【読了】魔法科高校の劣等生 司波達也暗殺計画(3) (電撃文庫)

 

書籍紹介

内容紹介
有希たちへ迫り来る新たな影――それは『術式解体』の使い手!

西暦二〇九六年一〇月。黒羽文弥の直下で殺し屋を生業とする榛有希。彼女に新たな依頼が舞い込んでくる。
今回の暗殺ターゲットは、国防軍の軍人たちだった。用心深く警戒を重ねる標的の懐になんとか潜り込んだ有希だが、『鉄シリーズ』を名乗る謎の乱入者に標的の命を奪われてしまう。その正体は、国防軍自らが過去に生み出した調整体の魔法師だった。
調整体の青年は、自らの手で国防軍への復讐を完遂すべく、立ちはだかる有希たちへもその牙を向ける――!
彼が放つ魔法は、有希の因縁の相手、司波達也が得意とする『術式解体』で――!

内容(「BOOK」データベースより)
西暦二〇九六年一〇月。黒羽文弥の直下で殺し屋を生業とする榛有希。彼女に新たな依頼が舞い込んでくる。今回の暗殺ターゲットは、国防軍の軍人たちだった。用心深く警戒を重ねる標的の懐になんとか潜り込んだ有希だが、『鉄シリーズ』を名乗る謎の乱入者に標的の命を奪われてしまう。その正体は、国防軍自らが過去に生み出した調整体の魔法師だった。調整体の青年は、自らの手で国防軍への復讐を完遂すべく、立ちはだかる有希たちへもその牙を向ける―!彼が放つ魔法は、有希の因縁の相手、司波達也が得意とする『術式解体』で―!


関連作品

佐島勤関連作品

石田可奈関連作品