妹が可愛いの小説(1作品)

コワモテの巨人くんはフラグだけはたてるんです。~自分の恋愛には無関心のくせに~
????

著者:十本スイ

身長、205㎝。体重、125㎏。高校二年生にして、恵まれ過ぎた体格を持つ少年――不々動悟老。さらに額にある大きな傷痕に三白眼の鋭い目つき。一見すれば確実に堅気ではない雰囲気を醸し出す彼は、実は家庭菜園とネット小説に投稿することが趣味の、超文化系の少年だった。周りから『巨人』、『殺し屋』、『バケモノ』、『ヤクザ』などと呼ばれ、怯え続けられてきたことから、彼は人と距離を取るようになり、自分自身の評価すら最底辺のものだと疑わない。小学校から孤独に過ごしてきたそんな彼にある日、転機が訪れる。それは投稿しているネット小説投稿サイトからの一通のメールだった。そこから悟老の日常が少しずつ変化を帯びていく。そして悟老と直に接した女の子たちもまた、彼の人柄に徐々に惹かれていく。それもこれも、無自覚に彼が立てるフラグのせいである。しかし彼は自分がモテるなど露ほどにも思わない。何故なら自己評価が奈落の底だから。故に女の子たちはやきもきしていくのだが……。これは自分に自信がなく、恋愛事に無関心な少年が、不意に訪れた新たな環境がきっかけとなり様々な女の子と知り合いフラグを立てていく話である。そしていつか彼にも本当の恋が何なのかを知ることができる……かもしれない。

スクールラブ ラブコメ 日常 現実世界 無自覚 恋愛に無関心 ハーレム 堅気に見えない主人公 妹が可愛い 超のつくシスコン のほほん


全話数:8
文字数:34618(読了時間:70分)

総合得点:4205
 ブックマーク数:1805
 レビュー数:0
 評価数:65
挿絵数:0
会話率:37%


初回投稿日:2019-03-08 21:00:00
最新掲載日:2019-03-12 12:00:00
最終更新日:2019-03-12 15:11:43

▲このページのトップへ