師匠の小説(1作品)

うちの弟子がいつのまにか人類最強になっていて、なんの才能もない師匠の俺が、それを超える宇宙最強に誤認定されている件について
????????

著者:アキライズン

「貴方様が剣聖アリス様のお師匠様、大剣聖タクミ様で御座いますね」 「え、いや、人違いじゃないか?」 戦力外通知を受けて、パーティーから追放された俺は、冒険者を引退して山で一人のんびりと暮らしていた。 だが、いつのまにか弟子が人類最強になっており、その師匠の俺が宇宙最強と噂され、冒険者ランキングの1位になってしまう。 勘違いされて、俺の元に弟子志願や、ドラゴン、果ては勇者や魔王までが次々とやって来てしまう。 いや、やめて下さい。 俺、ただの雑魚ですよ? この話は俺が本当に宇宙最強になるとか、そういう物語ではない。 ただ、ただ、人外の者達に巻き込まれながら、勘違いされ続ける悲劇、いや…… 喜劇の物語である。

勘違い ギャグ 人類最強 宇宙最強 ファンタジー ダンジョン 弟子 チート 男主人公 追放 ざまぁ 師匠 剣聖 SSS級 ネット小説大賞七感想


全話数:12
文字数:31170(読了時間:63分)

総合得点:11535
 ブックマーク数:4907
 レビュー数:0
 評価数:183
挿絵数:0
会話率:34%


初回投稿日:2019-01-27 12:33:19
最新掲載日:2019-02-06 23:48:11
最終更新日:2019-02-06 23:48:11

?????????????

▲このページのトップへ