巨大構造物の小説(1作品)

ハードコア世界で機動兵器が超巨大構造物を破壊する戦記
空想科学

著者:小早川 彰

ビルディング。 超巨大自立無機構造物であり、現時点での人類の敵である。 法則は4つ。 ①一定時間何らかの衝撃を加え、当該ビルディング面積に対して2割以上の損傷を受けないと攻撃性を増し、他の無機物を破壊する衝動を持つ。 攻撃を加え続けなければ人類は滅びる。 ②自己修復機能と考察能力を持ち得る。また、損傷が4割を超えると常時無衝撃状態の攻撃性を保つ。 強くなるくせに、攻撃しすぎると暴れ出す。 もちろんその習性を利用し、世界征服を目論む国家も発生する。 ③増殖性を有する。原理不明。 現在本惑星の地表の3割を覆っている。 注記:本惑星の4割は海であり、残りの6割のうち3割をビルディングに覆われている。 増える。人類の終焉は近い。 ④有機物を体内に収容する性質を有する。収容後の有機物の様子は不明。 人類の闘争理由は常に問われ続ける。 (殴り書きが記載されている。) 搭乗型機動兵器トボラトラに乗って、空を飛ぶのは主人公、貴方だ。 ハードコア世界で機動兵器が超巨大構造物を破壊しているのを読みたい、見たい。同志求む。 本文章はエブリスタにも記載している。

R15 残酷な描写あり オリジナル戦記 ハードボイルド SF 機動兵器 巨大構造物 ミリタリー ロボット アンドロイド ハードコア 末期戦 傭兵


全話数:2
文字数:2236(読了時間:5分)

総合得点:0
 ブックマーク数:0
 レビュー数:0
 評価数:0
挿絵数:0
会話率:3%


初回投稿日:2018-03-15 08:30:00
最新掲載日:2018-03-15 22:00:00
最終更新日:2018-03-15 22:00:22

▲このページのトップへ