スペシャリストの小説(1作品)

アラクネ姉さん
VR???

著者:ますくばろん

時はそれとなく未来でご都合的な世界。 フルコネクト型VR技術はナノマシン技術よって空論から現実のモノとなりました。 もちろん、ゲームだって進化します。 そんな進化したMMORPGでの出来事を綴ったお話。 音無時雨。本作主人公orヒロイン。 普段はMMORPGなどしないが親友に誘われその世界に足を踏み入れる。 これがすべての始まりでした。 後に古代の殺戮兵器。人の姿をした何か。仕置人。マンハンター。マンイーター。ジェネラリスト。スペシャリスト。悪魔。もうラスボスでいいと思う。這いよる殺意。邪神。○○○○ウェポン。益虫美人。 等々と、いろんな呼び方をされる事となる彼女。 そんな事とは露知らず、今日も彼女は世界のどこかでバリボリ――音を立てながら強くなる。 すべては親友で恋焦がれる幼馴染(女の子)とイチャコラする為に。

R15 残酷な描写あり 日常 冒険 近未来 VRMMO ゆりゆり バリボリ音 ほのぼの 女主人公 人外 ハーレム? VR ネット小説大賞七感想 ESN大賞 ジェネラリスト スペシャリスト


全話数:15
文字数:37194(読了時間:75分)

総合得点:5007
 ブックマーク数:2075
 レビュー数:0
 評価数:97
挿絵数:0
会話率:26%


初回投稿日:2019-01-29 16:31:19
最新掲載日:2019-02-07 07:02:51
最終更新日:2019-02-07 18:48:12

▲このページのトップへ