小説家になろうの記事一覧

2018/05/25

【Story Editor】Vector で公開

Story Editor 小説を書く時に、必要になる機能を詰め込んだ、アウトラインプロセッサ ソフト詳細説明 文章の構成をサポートするアウトラインプロセッサです。文章やプレゼンテーションを作成するとき、アウトラインプロセッサで骨組を作ってから肉付けをしていくとまとまりが良くなります。Story Editorは文書内の節や章を階層で管理し、移動も自由にできるアウトラインプロセッサです。 小説を書くために開発を行っていますが、長い文章やプレゼンテーション、レポートなどを作成するときに活用する事もできます。 St…

続きを読む

2018/05/23

【Story Editor】 正式版リリース

Story Editor このソフトウェアに関して… 小説を書くために開発を行った。軽快な章立てテキストエディタ。 私が、小説を書く時に、必要になる機能を詰め込んだ、テキストエディタです。よくある、アウトラインプロセッサになっています。カスタマイズできる項目は、”まだ”少ないです。 これからの作者の気分次第で、機能/カスタマイズ項目が増えていきます。 Story Editorは、文章の構成をサポートするアウトラインプロセッサです。文章やプレゼンテーションを作成するとき、アウトラインプロセッサで骨…

続きを読む

2018/04/24

【Story Editor】 Version:0.4.22.1 最新版公開

認知バグ情報 ファイルを再度開く時に、ノードの情報が消える事がある(Version 0.4.22.0) → Vwesion:0.4.22.1 以降で対応 サブウィンドウのタイトルが付いていない(Version 0.4.22.0) → Vwesion:0.4.22.1 以降で対応 Story Editor このソフトウェアに関して… 小説を書くために開発を行った。軽快な章立てテキストエディタ。 私が、小説を書く時に、必要になる機能を詰め込んだ、テキストエディタです。よくある、アウトラインプロセッサ…

続きを読む
広告

2018/04/23

【Story Editor】 小説を書くために開発を行った。軽快な章立てテキストエディタ

小説を書くために開発を行った。軽快な章立てテキストエディタ 私が、小説を書く時に、必要になる機能を詰め込んだ、テキストエディタです。よくある、アウトラインプロセッサになっています。カスタマイズできる項目は、”まだ”少ないです。 これからの作者の気分次第で、機能/カスタマイズ項目が増えていきます。 Story Editorは、文章の構成をサポートするアウトラインプロセッサです。文章やプレゼンテーションを作成するとき、アウトラインプロセッサで骨組を作ってから肉付けをしていくとまとまりが良くなります。Story …

続きを読む

2018/04/08

【Story Editor】 バグ修正 – Version:0.4.7.1

[wpdm_package id=’955′] こっそりバグ修正版 ・ファイルが開かれている最中に、新規作成を行うと、上書きされてしまう問題に対応。 ・校正の文字数制限を、10,000から20,000 にしてみた。Yahoo!の制限が10,000だと思っていたのだけど、もう少しいけそうなので・・・。   人柱が欲しい。 その前に、ドキュメントを書けという声が聞こえてきそうです・・・。

続きを読む

2018/04/07

【Story Editor】 初期公開バージョン – 安定版(Version:0.4.7.0)

[wpdm_package id=’955′] 自由な発想・構成のお手伝いをしてくれる、高機能かつ軽快なアウトラインプロセッサです 私が小説を書くためだけに作成した、テキストエディタです。 アウトラインエディタに属しますが、機能はまだ少ないです。これから、機能を増やしていきます。   他のアウトラインエディタと違う所 ・校正を確認出来ます(Yahoo! APIを利用しています) ・辞書機能が着いています(デ辞蔵Webサービスを利用しています) ・言葉が作成出来ます。 ・小説…

続きを読む
広告

2018/03/16

勝手にランキングサイト作成開始

小説の続きを書こうと思ったら、使っていたエディタが壊れて、それなら、エディタを作ってみようと考えて、作り始めたら、ランキングサイトを取得している情報で作れるのではないかと思い始めて、ざっと作ってみた。 ランキング以外の部分の作成を行っています。 まだ本格的な可動には、程遠いのですが、自分で使う分には十分な所まで作りました。 ランキングと検索を作れば、後はデザイン部分だけど、デザインは、どこかを真似すればいいかな程度に思っています。 仕事のストレスは、別のプログラム作成で発散するのが、一番です。 小説を書くよ…

続きを読む

2017/08/16

ブラント迷宮

魔法の世界でプログラム 2017/07/24 23時更新 3章.冒険者 60話:『ブラント迷宮』 新しい道が現れた。 呆然とするナーテを見つめる事しかできなかった。 ナーテ自身、今の現象は知らなかったようだ。 「にいちゃん。これって・・・。」 「あぁ迷宮ダンジョンからの招待状だろうな。」 まて、いろいろ整理しよう。 ナーテが、女の子なのかどうかは、この際おいておこう。態度から、ナーテがフランケンシュタイン伯爵の血縁者だと知っていた可能性は低い。 そもそも、本当に血縁者なのかさえも、さっきの機械音声が告げただ…

続きを読む

2017/08/12

ナーテの秘密

魔法の世界でプログラム 2017/07/23 23時更新 3章.冒険者 59話:『ナーテの秘密』 さて、それでは、トリスチド・ル・テリエの尋問を始めよう。 その前に、 「なっ助けてくれるのではなかったのか?」 「あぁ?”助ける”とは言ってないだろう。考えるだけだ。熟考したが、やはり、助ける意味がなさそうだからな。まぁ指は残しておいてやるよ。」 全員のアキレス腱を切った。この世界で治療法があるかわからないが、表面の傷は綺麗に治しておいて、アキレス腱が断裂した状態にしておけば、なかなか治せないだろう。 まぁ良く…

続きを読む
広告

2017/08/10

テリエメール村

魔法の世界でプログラム 2017/07/22 23時更新 3章.冒険者 58話:『テリエメール村』 冒険者たちの事は、駆けつけた守備隊に任せた。 表に出て、ヒルダ達と合流した。 「ナーテ。”湖の村”の場所はわかるか?」 「にいちゃん。そりゃぁわかるよ。何度か、行っているよ。」 「そうか、案内出来るか?」 「うん。でも、あんまりいい印象がないよ。前は良かったみたいだけど、新しい村長になってから、おいら達の村が普段漁をしている所まで来て無理矢理、貝を取っていったり、魚を取っていく。」 「そうか、村長が変わったの…

続きを読む

2017/08/10

領主の誘い

魔法の世界でプログラム 2017/07/20 19時更新 3章.冒険者 57話:『領主の誘い』 イベントの予感に、心躍る。 ニヤニヤしてしまいそうだ。 5人。確実に俺達を見ている。後ろには、居ないようだ。手抜きだな。後ろに逃げられると考えないのか? ラウラとカウラが俺の前に出る。 俺も、腰の刀をいつでも拔けるようにする。 後一歩で、ラウラとカウラの攻撃範囲内に入る。 5人の男どもは、はっきりと俺を見ている。 これは、確実に来るな! 後ろにもう1人居るようだ。黒幕か? 5人の間から出てきた男がいきなり。

続きを読む

2017/08/10

冒険者

魔法の世界でプログラム 2017/07/20 19時更新 3章.冒険者 56話:『冒険者』 無事宿屋を見つけられた。 今回も、3つのベッドがある部屋だ。 もういい諦めた。人間、諦めが肝心な事もある。 ユリアンネとヒルダとルトは、商人に話を聞くために、道中で知り合ったバロワンさんの所に顔を出してから、商人ギルドに行く事になる。 アンとラウラとカウラは、冒険者ギルドに行く事にしている。

続きを読む
広告

2017/08/09

共和国

魔法の世界でプログラム 2017/07/19 23時更新 3章.冒険者 55話:『共和国』 街を出て国境に向かっていく。 何度か商隊とすれ違ったが、俺達を奇異な目で見るものは居なかった。 明日には国境に到着するだろう。最初は、バックハルムという国境近くの街に入って、情報がないか調べてから、ナーテの記憶を頼りに、ナーテの村を目指す。 馬車での宿泊にもなれた。 「アル様。もうすぐ国境だと思いますが、どうされますか?」 「商人としてこのまま進もう。」 「かしこまりました」

続きを読む

2017/08/09

迷宮攻略の報告

魔法の世界でプログラム 2017/07/18 19時更新 3章.冒険者 54話:『迷宮攻略の報告』 ユリウス達は予定通りに到着した。すごく残念な事に・・・。一日。いや、半日遅れてくれれば、それを理由に国境を目指しても良かった。 「アル!」 「ユリウス。」 抱き合ったりはしない。1ヶ月と少ししか経っていないのだ。 「早速で悪いが、一つずつ確認していこう。場所は確保しているのだったよな。クリス?」 「えぇユリウス様。アルノルト様にそんな事を頼んだら逃げられてしまいますからね。わたくしが代官に言って確保しています…

続きを読む

2017/08/09

迷宮攻略の後始末

魔法の世界でプログラム 2017/07/17 21時更新 3章.冒険者 53話:『迷宮攻略の後始末』 どうやら、『98』は独自の進化をしていたらしい。 魔法のある世界だからと言ってしまえば、それで終わってしまう。OSは、Wind○wsがベースになっている。どうやって、初代『98』で動かしているのかを小一時間くらい問い詰めたい気持ちにはなる。 そうなると今度は、マウスが無いと困ってしまいそうだ。 3.1や95なら、キーボード操作でもなんとかなるが、後々困るようになってしまう。

続きを読む
広告

2017/08/09

迷宮攻略

魔法の世界でプログラム 2017/07/16 21時更新 3章.冒険者 52話:『迷宮攻略』 今、30階層の階層主だろう部屋の前にいる。 部屋で一泊したので、魔力も充実している。 扉を開ける前に確認する 「いいな。今までの階層主と同じ戦法で行くからな!」 『はい!』 扉を開ける。 へ? なにこれ? 俺の目の前に広がっている光景を一言で表現すると「モンスターハウス」だ。

続きを読む

2017/08/09

迷宮攻略・後編

魔法の世界でプログラム 2017/07/15 20時更新 3章.冒険者 51話:『迷宮攻略・後編』 迷宮ダンジョン探索も二日目に入った。 結局、昨日はナーテが俺の横で寝ていた。まだ母親が恋しい事もあるだろう。男の子だし文句は言わないでおこう。 今日は、10階層まで行けたら行きたいと思っている。 階層主の近くで、休める場所が複数あるらしいので、そこで休むようにしたいと思っている。 「ラウラ。カウラ。今日は、10階層まで行くつもりで居る。」 「はい。」「はいにゃ」 「アンネリーゼ。」 「なぁに?」 「魔物を見つ…

続きを読む

2017/08/09

迷宮攻略・中編

魔法の世界でプログラム 2017/07/14 21時更新 3章.冒険者 50話:『迷宮攻略・中編』 休憩場所に選んだ場所は、小部屋だったが、カウラが何やら見つけてきた。 鉄鉱石だ。この手の物が見つかるから、冒険者が沢山潜っているのだろう。そして、持ち帰ってきた物を買い取るための商人がいたり、武具にする為の鍛冶職人が居る。鍛冶職人をまとめる為に、職人ギルドも支店を出している。 「さて、一息つけたし、そろそろ行きますか!?」 「なぁにいちゃん。」 「どうした?ナーテ。戻ってもいいぞ?」 「ううん。そうじゃなくて…

続きを読む
広告

2017/08/09

迷宮攻略・前篇

魔法の世界でプログラム 2017/07/13 23時更新 3章.冒険者 49話:『迷宮攻略・前篇』 ライムバッハの街を出て、街道を少しだけ早めの速度で進んで、4日目。 ウーレンフートの街が見えてきた。 ”迷宮の街”と言われる通り、迷宮ダンジョンが存在している。 ゆえに冒険者も多く滞在している。死と隣り合わせだが、一攫千金も夢ではない。アーティファクトを発見すれば、それで一生遊んで暮らせるだけの金を得る事も可能なのだ。

続きを読む

2017/08/09

旅立ち

魔法の世界でプログラム 2017/07/12 19時更新 3章.冒険者 48話:『旅立ち』 「ユリウス。どうして?」 「アル。明日、旅立つのだろう?」 それだけを聞きたかったのだろうか? ユリウスは、俺をまっすぐ見ている。 「あぁそのつもりだ。ライムバッハ領とカールの事を頼む」 「大丈夫だ。お前は何も気にするな。」 ユリウスから差し出された手を握った。 「アルノルト。無理だけはするなよ。」 「あぁユリウスもな。」

続きを読む

2017/07/11

旅立ち前夜

魔法の世界でプログラム 2017/07/11 19時更新 3章.冒険者 47話:『旅立ち前夜』 「アル。それで、もう一つはなんだ?」 「あぁすまん。後二つある。二つとも報告でもう変えられない事実として受け取って欲しい。」 「わかった。話せ!」 ユリウスが何故かイライラし始めている。

続きを読む
広告

2017/07/10

到着

魔法の世界でプログラム 2017/07/10 19時更新 3章.冒険者 46話:『到着』 昨日の夜は、ステータスの確認とその後の魔法講座で疲れて寝てしまった。 やはり皆と一緒だ。もう多分、これは今後も変わらないのだろう。 安全な場所で、寝る時には、魔法を限界まで使ってから寝るように指示した。 聖獣になっている5人も魔力を使い切ると眠くなると話していた。ヒト型の時には、武器防具を身につける事が出来る。 そして、便利な事に聖獣体に戻る時には、着ていた物が格納される。そして、ヒト型に戻るときに、着る物が選べるよう…

続きを読む

2017/07/09

進化

魔法の世界でプログラム 2017/07/09 19時更新 3章.冒険者 45話:『進化』 随分と人が常に居る生活になれた物だ。 さて、ユリウスになんて言えばいいのか?もう面倒だから、全部話してしまおうか? ヒルダの事は間違いなく説明しなければならない、その上で、ヒルダがここまで俺になつく理由の説明を求められたら困ってしまう。 そして、聖獣の事もある。ユリアンネとラウラとカウラはまだいい。なんとか説明出来るが、アンネリーゼの説明が難しい。

続きを読む

2017/07/09

事情説明

魔法の世界でプログラム 2017/07/09 17時更新 3章.冒険者 44話:『事情説明』 ダンスホールは、バスケットコート一面位の広さを持つ。 辺境伯としては狭い部類だろうと話していた。 そこに、屋敷で働く者や、守備隊の主要メンバーや、出入りの商人まで集まっている。 俺とヒルダに注目している。

続きを読む
広告

2017/07/08

ライムバッハ領

魔法の世界でプログラム 2017/07/08 19時更新 3章.冒険者 43話:『ライムバッハ領』 『お兄様。帰ってきたのですわね』 「あぁそうだな。帰ってきたな」 「なぁにいちゃん。”帰ってきた”って、ここの人だったのか?」 「そうだよ。」 「ナーテ。アルノルト様は、ここのご当主代行なのですよ。」 「え?にいちゃん。貴族様だったの?」 「貴族様って、そうだけど・・・」 「へぇおいら、貴族って始めてみた。あんまり偉そうじゃないのだな」 「ナーテ。違いますよ。アルノルト様が特別なだけです。」

続きを読む
1 2 3