ロボット物の小説(1作品)

星喰いの降る宇宙
空想科学

著者:工藤健太

ある日、海にできた大穴から謎の生命体が現れた。機動兵器『コフィン』を擁して世界を支配したイギリス王国は、これを地球上から殲滅せんと様々な手を尽くしたが失敗に終わる。そして、戦いは膠着状態となり二十年が経過した……。 この物語はそんな世界を生き抜く少女の物語である。

近未来 エイリアン 怪獣 女主人公 ロボット物 二重人格 地球外生命体 ロボット ネット小説大賞六感想


全話数:16
文字数:34507(読了時間:70分)

総合得点:60
 ブックマーク数:11
 レビュー数:0
 評価数:4
挿絵数:0
会話率:51%


初回投稿日:2017-12-22 23:42:39
最新掲載日:2018-03-15 21:49:44
最終更新日:2018-03-15 21:50:44

▲このページのトップへ