扱われるようになっていた。 「回復してる暇あったら、殴れば?」  これは、とりあえず殴ればなんとかなると思ってる聖女様が、変わり果てた世界で無双するお話。 ※アルファポリス様でも公開しています。

R15 残酷な描写あり 女主人公 主人公最強 武術 物理攻撃 聖女


全話数:8
文字数:33440(読了時間:67分)

総合得点:6151
 ブックマーク数:1791
 レビュー数:0
 評価数:279
挿絵数:0
会話率:49%


初回投稿日:2019-02-06 19:00:00
最新掲載日:2019-02-09 19:00:00
最終更新日:2019-02-09 19:29:28

▲このページのトップへ