主人公最強(予定)の小説(3作品)

誰でも使える身体強化を鍛え続けたら、滅茶苦茶強くなってました ~人類最強の無能者~
????????

著者:alzon

10歳で魔法が発現する世界。そんな世界で育ったアークだったが、彼は一切の魔法を持っていなかった。無能者として、家を追放されてしまったアークはある森で、一人の男と出会った。男に拾われたアークは、誰でも使える身体強化をひたすら鍛え続けた。――それから六年程。17歳になったアークは森で一人の女性と出会う。「あなたの身体強化、おかしいわよ!?」「別に普通じゃないか? 師匠はもっと強いし……」。なんと、身体強化を鍛え続けた結果、そこらの魔法をはるかに凌駕する力になっていた! 魔法を使えないにも関わらず、人類最強になったアークは好きな女性の一人の騎士として世界の常識を覆していく。

R15 冒険 主人公最強(予定) 男主人公 学園 チート 成り上がり 落ちこぼれ 異世界 貴族 魔法 物理で殴る ご都合主義


全話数:10
文字数:34704(読了時間:70分)

総合得点:20344
 ブックマーク数:8160
 レビュー数:0
 評価数:432
挿絵数:0
会話率:45%


初回投稿日:2019-03-02 19:32:58
最新掲載日:2019-03-07 20:04:40
最終更新日:2019-03-07 20:55:30

一億年ボタンを連打した俺は、気付いたら最強になっていた~落第剣士の学院無双~
????????

著者:月島 秀一

 剣術学院の落第剣士に、『一億年ボタン』を持ちかけた謎の老人がいた。押せば一億年修業したのと同じ効果が得られる魔法のボタン。落第剣士が疑い半分でボタンを押した次の瞬間、その身に絶大な力が宿るのを感じた。彼は喜んで何度もボタンを押した――押してしまった。  それは呪われたボタンだ。押した瞬間、彼は一億年という『時の牢獄』に閉じ込められた。最初の百年はこれ幸いと修業に明け暮れた。千年が経ち、自分が何故剣を振っているのかわからなくなった。一万年が経つ頃には、考えることをやめていた。  一億年後、廃人同然となった彼は、ついに現実世界へ戻った。同時にこれまで過ごした一億年の記憶は忘却され、残ったのは研ぎ澄まされた剣技のみ。「ボタンを押しただけで強くなれる!?」そう勘違いした彼は何度も一億年ボタンを押し、そのたびに愚かな自分を呪った。そうして地獄の一億年をループし続ける中で、彼はあることに気が付いた。 「この世界さえ斬れれば、ここから抜け出せるんじゃないか……?」  数億年後、時の牢獄を『斬った』彼は一億年のループから脱出した。  これは剣術学院の落第剣士が極限の剣技で汚名を晴らし、世界にその名を轟かせる物語。

R15 残酷な描写あり 主人公最強(予定) 成り上がり 異世界 才能の無い落ちこぼれ 数十億年の鍛錬 理性の化物 精神力の化物 忍耐の化物


全話数:5
文字数:31605(読了時間:64分)

総合得点:31665
 ブックマーク数:9531
 レビュー数:0
 評価数:1389
挿絵数:0
会話率:27%


初回投稿日:2019-02-01 11:37:43
最新掲載日:2019-02-05 12:02:22
最終更新日:2019-02-05 21:53:01

時代遅れの盾! ~実は最先端のチートスキル持ちだったのに見る目のないパーティーリーダーに追い出されてしまったので、とりあえずやり返すことにしたんだけどこれが結構順調で最高~
????????

著者:寝たふり内

とあるパーティーでタンクの役目を担っていた少年・ラグナは、自分のスキルと同じ効力を持つアイテムが市場に出回ってしまい、本格的に自分の立場を失ってしまう。 結果的にパーティーを追い出されてしまうのだが、実はラグナのスキルにはまだ先があった。凡スキルと思われていたラグナのそれは、実際のところはSSSランクのトンデモスキルであり、市場に出回っているアイテムなんかとは比べ物にならないほどに最先端の、チートじみたモノだった。 ラグナはその力を使いこなしつつ、自分を追い出したパーティーへの復讐を果たしながら、今まで以上の立場に成り上がるための行動を開始する――。

R15 残酷な描写あり 冒険 ラブコメ 勇者 魔王 ハーレム(予定) ざまぁ 追放 成り上がり ファンタジー チート 異世界 主人公最強(予定) ご都合主義


全話数:13
文字数:51680(読了時間:104分)

総合得点:4209
 ブックマーク数:1831
 レビュー数:0
 評価数:61
挿絵数:0
会話率:51%


初回投稿日:2019-01-02 20:17:03
最新掲載日:2019-01-09 17:13:46
最終更新日:2019-01-09 17:13:46

▲このページのトップへ