冒険者ギルド

 

魔法の世界でプログラム

2017/06/30 18時更新
2章.少年期
30話:『冒険者ギルド

俺とラウラとカウラは、先に拠点に向かった。そのまま、学校に戻る事にした。
夜間の移動になってしまったが、拠点に居たくなかった。これ以上の面倒事を避ける意味もあった。

学校に着いた時には、翌朝になっていたが、そのまま先生方に事情を説明する為に、集まっている場所に移動した。

PREV:
救出
NEXT:
逆恨み