埋められる外堀の小説(1作品)

人間だけど魔王軍四天王に育てられた俺は、魔王の娘に愛され『支配』属性の権能を与えられました。
????????

著者:左リュウ

魔力の少なさから、生まれてすぐ魔界に捨てられてしまった主人公、リオン。だが、魔王軍四天王に拾われたことで彼の運命は一変する。世界最強クラスの実力者である四天王から直々に鍛えられ、可愛がられたリオン。時は経ち、彼はあらゆる魔法を『支配』する権能を持った立派な魔王軍の兵士……そして、魔王の娘であるアリシアの護衛になっていた。そんなリオンに与えられた新たな任務は、『楽園島』と呼ばれる島の魔法学院に入学するアリシアを護ること。 「魔王軍の一員として、立派に任務を果たしてみせます!」 恩人であり、尊敬する魔王軍四天王のためにリオンは任務に挑む…… 「「「「そんなことより、リオンが可愛くて仕方がない」」」」 「待ちなさい貴方たち。リオンはわたしのものよ。絶対に渡さないわ」 ……本人をよそに、周りの四天王や魔王の娘アリシアはひたすらリオンを可愛がる。 「一緒に学院に通いましょうね、リオン」 「もちろんです、姫様!」 「だから一緒に任務をがんばりましょうね、リオン」 「もちろんです、姫様!」 「この任務が成功したら、結婚しましょうね」 「もちろ…………えっ?」

R15 残酷な描写あり 身分差 異世界 男主人公 恋愛 魔王の娘 学園 チート 溺愛四天王 バトル 魔界の姫と いちゃいちゃ 埋められる外堀


全話数:6
文字数:44766(読了時間:90分)

総合得点:4481
 ブックマーク数:2040
 レビュー数:0
 評価数:42
挿絵数:0
会話率:55%


初回投稿日:2019-01-26 21:07:48
最新掲載日:2019-01-30 07:00:00
最終更新日:2019-01-31 02:11:28

▲このページのトップへ