シムツリーの小説(1作品)

目指せ樹高634m! 〜杉に転生した俺は歴史を眺めて育つ〜
????????

著者:石化

| 男は神様によって転生させられた。 しかし、異世界ではなく縄文時代で種族は杉。 スカイツリーよりも高くならなくては人間には戻してもらえないらしい。 彼は慣れない種族に苦しみながらもなんとか200m強まで育て上げる。 だが、戦争(平将門の乱)により火をつけられ、燃え落ちてしまうのだった。 気がついたら二周目をさせられることになっていた。 二周目も縄文時代(最初から200m)からスタート。 これならいける。 葉っぱを飛ばして経絡秘孔をつき、耐熱性を上げ、200度の温度に耐えられる樹皮を手に入れた杉(?)は、いつしか日本を代表する杉。大和杉と呼ばれるようになっていた。 *ヒロイン出ます。*人形態にはならないです  

逆行転生 人外転生 歴史 チート 木とは? ステータスっぽいもの ネット小説大賞七感想 シムツリー 約杉 634越杉 かぐや姫


全話数:14
文字数:29279(読了時間:59分)

総合得点:12053
 ブックマーク数:4462
 レビュー数:0
 評価数:343
挿絵数:0
会話率:15%


初回投稿日:2018-10-29 18:04:01
最新掲載日:2018-11-11 18:04:03
最終更新日:2018-11-11 19:05:49

▲このページのトップへ