報復の刃がでかすぎるの小説(1作品)

無実の罪で一族もろとも処刑されたので甦って報復しました。それはもう徹底的に!!
????????

著者:やとぎ

エミリア=フィル=ザルブベイルは牢獄の中にいた。  外から聞こえてくる歓声は自分の両親、兄の処刑が執行された事を示していた。  ザルブベイル家はフィルドメルク帝国において皇室につぐ名家であったが、政敵に陥れられ無実の罪で一族もろとも処刑されることになったのだ。  最後に残ったエミリアは皇太子アルトスの婚約者であったがそこには例外はない。むしろ皇太子アルトスの稚拙な婚約破棄を政敵が利用したのである。  家族、一族が次々と処刑され絶望にそまる中にあってもエミリアは静かに処刑を心待ちにしていた。  すべてはこの国に報復するために……  * * *  婚約破棄モノを書いてみようとなったらなぜかこうなってしまいました。長くかかりませんのでよろしくおつきあいください。

R15 パンデミック 盛大すぎるざまぁ 異世界 処刑されてからが本番 婚約破棄はおまけ アホのせいで滅亡 奴隷化決定!! 報復の刃がでかすぎる グロ注意!! ネット小説大賞七


全話数:13
文字数:32701(読了時間:66分)

総合得点:4773
 ブックマーク数:1881
 レビュー数:1
 評価数:115
挿絵数:0
会話率:51%


初回投稿日:2018-12-27 00:00:00
最新掲載日:2019-01-09 00:00:00
最終更新日:2019-01-09 00:02:00

▲このページのトップへ