時間移動の小説(1作品)

万物の理論と星の見る夢
空想科学

著者:setsu

月島レイは力が向きと大きさ(ベクトル)で目に見えるという、特殊なクオリアが生じている。 そのクオリアを用いて、4つの力の統一的記述、つまり万物の理論の記述を試みる。 彼は、力学を支配する。

挿絵あり 挿し絵あり SF 時間遡行 時間移動 タイムリープ パラレルワールド 平行世界 量子力学


全話数:25
文字数:10886(読了時間:22分)

総合得点:6
 ブックマーク数:3
 レビュー数:0
 評価数:0
挿絵数:1
会話率:52%


初回投稿日:2017-11-11 22:30:38
最新掲載日:2018-03-15 21:00:00
最終更新日:2018-03-15 21:01:51

▲このページのトップへ