ナノマシンの小説(1作品)

Jules's Legacy
空想科学

著者:ばーさーかー

| 俺はこの世界の裏側のことを何も知らなかった。仲の良かった幼馴染のことさえわかっているようで何もわかっていなかったんだ。 普段は仲の良い彼女だが、少し前からどこか様子がおかしかった。主に帰宅時にどこか俺を避けている。疑念に駆られた俺は衝動を抑えられず彼女を尾行してしまった。それが俺たちの日常を大きく変えてしまうとも知らずに。 彼女の家とは真逆の方向にある廃工場、そこで俺が見たのは彼女と一人の男との密会。男の言動に彼女の今まで知らなかった真実。『能力者』の存在を知った俺は何とか彼女とともに――。 そんな彼とのやり取りを何度つづけたのだろう。優しい幼馴染の彼は決まって最後には私と共に歩んでくれようとする。だけど私は彼を受け入れてはいけない。 ……それなのに、どうしてあなたは何度繰り返しても私に手を差し出すの? 動き出した俺たちの運命。 何度失敗しようとも関係ない、繰り返して繰り返して、どんな脅威だって退けてみせる。 「だから俺と一緒で良いから、戦ってくれないか?」

R15 残酷な描写あり 青春 異能力バトル タイムマシン ナノマシン タキオン 能力 組織 タイムリープ 現代 ネット小説大賞六感想


全話数:74
文字数:336860(読了時間:674分)

総合得点:4
 ブックマーク数:2
 レビュー数:0
 評価数:0
挿絵数:0
会話率:46%


初回投稿日:2017-09-06 16:55:35
最新掲載日:2018-03-15 22:15:08
最終更新日:2018-03-15 22:15:08

▲このページのトップへ