【Story Editor】 小説を書くために開発を行った。軽快な章立てテキストエディタ

 

小説を書くために開発を行った。軽快な章立てテキストエディタ

私が、小説を書く時に、必要になる機能を詰め込んだ、テキストエディタです。よくある、アウトラインプロセッサになっています。カスタマイズできる項目は、”まだ”少ないです。
これからの作者の気分次第で、機能/カスタマイズ項目が増えていきます。

Story Editorは、文章の構成をサポートするアウトラインプロセッサです。文章やプレゼンテーションを作成するとき、アウトラインプロセッサで骨組を作ってから肉付けをしていくとまとまりが良くなります。Story Editorは文書内の節や章を階層で管理し、移動も自由にできるアウトラインプロセッサです。
小説を書くために開発を行っていますが、長い文章やプレゼンテーション、レポートなどを作成するときに活用する事もできます。
Story Editorの画面は、左側にアウトラインツリー、右にテキストエディターの2ペインで構成されています。「構成」を思いついたら、箇条書き感覚で左側に項目(ノード)を作成します。項目も、小説に必要になってくるであろう8つ(キャラクター/能力/アイテム/イベント/地名/建造物/動植物/飲食物)の項目を挿入する事ができます。
右側にその詳細や補足情報をメモ帳のように書き込みましょう。順序や構成を変えたいときは、左側の項目を動かすと右側の詳細や補足情報も一緒に移動します。項目を複製したり、階層をつけることが簡単にできます。
保存ファイルは、項目別にテキストファイルで保存されているので、加工/保存が用意にできます。

Stroy Editorは、自由な発想・構成のお手伝いをしてくれる、軽快なアウトラインプロセッサです。

ダウンロード

次の所からダウンロードが可能です。

最新版

Version:0.4.22.0(β版) Setup版/モジュールのみ