序盤主人公最弱の小説(1作品)

モンスターが現れた世界で、僕は最強の存在となる
????????

著者:羽田遼亮

ある日、日本に『ゲート』と呼ばれる異世界の門が出現する。 それによって異世界から次々と現れるモンスターたち。 日本の治安機構は壊滅し、世界はまさしく『黙示録』の様相を呈していた。 修学旅行の真っ最中だった僕は、クラスメイトと共に祖父の家に逃げ込むが、そこにいたのは日本刀でモンスターを斬りまくる爺ちゃんだった。 なんと爺ちゃんはかつて異世界を救った『勇者』だったのだ。 そんな爺ちゃんの孫である僕にも『才能』があったらしく、徐々に『覚醒』する。 僕は『最強の力』を駆使しながら、大切な人たちと崩壊した世界を生き抜く!!

R15 残酷な描写あり パンデミック ポストアポカリプス グロテスク 序盤主人公最弱 やがて主人公最強 高校生 ダークファンタジー 剣と魔法 文明崩壊 サバイバル 現代


全話数:12
文字数:30809(読了時間:62分)

総合得点:7882
 ブックマーク数:2872
 レビュー数:0
 評価数:239
挿絵数:0
会話率:25%


初回投稿日:2018-10-21 10:23:02
最新掲載日:2018-10-31 13:33:19
最終更新日:2018-10-31 13:33:19

▲このページのトップへ